ダイビング・ボディ・プレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ダイビング・ボディ・プレス(Diving Body Press)はフライング・ボディ・プレス(Flying Body Press)とも呼ばれ、コーナーポスト最上段から、もしくはセカンドロープから、あるいはスワンダイブ式で飛び、寝ている相手に向かって体を浴びせるプロレス技である。

派生技を含めて、ボディ・プレス(Body Press)と総称する。

目次

概要

比較的技術を要さない技であるため、多くのプロレスラーによって使われている。英語圏では「スプラッシュ(Splash)」・「ボディスプラッシュ(Body Splash)」と呼ばれる。また、立っている相手に仕掛けるのは「フライング(ダイビング)・ボディアタック」などといわれる。

この技を使用する著名なレスラーはジミー・スヌーカであり、彼によってプロレス界で広く使われるようになった。

主な使用者

主な同一技

スーパー・フライ
ジミー・スヌーカの跳躍力のあるダイビング・ボディ・プレス。
外道田中将斗も同名で使用するが、フォームとしては後述する「屈伸式」と同様のものであり、このスヌーカのものとは異なっている。
ムササビ・ボディ・プレス
AKIRAのボディ・プレス。飛ぶ前に両手を広げ大見得を切り、体を反り返ったような空中姿勢で非常に美しい。ムササビ・プレスとも呼ばれ、空中での姿勢がムササビの飛ぶ姿勢に似ていたことから名付けられた。
フライング・ソーセージ
アンドレ・ザ・ジャイアント、ヘイスタック・カルホーン、ブル・ラモスキラー・トーア・カマタクラッシャー・ブラックウェルキングコング・バンディなど巨漢選手が使うボディ・プレス。近年ではジャマールなどが得意としていた。よく誤解されるが、「ソーセージ(Sausage)」とは「観測用の気球」の意味から来ており、俗に言う「ソーセージ」のことではない。「気球のように大きな」巨漢選手が得意としたことからこの名が付いた。ハワイの帝王ことキング・イヤウケアが元祖とされる。
スティンガー・スプラッシュ
スティングのボディ・プレス。コーナーにもたれかかる相手への串刺し式のボディ・アタックもスティンガー・スプラッシュと呼ばれる。
マネーショット
バル・ビーナスのボディ・プレス。AKIRAと同じく飛ぶ前に大見得を切ってから仕掛ける。
ダイナミック・プレス
田上明のダイビング・ボディ・プレス。大一番のここぞという時でしか見せず、飛ぶ前にコーナー上で片手を挙げてアピールする場合が多い。

派生技

フロッグスプラッシュ

屈伸式ダイビング・ボディ・プレス。空中で一度屈伸運動を加えて飛ぶ姿がが跳ねているように見えるためこの名前がついた。この技を使用する著名なレスラーには、三沢光晴エディ・ゲレロロブ・ヴァン・ダム棚橋弘至がいる。技自体は二代目タイガーマスクのデビュー戦の相手を務めたラ・フィエラが日本で初公開したと言われているが、山本小鉄ガメラ式ボディ・プレスの愛称ですでに使用していた。のちにアート・バーのアート・バー・プレスが変化したものがフロッグスプラッシュと呼ばれるようになり、エディはタッグパートナーだったアートの死後使い始めた。また、ロブ・ヴァン・ダムはファイブスター・フロッグ・スプラッシュの名で使用し、三沢のスタイルを参考に編み出したといわれている。他には棚橋がハイフライフロー外道田中将斗スーパー・フライの名称で使用している。 最近では諏訪魔がこの技で佐々木健介を破り、三冠ヘビー級王座を奪取した。

マッドスプラッシュ

開脚式ダイビング・ボディ・プレス。空中で開脚し、空中で手を下に振り下げて一度屈伸する。フロッグ・スプラッシュの変形。CIMAの技がこう呼ばれる。こちらもフロッグスプラッシュ同様、初期のアート・バー・プレスと類似している。ディーロ・ブラウンロウ・ダウン伊東竜二ドラゴン・スプラッシュとして使用している。

ラウンディングボディプレス

詳細は「ムーンサルトプレス」を参照

初代タイガーマスクが得意技とした捻りを加えた旋回式のボディ・プレスで、ムーンサルトプレスの原型となった技である。武藤敬司ムーンサルトプレスもこう呼ばれていた時期があったが、元々は初代タイガーの形である。

ムーンサルトプレス

コーナー最上段やセカンドロープからリング内に向かって後ろ向きに立ち、後方270度回転して行うボディ・プレス。

詳細は「ムーンサルトプレス」を参照

450°スプラッシュ

フォー・フィフティー・スプラッシュと読む。空中で前方1回転して浴びせるボディ・プレス。スコーピオの得意技として有名。かつてはスーパー・スコーピオ・スプラッシュと称していたが、全日本プロレス参戦を期に改称。日本ではハヤブサファイヤーバード・スプラッシュとして知られている。類似技にフェニックス・スプラッシュがある。

