ダイエー熊本下通店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイエー熊本下通店
daiei Kumamoto shimotoori
正面入り口
正面入り口
店舗概要
所在地 860-0807[1]
熊本県熊本市中央区下通一丁目3番10号[1]
座標 北緯32度48分8.1秒 東経130度42分31.8秒 / 北緯32.802250度 東経130.708833度 / 32.802250; 130.708833座標: 北緯32度48分8.1秒 東経130度42分31.8秒 / 北緯32.802250度 東経130.708833度 / 32.802250; 130.708833
開業日 1995年9月1日
閉業日 2014年5月11日[7][8]
正式名称 熊本城屋[1]
施設所有者 株式会社ダイエー
三井住友信託銀行株式会社[1]
施設管理者 株式会社ダイエー
敷地面積 本館:2,506㎡[2]
別館:697㎡[2]
延床面積 本館:19,159㎡[2]
別館:3,958㎡[2]
商業施設面積 17,376㎡[1]
*うちダイエー:16,397[1]
中核店舗 ダイエー熊本下通店
店舗数 23[3][4][5]

22[6]
営業時間 B1F・1F:10:00 - 22:00(2013年7月16日-2014年2月28日は9:00開店)
2F-7F:10:00 - 21:00
駐車台数 130台
前身 大洋デパート

熊本城屋

ダイエー城屋

城屋ダイエー
外部リンク ダイエー熊本下通店
daiei
テンプレートを表示

ダイエー熊本下通店(ダイエーくまもとしもとおりてん)は、かつて株式会社ダイエー熊本県熊本市中央区下通一丁目で運営していた大型商業施設(ショッピングセンター)である。店番号は0631。

概要[編集]

三年坂通り及び城見町通り沿いに存在した。

大洋デパートの火災から14年、大洋デパートの跡地にユニード資本の商業施設「熊本城屋」が開業。その後、ユニードから離れダイエーの完全子会社となりダイエーグループの一員であることを明確に打ち出す狙いからダイエーを冠に入れ1985年11月に「ダイエー城屋」に、更に2年後の1987年4月には「城屋ダイエー」に名称変更した[9]。社名はそのまま「熊本城屋」が残る形となった。なお、ダイエー城屋以降、CIや店名の書体はダイエーと同じものに統一されていたが、城屋ダイエー時代の末期のみ、青地に白抜き文字で「SHIROYA Daiei」と表記されていた(Daieiの書体は統一のものだが下に小さく記載、SHIROYAを強く目立たせていた)[要出典]

しかし不採算が続き1995年9月1日には、ダイエーブランドを運営している子会社2社と共にダイエーに店の営業権を譲り渡すことなり、ダイエーの直営店となった[10][注釈 1]。この為、名称を「ダイエー熊本下通店」としてリニューアルし、2014年までの18年間にわたり直営で営業してきた。

ダイエー熊本下通店については、旧大洋デパートビルの建物を今日に至るまでそのまま使用してきたが、竣工から62年が経過しており老朽化していた[7]。さらに耐震改修促進法が2013年11月に改正され、耐震診断が義務化されたことにより、この建物は大規模な改修か建て替えのいずれかの選択を迫られることになった[7]。ちょうど大洋デパート火災から丸40年を迎え老朽化が進んでいたこともあり、ダイエーは2013年11月27日に建て替えの方針を決定した[11]。大洋火災から丸40年となった翌日の同年11月30日、2014年5月11日付で閉店することが明らかになった[3]。また、下通店自体も売上はピーク時の1996年(平成8年)当時の約45億円から2013年(平成25年)2月期には約21億円に半減しており、既存店舗での営業継続を断念した[5]。そして、地元の土地開発業者(南栄開発)に土地と建物を売却し、建物の一部を共有している櫻井総本店との2社がオーナーとなるかたちで建て替えを行う方針を決めた[2]。 営業最終日となった2014年5月11日は普段の4倍の買い物客などが来店し[8]、閉店予定時刻を約45分延長して閉店し[7]、大洋デパート時代からの60年以上にわたる歴史に幕がおろされた[7]。その後、土地と建物は、2014年5月末に南栄開発へ引き渡されることになった[7][8]。櫻井総本店が同年8月初旬まで営業を継続するため、櫻井総本店の営業終了後に建物の解体工事を開始する[12]

その後、2015年10月に新築工事着工、2017年4月27日に新たな複合商業施設「COCOSA」を開業[13]。新たに建てられるビルの規模は地上8階地下1階建で、地下1階は食品スーパー、地上1階から4階までを商業階、5階以上をオフィスとする計画[14][12]。地下1階の食品スーパーにはダイエーが再出店することが前提となっていた[11]が、2015年にダイエーがイオンの完全子会社となり、九州の運営店舗を同じイオングループのイオン九州およびマックスバリュ九州に継承したため、マックスバリュ[注釈 2]としての出店となる[13]

建物概要[編集]

