ダイハツ・ラガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイハツ・ラガー
F7#型
1987年9月改良型レジントップ
DAIHATSU RUGGER 2016.05.12 01.jpg
製造国 日本の旗 日本大阪府
販売期間 1984年4月-1997年4月
乗車定員 2人
2/4人
5人
ボディタイプ 幌/メタルドア
メタルドア/レジントップ
バン
エンジン DL型 2.8 L 直4 OHV
駆動方式 4WD
変速機 5速MT
サスペンション 前:リーフ式リジット
ダブルウイッシュボーン式コイルリジット
後:リーフ式リジット
5リンク式コイルリジット
全長 3,655mm - 4,095mm
全幅 1,580mm - 1,780mm
全高 1,840mm - 1,920mm
ホイールベース 2,205mm - 2,530mm
車両重量 1,450kg - 1,700kg
姉妹車 トヨタ・ブリザード
先代 ダイハツ・タフト
後継 日本のみテリオスに統合
-自動車のスペック表-

ラガー(RUGGER)は、かつてダイハツ工業が製造していたクロスカントリータイプの四輪駆動車である。

F70系 概要[編集]

中期型 レジントップ
写真は欧州向けロッキー
中期型レジントップ バン
2.8D ターボ EL ( S-F75V )
初期型メタルトップ
写真は欧州向けロッキー

タフトフルモデルチェンジにあたり、名称を「ラガー」へ変更。

タフト同様、ラダーフレームに、4輪リーフスプリングリジッドアクスル足回りを持つ本格四輪駆動車であるが、ボディサイズを一廻り大きくし、スタイルも洗練されたものに変更され、より乗用車らしくなった。

ボディはタフトと同じ2ドアの幌タイプバンタイプのメタルトップ、FRPハードトップを持つレジントップの3タイプであるが、レジントップのみホイールベースが長い。燃料給油口はロッキー(フェローザ)と同様、右側にある。

タフト同様、親会社のトヨタ自動車ブリザードの名でOEM供給された。ただし、ブリザードはエンジンがトヨタの2L型2.4lへ変更された。

ターボ車、乗用車登録のワゴン、オーバーフェンダー車の追加、さらにはサスペンションの変更と3ナンバー車の設定など、さまざまな改良を加えられた。しかし、ディーゼル、4ドア、ATが人気の鍵となった国内市場において、3ドアのみでATの設定が最後までなかったことで、ライバル車の台頭とともに販売台数が伸び悩み、テリオスにその座を譲るかたちで、ロッキー(フェローザ)と共に生産終了となった。

エンジン・トランスミッション・ブレーキ[編集]

エンジンはDL型直列4気筒OHV・2800ccディーゼルエンジンのみで、ガソリンエンジンは用意されなかった。トランスミッションも5速フロアMTのみである。ブレーキに関してはフロントにソリッドディスクローター式のディスクブレーキが、リアにリーディング・トレーリング式のドラムブレーキがそれぞれ用いられた(ちなみに前車種のタフトはOEMの初代ブリザードを含め、生産終了まで終始、総輪ドラムブレーキのままだった)。

海外[編集]

ベルトーネ・フリークライマー
写真はフェローザ・ベースとなったフリークライマー2

欧州などではロッキーの名称が使われている(英国など、一部でフォートラックも使用)。

また、アジア市場ではタフトの名が使われており、ロングホイールベースのピックアップや、そのキャブシャーシを利用した、コーチビルダー製の4ドアワゴンがラインナップされている。

1989年には、イタリアベルトーネライセンス契約を結ぶ。2.5Lターボディーゼル、2.0Lと2.7Lガソリン、全てBMW直列6気筒エンジンを積み、ベルトーネで組み立てられ、フリークライマーとして販売された。ターボディーゼルは少数ながら日本へも正規輸入され、販売された。

日本での販売が終了した後も海外向けは2002年まで販売継続していた。

初代 F7#型 (1984年-1997年)[編集]

車名の由来[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 他にはアルティスメビウスがあるのみで、いずれもトヨタのOEMである(前者はカムリ、後者はプリウスα)。

関連項目[編集]