ダイケンキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ダイケンキ
全国
フタチマル - ダイケンキ(#503) - ミネズミ
イッシュ
フタチマル - ダイケンキ(#009) - ミネズミ
イッシュ(新)
フタチマル - ダイケンキ(#009) - ミネズミ
基礎データ
英語名 Samurott
進化体系 2進化ポケモン
進化前 フタチマル
進化後 なし
世代 第5世代
ポケモン学
分類 かんろくポケモン
タイプ みず
高さ 1.5m
重さ 94.6kg
特性 げきりゅう
かくれ特性 シェルアーマー
テンプレートを表示

ダイケンキは、ポケットモンスターシリーズに登場する655種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴 [編集]

アシカイッカクといった他の海獣のような意匠が加わったフタチマルの進化系。豊かな髭と貝で作られた甲冑を纏い、そのカブトは角の生じた法螺貝のような形をしている。前足の鎧の一部は「アシガタナ」という仕込み刀になっており、これが進化前の専用武器であった「ホタチ」に代わるもので、攻撃技の「シェルブレード」にあたる。貫禄による一睨みで敵を黙らせる事も出来る。通常は四足歩行だが、後ろ足のみでの直立も可能であり、敵が瞬きをする一瞬の間に、前足を用いてアシガタナを抜いて斬りつけ鞘に収めるという一連の動作を完了させる、高い居合の技術を持っている。

ダイケンキ、ジャローダエンブオーの3匹はいずれも武将をモチーフにしており[1]、うち和風がモチーフのダイケンキは日本の武将をイメージした姿となっている[1][2]

ゲームでのダイケンキ [編集]

ブラック・ホワイト』から登場。フタチマルがLv.36で進化する。

全体的に能力は高めでバランスがよく特に「とくこう」に優れていて、次いで「こうげき」「HP」が高い。わざマシンでくさタイプの弱点をつける「れいとうビーム」「つばめがえし」「シザークロス」などを覚えられるほか、ハートのウロコがあればむしタイプの攻撃技で最大の威力をもつ「メガホーン」を思い出すことができる。

ちなみに、『ホワイト』のポケモン図鑑に「ほえるだけで敵を威圧する」とあるが、わざマシンで「ほえる」は覚えられない。

アニメでのダイケンキ [編集]

ベストウィッシュ』シーズン2第10話でコテツの持ちポケモンとして初登場。セイガイハジムリーダーシズイマンタインと対決する。声優はたかはし智秋

映画でのダイケンキ [編集]

ビクティニと黒き英雄 ゼクロム・白き英雄 レシラム』に登場。

脚注 [編集]

[ヘルプ]

関連項目 [編集]