ダイコーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイコーター
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1962年6月8日
死没 1987年1月21日(26歳没・旧表記)
ヒンドスタン
ダイアンケー
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 鎌田牧場
馬主 橋元幸吉
上田清次郎
調教師 柴田不二男中京
→上田武司(京都
競走成績
生涯成績 30戦13勝(うち障害4戦1勝)
獲得賞金 3899万4700円
テンプレートを表示

ダイコーターとは日本競走馬種牡馬1965年に行われた第26回菊花賞の優勝馬である。全兄のユキロウは、スプリングステークス全日本3歳優駿などに優勝。近親には、鳴尾記念を制し菊花賞宝塚記念で2着に入ったハシクランツがいる。

馬齢は当時の表記(数え年)とする。

出自[編集]

1962年6月、浦河町の鎌田牧場にて、ダイアンケーの5番仔として誕生。母のダイアンケーは、1952年アメリカから競走馬として輸入された。現役時代は中央競馬で8勝を挙げ、小倉競馬場の1000メートルの競走でレコード勝ちしたこともあるという短距離馬だった。そのせいか、ほかのヒンドスタン産駒の活躍馬の血統と比べてかなり異質である。牧場時代のダイコーターは、落ち着いた反面、非常に悍性のよい馬だったという。

戦績[編集]

3歳時[編集]

1964年10月、京都競馬場新馬戦栗田勝を背にデビューし、2着馬に大差をつけて勝利した。続くオープン戦こそのちにライバルとなるキーストンの3着に敗れたものの、3戦2勝の成績で3歳シーズンを終え、その落ち着いたレースぶりからクラシックの有力候補として高い評価を受けていた。

4歳時[編集]

上田清次郎

明け4歳となると、中京競馬場のオープン戦、きさらぎ賞と連勝して東上し、スプリングステークスに出走した。6戦無敗のキーストンに1番人気を譲ったが、レースでは逃げる同馬を1馬身4分の3差交わして優勝した。この勝利が評価され、皐月賞では1番人気に推されたが、伏兵のチトセオーからクビ差の2着に終わった。続くNHK杯ではハツライオー以下に勝利し、本番の東京優駿(日本ダービー)に向かうこととなった。

このあと、シンザン馬主としても知られる橋元幸吉から、九州炭鉱主・上田清次郎に馬主が変更となった。本命に推されながら4着に敗れたダイナナホウシユウ以来、上田の東京優駿制覇にかける執念は凄まじいものがあった。それは、東京優駿の当時の1着賞金が1000万円であるにもかかわらず、推定2500万円とも言われる破格のトレードマネーを支払ったことからもうかがえる。東京優駿の最有力馬が売却され馬主が直前に変わることは異例であり、賛否両論を含めて大きな話題を集めることとなった。

東京優駿は、皐月賞馬チトセオーはNHK杯最下位の原因となった鼻出血の問題から不出走となり、スピード血統であるソロナウェーの仔・キーストンに比しても距離延長は歓迎材料と見られ、1番人気に推された。しかしレースでは、不良馬場ということもあって、逃げるキーストンを捉えきれず、1馬身4分の3差の2着に終わった。これ以降、ダイコーターは「ダービーは金では買えない」という例の典型として語られるようになる。

夏を休養に充てたダイコーターは、9月のオープン戦から始動した。これを危なげなく勝利すると、続く神戸杯、オープン戦と連勝して菊花賞に出走した。ふたたび1番人気に推されたダイコーターは、逃げるキーストンを終始マークし、最後の直線では2頭の激しい追い比べの末にキーストンを4分の3馬身突き放して優勝した。鞍上の栗田勝は、騎手として初めて菊花賞2連覇を達成した。三冠馬シンザン打倒の最有力候補として有馬記念出走も期待されたが、阪神大賞典に出走。しかしチトセオーに惨敗した。

5歳時以降[編集]

