ダイナソア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイナソア
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 PC-8801
PC-9801
FM TOWNS
開発元 日本ファルコム
発売元 日本ファルコム
人数 1人
メディア [PC-88] 5インチFD
[PC-98・FMT] 3.5インチFD
発売日 [PC-88] 1990年12月21日
[PC-98] 1991年6月
テンプレートを表示
ダイナソア 〜リザレクション〜
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 Microsoft Windows 98/2K/Me/XP
開発元 日本ファルコム
発売元 日本ファルコム
人数 1人
メディア CD-ROM/DVD-ROM
発売日 2002年12月19日
テンプレートを表示

ダイナソア』(DINOSAUR)は、日本ファルコム1990年PC-8801で発売したロールプレイングゲーム。後にPC-9801FM TOWNSへ移植され、2002年Microsoft Windows(98 - XP)対応のリメイク版『ダイナソア 〜リザレクション〜』が発売された。

概要[編集]

一人称視点の3DRPGである。ゲームスタート時は主人公のアッシュ一人だが、途中で出会う仲間と旅を共にすることになり、最大5人パーティとなる。

ゲーム中の敵とのエンカウント率が極めて高く頻繁に戦闘が発生する。リメイク版として発売された『ダイナソア 〜リザレクション〜』(以下、ダイナソアR)ではエンカウント率が修正され、一部を除き誤字脱字、文章表現の変更、オートマッピングの採用などが行われている。グラフィックスは、表示色、解像度にあわせ描きなおされ、Direct3Dに対応することで、魔法などのエフェクト強化並びに、マップ表示などの処理がポリゴン描画による、スムースな動作となった。

デフォルメされたキャラクターが画面を動き回るようなものが多かったファルコム作品とは違った硬派なイメージを売りにしたシリアス路線[1]のRPGである。

制作スタッフ[編集]

PC88オリジナル版[編集]

  • ゲームデザイン:富一成
  • プログラミング:富一成
  • シナリオ:竹林令子、富一成
  • プレイヤーカードデザイン:高橋哲哉田中久仁彦
  • モンスターカードデザイン:佐藤善美、松室剛、高橋哲哉、田中久仁彦
  • ミュージックコンポーズ:石川三恵子川合将明
  • マップグラフィック:大浦孝浩、高橋哲哉
  • マップデザイン:竹林令子、富一成
  • ビジュアル・グラフィック:横田幸次、高橋哲哉、田中久仁彦、大浦孝浩
  • プロデュース:加藤正幸

Windows版[編集]

  • PROGRAMMING:西谷秀司
  • SCENARIO ARRANGEMENT:佐藤広隆
  • ART and GRAPHICS:中村啓、伊藤俊輔、辰尾奈央、森井雄介、伊藤慎一、山中綾子、田中英登、田村いずみ
  • MUSIC:Sound Team jdk(園田隼人、石橋渡、松村弘和、服部麻衣子)
  • QUALITY ASSURANCE:福谷洋一、吉村友彰、竹入久喜、近藤季洋
  • DOCUMENTATIONS and PUBLICITY:稲屋秀文、星野淳史、村上文郁
  • COORDINATE:村上星児
  • DIRECTOR:草野孝之、石川三恵子
  • SUPERVISOR:山崎伸治
  • PRODUCER:加藤正幸

ストーリー[編集]

本作では魔王を倒したり、平和を取り戻すといった王道的なストーリーは存在しない。後述する各パーティキャラクターそれぞれが様々な想いや信念の元に、ある力によって無意識にザムハンの地に呼び寄せられ、旅を共にする。

また、本作にはパーティメンバーが一部異なる裏シナリオと呼ばれるものが存在する。冒険中に特定の行動[2]をすると裏シナリオに入ることができる(『ダイナソアR』ではこの方法以外に、一度ゲームをクリアした状態で、再度新規にゲームを開始すると発生するイベントで選択できるようになる)。裏シナリオといっても基本的な冒険の流れは表シナリオと一緒である。ただし、表シナリオでは戦うことのないキャラクターと戦闘になったり、言葉の言い回しが大幅に変わったり(基本的にブラックな言い回しが多い)、発生するイベントの解決方法が若干変わったりしている。『ダイナソアR』ではさらに第三の結末というエンディングが追加され、裏シナリオでかつ条件を満たせば見られるようになっている。これは闇シナリオと呼ばれ、ラストボスにアッシュ唯一人で挑まなければならないという高い難易度を誇るモードとなっている。