シューティングスタープレス

レッスルマニア19でシューティングスタープレスを試みるブロック・レスナー

450°スプラッシュとは逆で、リング内を見た状態でバック宙1回転から体を浴びせる技である。非常に高度な技であるため、ジュニア選手で使用する選手が多い。開発者は獣神サンダー・ライガー。この技を使う著名なレスラーは、ビリー・キッドマンポール・ロンドンである。ヘビー級ではブロック・レスナーが使ったことがある。ちなみに、レスナーはレッスルマニア19でこそ失敗しているが過去にフィニッシュムーブにしていた時期がある。また、マグナムTOKYOAVスタープレスの名で使っていた。WWEでは危険な技であるため現在使用禁止(ただし、ボーンによると禁止技にはなっていなかったとWWEマガジンのインタビューで述べている)となっていたが、エヴァン・ボーンことマット・サイダルが再び使用するようになった。 中には、円華PACなどコーナーに登らずにマット上で繰り出す者もいる。 PACは従来のシューティングスタープレスにさらにもう一回転加えた変型のシューティングスタープレスも使用する。

サザンクロス・スプラッシュ

変形の旋回式ボディ・プレス。コーナー最上段でリング内を向いて立った状態からジャンプし、空中で側転をするような形で体の向きを変えてボディ・プレスをする。空中で体の向きを横回転で180度旋回させてのボディ・プレスとも言える。金丸義信が開発したが、最近は見られず、現在はスコーピオが主な使用者となっている。また、田口隆祐は、2008年3月に屈伸式のフォームでこの技を公開し、「円盤中毒(えんばん ちゅうどく)」と命名した。

リバース・スプラッシュ

コーナー・ポスト・プレスとも。リングに背中を向けてコーナーポスト付近のロープをつかみ、セカンドロープに上る。勢いをつけて後方へジャンプし、体の位置が最高点になるまで飛んだら、その瞬間に手を離して舞い降りてボディ・プレスを行う。ベイダーの得意技であり、格下相手にはこの技で試合を決めることも多かった。ジュニアヘビー級時代の大仁田厚も得意技としており、FMW時代にも何度か使っている。

ジャンピング・ボディ・プレス

マット上に倒れている相手に対し、助走をつけて、もしくはその場でジャンプして相手の体の上に自らの腹部から落ち、ダメージを与える。助走をつけて行う場合はランニング・ボディ・プレスともいう。アンドレ・ザ・ジャイアントジャイアント・プレスベイダービッグバン・クラシュアルティメット・ウォリアーアルティメット・スプラシュという名称で使用。アンドレはこの技の多用が一因でを痛め、1982年頃からヒップドロップ決め技を移行していく。

類似技

ダイビング・ボディ・アタック

コーナー最上段から立っている相手に対して飛んでいき、自らの体を浴びせ、そのまま押し倒す技。空中で自らの体を横向きにして、相手の体と自分の体が十字に交差するように浴びせるのが特徴。そのため海外ではダイビング・クロス・ボディとも呼ばれる。元々はルチャリブレのポピュラーな技で、日本ではミル・マスカラスが使用し脚光を浴びた。基本的な飛び技の一つであるため、若手のジュニアヘビー級選手がよく使用するが、例外として、ジャイアント馬場が若手〜全盛期の隠し技として使用していたことがある。

フライング・ボディ・アタック

立っている相手に対して助走をつけて飛んでいき、ダイビング・ボディ・アタックと同じ要領で自らの体を浴びせ、そのまま押し倒す技。海外ではフライング・クロス・ボディとも呼ばれる。

ジャンピング・ボディ・アタック

立っている相手に対して助走をつけて飛んでいき、自らの腹部をぶつけて相手を押し倒す技。コーナーでの串刺し攻撃でよく使用される。また、ボディスプラッシュジャンピング・ボディスプラッシュとも呼ばれる。:ベイダーベイダー・アタックスティングスティンガー・スプラッシュの名称で使用。 フライング・ボディ・アタックが、相手の体と自分の体が十字に交差するのに対し、ジャンピング・ボディ・アタックは交差せず正面からぶつかる。また、フライング・ボディ・アタックが自分の体を浴びせた後そのまま相手を押し倒すのに対し、ジャンピング・ボディ・アタックは自分の体を浴びせた後に自分はそのまま着地し相手の体のみを倒す。言い換えれば、正面(腹部)からの体当たり。(ベイダーは浴びせ倒し式も使用した。)

旋回式ボディ・アタック

コーナー最上段でリング内に背を向けて立った状態から後方へジャンプしつつ、空中で体を捻り、体を正面に向き直してボディ・アタックをする。主にコーナーへ飛び乗ってから繰り出す場合が多い。

関連項目

今日は何の日(7月17日

もっと見る

「ダイビングボディプレス」のQ&A