ダイハツ・ミラジーノ1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイハツ・ミラ > ダイハツ・ミラジーノ > ダイハツ・ミラジーノ1000
ダイハツ・ミラジーノ1000
L701S/711S型
Miragino 1000.jpg
販売期間 2002年8月 - 2004年7月
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン EJ-VE 直列3気筒DOHC 989cc・47kw(64ps)
10・15モード燃費
18.8km/L(FF)
16.4km/L(4WD)
駆動方式 FF/4WD
サスペンション 前:
マクファーソンストラット
後:
トーションビーム(FF)
3リンク(4WD)
全長 3,415mm
全幅 1,495mm
全高 1,425mm
車両重量 830Kg
生産台数 1,292台
後継 ダイハツ・ブーンに統合。
-自動車のスペック表-

ミラ ジーノ 1000Mira Gino 1000)は、ダイハツ工業がかつて生産・販売していた自動車ダイハツ・ミラジーノ(以下「ジーノ」)の上位グレードにして小型自動車登録車)バージョンに当たる。

概要[編集]

ボディは初代ジーノから、エンジンストーリア(OEM車種のトヨタ・デュエットを含む)と同じ1,000cc12バルブDOHC・EJ-VE型64馬力を使用している。具体的には輸出仕様のクオーレ(5代目ミラ)の外装をジーノに改め、軽のジーノに対し前後バンパーのオーバーライダーにガードと前後フェンダーアーチ部にメッキモールが装着されただけであり[1]内装自体はジーノと全く同じ、制振や静音性を向上させるまでには至らず、乗り心地は社内外の競合車種[2]と比べてかなり古典的なものを感じるものとなってしまった。

しかも性格やコンセプトが中途半端であり1000ccのパワーのことを考慮すると税金・高速道路通行料・車検費用では軽自動車のターボ車のほうが安上がりになってしまう[3]こともありほとんど売れなかった。

2004年6月のブーンの登場に伴い、軽自動車のジーノに先行して販売終了となった。 総販売台数は1000ccモデルで約1290台。

注釈[編集]

  1. ^ それだけに全長と全幅はほんの少しだけ拡大されている。
  2. ^ 日産・マーチホンダ・フィットトヨタ・ヴィッツなど。
  3. ^ しかし、1000ccモデル故に常用回転域での使用では軽のターボ車よりも扱いやすく、燃費やトルク、(エンジンそのものの)耐久性の面で安定しやすいため、やや有利になることも決して少なくなかった。

関連項目[編集]