システム[編集]

バトル[編集]

戦闘はフィールド上やダンジョン内で冒険中に敵とエンカウントすることで開始する。またイベント(ボス戦など)で強制的に開始される場合もある。

コマンド選択方式で、入力コマンドに従って敵を攻撃したり、仲間を補助・回復を行ったりしながら進めていく。この時、コマンドは即反映される。戦闘画面は味方・敵共にタロットカード調のグラフィックで表される。特に敵側は、そのフォーメーションもカード配置によって分かりやすくなっている。HP(ヒットポイント)の他にTP(テクニカルポイント)というパラメータがあり、これを消費することによって魔法、歌、剣技といった技能を使うことができる。各キャラクターは敵を倒すことで経験値を獲得し、ある一定の値を超えるとレベルアップする。

味方側のフォーメーションについては前列・中列・後列の3列制で、任意の箇所に配置可能。

モンスターのカードはその宝玉/背景の色によってモンスターの属性を表しており、赤/赤は土、黄/黄緑は火、青/薄青緑は水、黒/水色はアンデッド、水色/薄紫は無属性を表している。モンスターの属性により、効果的な対処方法が異なってくる[3]

技能[編集]

技能には以下の種類がある。

  • 剣 (Sword)
  • 魔法 (Magic)
  • 僧魔法 (Priest Magic)
  • 歌 (Song)
  • 拳 (Fighting)

また、『ダイナソアR』で以下の2種類が追加された。

  • 弓 (Bow)
  • 罠 (Trap)

パーティキャラクターはキャラクターレベル(一般的なロールプレイングゲームにおける、いわゆるレベル)の他に、各技術ごとに技能レベルを持っている。技能レベルの上昇は各技術に適した行動をすることによってポイントが溜まり、この値が100を超えると1レベル上がる。そのレベルが一定を超えるとそのレベルに応じた剣技や魔法を覚えることができる。技能レベルを向上させるためのポイントは、剣、拳、弓(『R』のみ)であれば敵を倒すごとに、魔法、僧魔法、歌、罠(『R』のみ)については技能を使用するごとに蓄積し、一定値に達すると技能レベルが向上する。この技能レベルは24が最大となっている[4]

ただし、各キャラクターごとに習得できる技術は決まっており、習得できない技術に対していかに適した行動をしてもその技能ポイントを獲得することはできない。

技能継承[編集]

キャラクター甲の技能レベルが10を超え、かつキャラクター乙の特定のパラメータが規定値を満たしている場合に宿屋に泊まると、甲が乙へ技能を伝授する、技能継承イベントが発生する。甲、乙ともに、発生する可能性のあるキャラクターはあらかじめ固定されている。一例としては生粋の戦士(傭兵)であるアッシュはヒースのSTRが20に達すると剣の技能を伝授することができ、盗賊であるワッツはアッシュとヒースのDEXが20に達すると、罠の技能を伝授することができる。また吟遊詩人であるヒースは初期から所持している技能の他に、4つもの技能を新たに持てる可能性を持っている(ただし技能の成長には相応の時間を要するので、全ての技能についてレベルを向上させると言うわけにもいかない)。なお、裏シナリオでは登場するキャラクターも違うので、技能継承についても新たな基準が設けられている[5]。具体的には後述の登場キャラクターのセクションを参照。

休息[編集]

このゲームでは任意の場所で休息をとることが可能であり(戦闘時は除く)、エンターキーを押下するごとにHPおよびTPが回復する。この時に敵とエンカウントする場合もあり、エンカウント率はパーティの位置によって異なり、壁に囲まれている場所ほど低くなる。

登場キャラクター[編集]

表シナリオ[編集]

