ダイナフェアリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイナフェアリー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1983年4月30日
死没 2015年1月28日(32歳没)
ノーザンテースト
ファンシーダイナ
生国 日本の旗 日本北海道白老町
生産 社台ファーム白老
馬主 (有)社台レースホース
調教師 鈴木康弘美浦北
競走成績
生涯成績 20戦6勝
獲得賞金 2億4251万3800円
テンプレートを表示

ダイナフェアリー日本競走馬。競走馬時代にオールカマーエプソムカップなど中央競馬重賞を5勝し、繁殖牝馬としてもサマーサスピションローゼンカバリーといった重賞優勝馬を送り出した。20戦中13戦に増沢末夫が騎乗している。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

同期には牝馬三冠メジロラモーヌダイナアクトレス等がおり、特に同父で同馬主のダイナアクトレスとは、ダイナの二大牝馬として相互に補完し合うように活躍した。

デビューは3歳10月、東京競馬場の新馬戦で初戦勝利。続く3歳牝馬ステークスではメジロラモーヌから3馬身半差の2着と敗れたが、4歳初戦の京成杯では、この年の皐月賞ダイナコスモス、後のマイルニッポーテイオー等を破って初重賞を手にした。しかしクラシック初戦の桜花賞で17着と大敗すると以後はマイル〜中距離路線を進み、秋には古馬を抑えて牝馬東京タイムズ杯を制し、二つ目の重賞を制覇した。その後、ダイナアクトレスがエリザベス女王杯を前に戦線離脱したことにより、メジロラモーヌの牝馬三冠を阻止すべく、当初予定になかった女王杯に出走し、4着となった。

5歳以降も中距離重賞路線で活躍したが、ダイナアクトレスが復帰した春のマイルGI安田記念には出走せず、エプソムカップに進みこれを勝利した。夏から秋にかけて新潟記念オールカマーを連勝。通常ならこの後は天皇賞・秋に進むローテーションだったが、秋緒戦にマイル戦で世界レコードを出したアクトレスが天皇賞へ進み、フェアリーは短距離戦のスワンステークスを経てマイルチャンピオンシップへ進んだ。この競走でニッポーテイオーの5着となって、これを最後に競走馬を引退。繁殖牝馬となった。

引退後[編集]

繁殖牝馬として非常に仔出しが良く、前述のサマーサスピション、ローゼンカバリーをはじめ、2007年に繁殖を引退するまでに15頭の産駒を送り出した。孫に若葉ステークス優勝馬ダイイチダンヒル、その全姉ダイイチアピールの産駒にドリームシグナルホクトスルタンがいる。その後、功労馬繋養展示事業の助成を受け、北海道池田町の新田牧場で余生を送り、更に平取町のスガタ牧場に移ってけい養していたが、2015年1月28日、老衰のため逝去[1]

馬齢別競走成績[編集]

  • 3歳-2戦1勝
  • 4歳-9戦2勝(京成杯、牝馬東京タイムズ杯)
  • 5歳-9戦3勝(エプソムカップ、新潟記念、オールカマー)

血統表[編集]

ダイナフェアリー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

*ノーザンテースト
Northern Taste
1971 栗毛 カナダ
父の父
Northern Dancer
1961 鹿毛 カナダ
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母
Lady Victoria
1962 黒鹿毛 カナダ
Victoria Park Chop Chop
Victoriana
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah

ファンシーダイナ
1978 鹿毛 日本
*シーホーク
Sea Hawk
1963 芦毛 フランス
Herbager Vandale
Flagette
Sea Nymph Free Man
Sea Spray
母の母
*ファンシミン
Fancimine
1967 芦毛 アメリカ
Determine Alibhai
Koubis
Fanciful Miss King Dorsett
Hianne
母系(F-No.) (FN:9-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Lady Angela4×3=18.75%(父内) Hyperion5*4×5=12.50% Mahmoud9.38%) [§ 4]
出典
  1. ^ [2]
  2. ^ [3]
  3. ^ [2]
  4. ^ [2]

従姉に重賞2勝のダイナマイン、同3勝のダイナシュートがおり、それぞれの産駒に1993年1994年JRA賞最優秀障害馬ブロードマインド2005年高松宮記念優勝馬アドマイヤマックスや、マストビーラヴド(アドマイヤマックスの全姉。ラインクラフトの母)がいる。

出典[編集]

  1. ^ ダイナフェアリー死す、32歳老衰 オールカマーなど重賞5勝の名牝 - スポニチアネックス、2015年1月30日閲覧
  2. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ダイナフエアリー|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年12月24日閲覧。
  3. ^ ダイナフェアリーの血統表”. netkeiba.com. 2017年12月24日閲覧。