前述の通り、この店舗の建物は、大洋デパート開業当時からの建物であり、すでに築60年(火災からは40年)を超えている。火災により3階から上はほぼ全焼、その後防火設備を最優先とした修復により、売場面積を大幅に縮小させて現在に至る。建物全体を補強するために、耐震補強の建材が元ある外壁を覆うように無数に取り付けられたほか、三年坂通り側の売場一帯を非常用の巨大な外階段へ置き換え、9-13階の塔屋部分をすべて撤去(看板を支える柱だけの状態に)した。そのため、航空写真上では建物の形はほとんど変わっていないが、横からの外観(特に市役所側)は火災前からは大きく変わっている。店内は、スプリンクラーなどの設置により特定のフロア(地下1F、2階、3階、5階)では天井が異常に低くなっている。また、店内の柱は補強により異常に太くなり、圧迫感を緩和させるために多くが鏡張りとなった。特にエスカレーターホールの柱は非常に横長で、一見すると壁のようである[要出典]。今日に至るまで幾度となく改装が繰り返されてきたが、建物の基本構造は大洋が再オープンした約40年前当時のものからほとんど変わることはなかった。

店内には、一般客が常用できる階段がもともと3箇所設けられていたが、2014年現在は市役所側エレベータ横にある階段以外は閉鎖されていて、非常時以外での使用が禁止されていた。 また、市役所側のエレベータ2基のうち、右側については節電を理由に、2014年現在は日曜・祝祭日以外稼働を終日休止(1Fでドアを開け、電気がついたまま止まった状態に)していた[要出典]

フロア構成[編集]

フロア概要
8F 立ち入り禁止[注釈 3]
7F 専門店のフロア
6F 書籍のフロア
5F 住まいの品と子供・ベビーのフロア
4F 紳士衣料・紳士肌着のフロア
3F 婦人衣料・婦人肌着・雑貨・バックのフロア
2F 婦人衣料・服飾雑貨・靴・バック・ジュエリーのフロア
1F 婦人衣料・化粧品・医薬品・雑貨のフロア
B1F 食料品・消耗品のフロア

別館(旧:トポス熊本店)[編集]

地下1階・地上9階の建物で[2]、本館裏(通称電車通り側)にあり、本館とは連絡通路で接続されていた。別館は、大洋デパート時代の(ちょうど大火災発生時に施工されていた)増築工事の際にあわせて新築されたものである。熊本城屋開業後は、トポス熊本店となったが、ダイエーグループ入りしたこともあり、トポスは熊本城屋の別館扱いとなり連携を図った。

1995年に当店がダイエーに業態転換した際に閉店、トポスで扱っていた家電などは本館(熊本下通店)の別フロアへ移動した。以後、別館はダイエー従業員が使用する事務所となっていた(かつては不定期で催事場として使用することもあったようだ)[要出典]2009年頃にダイハク(大博商事)が「アウトレット大川家具」を1F部分のみに出店し、別館が常設店舗として復活を遂げたが、2012年頃で閉鎖。それ以降は再び事務所のみの状態だった[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 法人としての熊本城屋は、店舗管理をする会社となった後、清算された。その後の書類上の届出では熊本城屋が継続して正式名称となっている。
  2. ^ 既存のマックスバリュとは異なる新たな業態となる予定。
  3. ^ 2003年1月31日から、複数(7店舗前後)のラーメン店が出店するフードテーマパーク「ラーメン城下町」を8Fフロア全体で展開していたが、それが2006年3月31日で終了して、以後閉店まで8Fは閉鎖されたままであった。「ラーメン城下町」オープン以前は、ダイエーの家電売場であった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  2. ^ a b c d e f 佐藤奈 “ダイエー下通店跡に複合商業ビル 南栄開発 延べ床面積は最大1万8千㎡規模に”. 週刊経済 2013年12月10日発行 No.1752 (地域経済センター) (2013年12月10日).
  3. ^ a b 田川里美 (2013年11月30日). “ダイエー下通店が来年5月閉店 複合商業施設に”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  4. ^ “ダイエー熊本下通店、閉店 2014年5月” 朝日新聞 (朝日新聞社). (2013年12月1日)
  5. ^ a b “旧大洋デパート解体へ、ダイエー閉店し売却”. 読売新聞(読売新聞社). (2013年11月30日)
  6. ^ 取違剛 (2014年5月8日). “ダイエー下通店:旧大洋デパート、11日閉店 16年秋に複合商業ビル”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  7. ^ a b c d e f 飛松佐和子 (2014年5月12日). “ダイエー下通店閉店 多くの客、別れ惜しむ”. 熊本日日新聞(熊本日日新聞社)
  8. ^ a b c “熊本「ダイエー下通店」閉店 中心市街地の顔、惜しむ声”. 西日本新聞(西日本新聞社). (2014年5月12日)
  9. ^ 日経流通新聞 1985年10月7日 熊本城屋「ダイエー城屋」に店名を変更より
  10. ^ 日経流通新聞 1995年8月29日 ダイエー、不振3店舗直営により
  11. ^ a b 旧大洋デパート 老朽化で建物取り壊しへ NHK NEWS WEB 2013年11月30日(Web魚拓保存措置)
  12. ^ a b 旧大洋デパート火災から41年 解体前に熊本市で慰霊祭 「熊本県」西日本新聞 2014年7月3日(2014年7月27日閲覧)
  13. ^ a b ダイエー熊本下通店跡地の再開発ビル着工 南栄開発くまもと経済 2015年11月30日(2016年12月6日閲覧)
  14. ^ 旧大洋デパート解体 関係者思い様々 読売新聞熊本版 2013年12月1日

交通アクセス[編集]

九州産交バス熊本市営バス(当時)熊本バス熊本電鉄バス熊本都市バス

  • 市役所前バス停より徒歩2分