アッシュ(Ash)
このゲームの主人公。オーソドックスな戦士タイプのキャラクターである。男性。
様々な戦場で戦いを潜り抜けてきた腕の立つ傭兵であるが、彼の味方した軍は必ず敗北する。しかしどんなに激しい戦場であっても、彼だけは必ず生還するという呪われた運命を持つ。故に「灰を撒くもの = ASH = 死神アッシュ」の異名を持つ。
本名はあるが、上記の来歴とこの異名で呼ばれる内に忘れてしまったらしい。
使用可能な技術は剣のみだが、育成次第では魔法、拳と一部の僧魔法が使用可能になる。またその設定からか、LUK(運)のパラメータが低く設定されており、モンスターからの逃走などにハンデを持つ[6]
オルリック(Orlic)
魔法を扱い、また体術にも秀でており、僧侶と格闘家を足したようなキャラクターである。男性。
非常に信仰深い僧侶であり、貧しいものからも容赦なく寄付金の取立てを行っていた。ある日、自分の一人娘が病にかかった折、病気の治癒を信じ神に祈り続けたが、その思いが届くことはなかった。それを境に今まで行ってきた過ちを償うためと、彼の信仰する神の奇跡を得るために旅に出た。
使用可能な技術は拳と僧魔法。
エリス(Elis)
清く美しい外見を持ちながらも、主に攻撃的な魔法を操る、魔法使いタイプのキャラクターである。女性。
精霊と関わりを持ち、その力を借りた精霊魔法を得意とする。しかし、ある日を境に精霊たちの姿を見ることができなくなった。その理由を突き止めるために旅に出た。
使用可能な技術は魔法のみだが、育成次第では一部の僧魔法が使用可能になる。
ワッツ(Wazz)
ナイフの扱いに長け、また宝箱に仕掛けられた罠をはずす技術を持ったシーフタイプのキャラクターである。男性。
過去に、ある魔法使いの家に忍び込み、その魔法使いが大切にしている宝を盗み出した。しかしその魔法使いの怒りを買い、ある呪いを掛けられてしまった。満月の夜や、近くに魔法の力が作用しているときに、その呪いが彼の体を蝕む。
使用可能な技術は剣のみだが、Windows版では罠が追加されている。
ヒース(Heath)
リュートを奏で、その詩の力で時には敵を攻撃し、時には味方に様々な恩恵を与える吟遊詩人タイプのキャラクターである。男性。
ある失われた歌を探すために旅に出た。それは人々に幸せをもたらす歌という。
使用可能な技術は歌のみだが、Windows版では弓が追加されている。また、育成次第では剣・一部の魔法・一部の僧魔法も使用可能になる。

裏シナリオ[編集]

ランディ (Landy)
前述のエリスよりもより攻撃的な魔法を得意とする、魔法使いタイプのキャラクターである。男性。
美しい外見を持つ、いわゆる美男子であるが、その外見とは対照的に口が悪く女癖も悪い。しかし、実力は確かで非常に心強い味方と言える。物語中でエリスと接点があることが分かるが、詳細は不明。後述するルオンとは犬猿の仲(ルオンはどうとも思っていないようだが)である。
使用可能な技術は魔法。ただしエリスの魔法とは異なり、召喚系の魔法は無く直接攻撃が主体の内容である。
ルオン (Ruon)
僧魔法を扱うが、前述のオルリックと比較するとより攻撃的な魔法が多い。僧侶タイプのキャラクターである。男性。
口調は非常に丁寧であるが、その全てに皮肉や毒舌が入り混じっている。僧侶であるが彼の信仰している神は、平たく言えば暗黒神といったものに近い。
使用可能な技術は僧魔法。ただしオルリックの僧魔法とは異なり、攻撃主体の内容であり回復には乏しい。
ヒルダ (Hilda)
前述のワッツ同様、シーフタイプのキャラクターである。女性。
明るく、お宝のこと以外は基本的に頭の中に無い。ただ、その過去には悔やんでも悔やみきれない傷を持っており、そのことが常に彼女を苦しませている。
使用可能な技術は剣のみだが、Windows版では罠と弓が追加されている。

なお、前述した主人公であるアッシュと、ヒースについては裏シナリオにも登場する。また、裏シナリオにはオルリックが登場しないため、拳の技術が存在しない。

注釈[編集]

  1. ^ 『マイコンBASICマガジン』 1990年2月号
  2. ^ アーケディア城に行く前に、森の南東の部分の、回廊状になっている部分の南側を、8往復する。何もないのにディスクアクセスが起これば成功。
  3. ^ 『完全攻略ガイド』 p.21, pp.130-134「技術一覧」
  4. ^ 『完全攻略ガイド』p.19, p.33
  5. ^ 『完全攻略ガイド』p.11, pp.18-19, 77
  6. ^ 『完全攻略ガイド』 p.21

参考文献[編集]