このあとは、天皇賞(春)をステップにアメリカ遠征も計画されるなど高い期待を受けていたダイコーターだったが、喘鳴症を患ったこともあって天皇賞(春)9着など凡走と敗戦を重ねることとなった。古馬となってからは小倉競馬場でオープン戦を2勝するにとどまり、重賞も勝てなくなると、7歳となった1968年からは障害競走を使われるようになった。牡馬のクラシック優勝馬が障害入りするのは例のないことであるため[1]、関係者に対し非難の声も上がったが、結局障害でも1勝をしただけと活躍できないまま引退した。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名

人気 着順 距離 タイム 騎手 着差 勝ち馬/(2着馬)
1964 11. 1 京都 3歳新馬 8 6 1人 1着 芝1100m(良) 1.06.9 栗田勝 1.4秒 (ミスウンリユー)
11. 15 京都 オープン 6 3 1人 3着 芝1200m(稍) 1.15.1 栗田勝 -1.1秒 キーストン
12. 26 阪神 ひいらぎ賞 14 7 1人 1着 芝1600m(良) 1.39.0 栗田勝 0.8秒 (カツコマ)
1965 1. 23 中京 オープン 4 3 1人 1着 ダ1700m(良) 1.50.0 栗田勝 0.4秒 (クリトツプ)
(サクセンフアイター)
2. 28 中京 きさらぎ賞 6 5 2人 1着 ダ1700m(良) 1.47.5 栗田勝 2馬身 (アストウエー)
3. 28 中山 スプリングS 11 8 2人 1着 芝1800m(良) 1.50.9 栗田勝 1 3/4馬身 (キーストン)
4. 18 中山 皐月賞 20 14 1人 2着 芝2000m(良) 2.05.2 栗田勝 -0.1秒 チトセオー
5. 9 東京 NHK杯 15 9 1人 1着 芝2000m(良) 2.03.7 栗田勝 3/4馬身 (ハツライオー)
5. 30 東京 東京優駿 22 14 1人 2着 芝2400m(不) 2.37.8 栗田勝 -0.3秒 キーストン
9. 19 京都 オープン 6 2 1人 1着 芝2000m(重) 2.09.3 栗田勝 0.7秒 (シユンシユウ)
10. 3 阪神 神戸杯 6 6 1人 1着 芝2000m(良) 2.04.7 栗田勝 1/2馬身 (リユウドルガ)
10. 30 京都 オープン 5 3 1人 1着 芝1800m(良) 1.49.5 栗田勝 0.5秒 (ブツシヤン)
11. 14 京都 菊花賞 18 7 1人 1着 芝3000m(重) 3.13.4 栗田勝 3/4馬身 (キーストン)
12. 19 阪神 阪神大賞典 9 4 1人 4着 芝3100m(良) 3.19.8 松田博資 -0.6秒 チトセオー
1966 1. 16 京都 日本経済新春杯 10 4 1人 5着 芝2400m(良) 2.33.9 瀬戸口勉 -0.8秒 パワーラツスル
3. 6 中京 中京記念 16 4 2人 15着 ダ2000m(良) 2.10.6 瀬戸口勉 -4.4秒 アオバ
4. 17 京都 スワンS 10 7 4人 7着 芝1800m(稍) 1.52.5 栗田勝 -1.2秒 バリモスニセイ
4. 29 京都 天皇賞(春) 16 15 3人 9着 芝3200m(良) 3.21.5 栗田勝 -2.1秒 ハクズイコウ
11. 3 京都 オープン 9 2 3人 9着 芝1600m(良) 1.38.2 瀬戸口勉 -1.2秒 ハジメリユウ
1967 8. 11 小倉 オープン 5 1 1人 1着 芝1700m(良) R1.45.0 瀬戸口勉 0.6秒 (アトラス)
8. 26 小倉 オープン 5 1 1人 1着 芝1700m(良) 1.45.8 瀬戸口勉 0.3秒 (キタノコマ)
9. 10 小倉 小倉記念 7 4 1人 3着 芝2000m(良) 2.03.3 瀬戸口勉 -1.3秒 タフネス
10. 1 阪神 朝日チャレンジC 5 4 2人 5着 芝2000m(良) 2.05.9 瀬戸口勉 -2.6秒 タフネス
10. 22 京都 ハリウッドターフクラブ賞 11 9 4人 10着 芝2400m(良) 2.30.0 瀬戸口勉 -3.1秒 シバフジ
11. 3 京都 京阪杯 11 3 3人 4着 芝1800m(稍) 1.51.2 瀬戸口勉 -0.7秒 ネイチブランナー
11. 26 京都 京都記念(秋) 6 3 3人 6着 芝2200m(良) 2.19.4 瀬戸口勉 -1.8秒 フイニイ
1968 2. 4 京都 障害100万下 9 2 1人 2着 芝2650m(良) 2.59.6 松田博資 -0.2秒 フジアポロン
2. 24 京都 障害未出未勝 8 1 1人 1着 芝2500m(稍) 2.52.5 松田博資 0.7秒 (キヨザクラ)
4. 29 京都 障害300万下 8 4 1人 7着 芝2500m(不) 2.50.5 松田博資 -2.7秒 ミスコマツ
5. 12 京都 淀障害S 10 6 4人 2着 芝2900m(良) 3.11.4 松田博資 -0.8秒 デヤレスト
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す。
  • 太字の競走は八大競走

