ダイオメド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ダイオメド
Diomed.jpg
George Stubbsによる肖像
英字表記 Diomed
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1777年
死没 1808年
フロリゼル
スペクテイターメア
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 リチャード・ヴァーノン
馬主 トマス・チャールズ・バンベリー
調教師 R. ティアズデール
競走成績
生涯成績 20戦11勝(諸説あり)
テンプレートを表示

ダイオメドDiomed1777年 - 1808年)はイギリス競走馬。第1回エプソムダービーの勝ち馬である。種牡馬としては当初失敗したと思われていたが、アメリカに渡り成功した。

馬主のチャールズ・バンベリー準男爵は初代ジョッキークラブ会長にして、第12代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーとダービーの名前を譲り合いコイントスしたことでも知られ、記念すべき第1回エプソムダービーを優勝した。

目次

戦績

当初のエプソムダービーは決してレベルの高い競走ではなかったが、ダイオメド自身はデビューから7連勝でエプソムダービーを制したほどの強豪で、その後連勝記録を10に伸ばしている。その間に勝ったおもなレースは、500ギニーのステークス、ペラムプレート、カタルパとのマッチレース、フォーテスキューステークス、クラレットステークスそのほか100-200ギニーの当時としては高賞金のステークスが含まれている。

クラレットステークスの次に出走したノッチンガムステークスで初めて敗北すると、その後はキングズプレートに勝ったのみで5歳時のロイヤルプレート後にハ行を発症し引退した。

引退後のダイオメドはまったく人気がなく、初年度にクラレットステークス、ジョッキークラブプレートに勝ったグレイダイオメドを出したもののそれ以降は下降線をたどり、1796年には50ギニーでアメリカに売られた。アメリカでは高齢ながらサーアーチーを出し、30歳のときには名牝ハイニーズマリアを輩出した。サーアーチーは種牡馬として成功し、孫のレキシントンはアメリカリーディングサイアーを16回獲得している。これらを通じて初期のアメリカサラブレッド、およびクォーターホースに大きな影響を残した。なお、父方直系子孫は20世紀末にほとんど滅び、クォーターホースに入って成功した子孫も20世紀後半に勢力の大半を失った。今日では母系に入って影響を残すのみである。

おもな産駒

  • ヤングジャイアンテス - ソーサラーの母
  • サーアーチー - アメリカ大種牡馬
  • ハイニーズマリア

血統表

ダイオメド血統 ヘロド系 / Partner4×4=12.50%、Flying Childers5×4=9.38% Godolphin Arabian4×4=12.50% Crab5×3=15.63%)

Florizel I
鹿毛 1768
Herod
鹿毛 1758
Tartar Partner
Meliora
Cypron Blaze
Selima
Cygnet Mare
芦毛 1761
Cygnet Godolphin Arabian
Blossom
Old Cartoudre Mare Old Cartouche
Ebony

Spectator Mare
鹿毛 1763
Spectator
鹿毛 1749
Crab Alcock's Arabian
Sister to Soreheels
Partner Mare Partner
Bonny Lass
Horatia
鹿毛 1758
Blank Godolphin Arabian
Little Hartley Mare
Flying Childers Mare Flying Childers
Miss BelvoireF-No.6-b