ダイナマイト漁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイナマイト漁

ダイナマイト漁(ダイナマイトりょう)は、水中で爆発物ダイナマイト等)を爆発させて、その衝撃波で死んだり気絶して水面に浮き上がってきた魚を回収する漁法である。爆発漁法、爆弾漁法、爆破漁、発破漁とも。爆発により生態系を破壊するため、世界の多くの国家では禁止されている。

概要[編集]

サンゴ礁で行うと、その爆発の衝撃によりサンゴを破壊し死滅させる[1]。また爆発により魚の浮き袋が破裂しほとんどの魚は海底に沈んでしまう。しかし伝統的な手法の漁に比べ数倍の魚が簡単に獲れるため、東南アジアエーゲ海および沿岸のアフリカでは、現在でも行われている。

日本[編集]

日本においては、水産資源保護法第5条で「爆発物を使用して水産動植物を採捕してはならない。但し、海獣捕獲のためにする場合は、この限りでない。」とされており、爆発物を用いた漁法は禁止されている。

2001年に北海道では確認されていなかった外来魚のブラックバス大沼湖沼群円沼で見つかり、この対策として水中発破による駆除が検討されたが、関連法の抵触もあって中止された。

脚注[編集]

関連項目[編集]