引退後[編集]

引退後は、上田が創業した上田牧場にて種牡馬として供用されたが、引退するまでの不振もあって期待されてはいなかった。しかし、自家生産のホウシュウリッチやホウシュウミサイルなどが好成績を挙げると、今度は鵡川町西山牧場にトレードされ、交配される繁殖牝馬の数が増加した。それでも、交配された牝馬の質、数ともに当時としてもそれほど高くなく、血統登録数は303頭、年度別だと1977年の37頭が最多であった。その中にあって、ニシノライデンをはじめとして重賞勝ち馬を多数輩出するなど、当時の内国産種牡馬としては成功といえる種牡馬成績を収めた。

特に、1981年にはキタノリキオー等が活躍し、種牡馬ランキング4位となった。この年はAEIが2.56と、上位100頭の中でノーザンテーストに次ぐ高さだった。

全種牡馬期間を通じたAEIも1.85と高水準である。CPIは1.04と低かっため、AEI/CPIは1.78と極めて高い水準に達した(ノーザンテーストでも1.56に過ぎない)。JRA勝ち上がり率も、出走した208頭中122頭が勝ち上がり(59%)、交配された牝馬の質を考えれば非常に高かった。以上何れもJBISに登録されているデータに拠っている。

1986年には種牡馬から引退し、西山牧場で余生を送っていたが、翌1987年1月に老衰のため死亡した。

おもな産駒[編集]

母の父としてのおもな産駒[編集]

評価[編集]

血統表[編集]

ダイコーター血統ボワルセル系 / アウトブリード (血統表の出典)

*ヒンドスタン
Hindostan
1946 黒鹿毛
父の父
Bois Roussel
1935 黒鹿毛
Vatout Prince Chimay
Vasthi
Plucky Liege Spearmint
Concertina
父の母
Sonibai
1939 鹿毛
Solario Gainsborough
Sun Worship
Udaipur Blandford
Uganda

*ダイアンケー
Dianne K.
1949 栗毛
Lillolkid
1941 栗毛
Jack High John P.Grier
Priscilla
Amaranth Blue Larkspur
Lespedeza
母の母
Bonnie Luna
1941 鹿毛
Bon Homme Sweep
Sue Smith
Rockiluna Rockminister
Markiluna F-No.9-c
  • 全兄には前出のユキロウの他にダイコージ(東海桜花賞)が居る。

脚注[編集]

  1. ^ 牝馬のクラシック優勝馬としては、それまでにソールレデイ、ミスマサコ(ともに桜花賞優勝馬)、ホシホマレ(オークス優勝馬)が障害入りしている。なおミスマサコは、上田清次郎の持ち馬でもあった。また障害入りしたクラシック優勝馬は2013年7月のビッグウィーク2010年の菊花賞優勝馬)まで出なかった。