ダイヤモンド・カッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ランディ・オートンによるジャンピング・ダイヤモンド・カッター (RKO)。

ダイヤモンド・カッター (Diamond Cutter) は、プロレス技の一種である。

概要[編集]

技をかける相手の正面に背中を向けて立ち、相手の頭を肩に乗せ、頭を持ったまま前方に大きくジャンプし自らは仰向けに倒れ、うつ伏せに倒れる相手の顔をリングマット、あるいは肩に叩きつける技である。投げ技に分類される場合と、打撃技(打ち付け技)に分類される場合とがある。

WWEWCWで活躍したダイヤモンド・ダラス・ペイジフィニッシュ・ホールドとして使用していた。技術をあまり必要としないにもかかわらず見た目が良く、フィニッシャーとして使用できるだけの説得力がある技なので、多くのレスラーがこれを応用した技を開発している。

元々ジョニー・エースが使用していたエース・クラッシャー(改良型)を、エースと親交のあったペイジが教えてもらい、ダイヤモンド・カッターの名でフィニッシュとして使用し、有名になった。

応用技として相手をコーナー最上段に座らせて自身もセカンドロープに登って仕掛ける雪崩式がある。

同型技[編集]

エース・クラッシャー(改良型)
ジョニー・エースのオリジナル技。前述のとおりダイヤモンド・カッターの考案者。初期型エース・クラッシャーとは形が違う。また、様々なバリエーションがある。
ババ・カッター
ダッドリー・ボーイズ(チーム3D)の兄であるババ・レイ・ダッドリー(ブラザー・レイ)が使うダイヤモンド・カッターの名称。
コジコジ・カッター
小島聡の使うダイヤモンド・カッターの名称。コジマ・カッターと呼ばれることもある。
バートン・カッター
マイク・バートンの使うダイヤモンド・カッターの名称。バートンはエースのタッグパートナーだった時期があり、直接エース・クラッシャー(改良型)を伝授されている。

派生技[編集]

スプリングショット式・ダイヤモンド・カッター[編集]

スリングショット・カッター
エプロンサイドからトップロープを掴み、その反動を利用しロープを飛び越しながら、リング内に立つ相手の首を抱えてそのままダイヤモンドカッターで叩きつける技。

TKO(トータル・ノック・アウト)[編集]

【使用者】マーク・メロ(ジョニー・B・バッド)のオリジナル技。
相手をファイヤーマンズキャリーに抱え上げて相手の脚を振ってダイヤモンド・カッターに移行する。SANADAも同名で使用している。エイサー8ミルクムナリの名称で使用。太陽ケアは、ハワイアン・スマッシャーの名称で使用しているが厳密にはエース・クラッシャーからの派生技である(ケアの得意技「TKO」とは別の技)。その見栄えの良さから多くのレスラーにコピーされており、泉田純至不入(いず)ドムの名称で使用。

ポップアップ式・TKO[編集]

【使用者】SANADA
相手を上空へ高々と放り投げ、落下してきた相手の頭部を空中で捕獲して繰り出すポップアップ式・TKO2019年8月3日のオカダ・カズチカ戦で初披露された。

ハングマン式・TKO[編集]

SANADAのオリジナル技。
相手をスタンディング式ドラゴン・スリーパーの体勢から相手を後方回転させて首をとった状態でロープに引っ掛け、その状態から仕掛ける。
2020年10月6日のザック・セイバーJr戦で披露された。

飛び付き式・ダイヤモンド・カッター[編集]

RKO
【使用者】ランディ・オートンが使用している。ジャンピング・ダイヤモンド・カッターで技名はオートンの本名であるランディ・キース・オートンの頭文字を掛けたものという説が有力で使用を始める前にはダイヤモンド・ダラス・ペイジに許可をもらったとコメントしている。
背中越しに相手の首を右肩に捕らえて放つ、飛びつき式のダイヤモンド・カッター。単純な技であるがそれ故に利便性・汎用性が高く、様々なバリエーションが存在する。何より技を決めるタイミングが抜群で、一撃で試合をひっくり返す。
相手の頭を持つ時片手しか使わないのが特徴でトリプルHなどから「なるべく高く跳んだ方が見栄えが良い」とアドバイスされている。試合終盤に電光石火で浴びせたり、相手をダウンさせた後にオートン特有の両手を大きく広げるアピールをしながら相手の死角に、まわりこむように待機して相手が起き上がってオートンと向き合った瞬間に技を浴びせるという2つのパターンが基本となっている。空中技へのカウンターとして使用される際はスーパーRKOと呼ばれる。
ポップアップ式・RKO
ランディ・オートンのオリジナル技。
相手を上空へ高々と放り投げ、落下してきた相手の頭部を空中で捕獲して繰り出すポップアップ式・RKO大一番の試合で使用する。
スーパー・RKO
雪崩式で放つRKO。自ら、セカンドロープに登り放つバージョン、トップロープに登って相手と正面に向き合い両腕で頭を掴んで仕掛けるバージョンの2種類が存在する。

ガン・スタン[編集]

【使用者】カール・アンダーソンタマ・トンガが使用。
両手式のRKOといえる技。オートンは、近年は両手でやっているので区別がつかなくなっている。
新日本所属時代でのフィニッシュ・ホールド。
初期型は飛び付き式のスタナーであったが、徐々にエース・クラッシャー(新型)、ダイヤモンド・カッターの形へと変化を遂げて今に至る。

相手の死角に回り込んでから仕掛けにいく型が主だが、ロープワークの攻防から相手が走りこんで来たところを見計らって放つカウンター式やトップコーナー上から飛び込んで来る相手に対するキャッチ式なども存在しており、その汎用性に優れている。ランディ・オートンと類似のモーションで仕掛けており、両手でクラッチするRKOとも言える。WWE移籍以降は、オートンが同型の技を使用しているため封印。ただし、日本公演に限りファンサービスの一環として解禁している。

ツイスト・オブ・フェイト[編集]

【使用者】マット・ハーディージェフ・ハーディーの得意技。
相手の頭を脇にはさむDDTの体勢から自分の体を、ひねりつつ頭を挟んでいなかった方の手で相手の頭を持ち替えてダイヤモンド・カッターに移行する。スタナー・ツイスト・オブ・フェイトエクストリーム・ツイスト・オブ・フェイトという更なる派生技も存在する。さらに、マット・ハーディーが、ブレイ・ワイアットとのタッグチームで使っていた、ホイールバロー・ツイスト・オブ・フェイトという技がある。

ダッドリー・デス・ドロップ(3D)[編集]

【使用者】ダッドリー・ボーイズ(チーム3D)のオリジナル技。
ロープに振った相手を1人がフラップ・ジャックの体勢で上空に放り上げて足を掴み、もう1人が相手頭部を空中でキャッチしダイヤモンド・カッターの基本形に移行して相手をマットに叩きつける合体技。頭文字を取って3Dと略される場合が多い。ダッドリー・ボーイズは応用技としてテーブルに叩きつける場合が多い。テンコジテンコジ・カッタームーブメントムーブメント・カッターの名称で使用。

アシッド・ドロップ(ECW、TNA) / ダッドリー・ドッグ(WWE)[編集]

【使用者】スパイク・ダッドリー
相手の首を右肩に抱え、そのままコーナーを駆け上がる。コーナートップを蹴り上げた反動で、自らの体を水平に旋回させて、ダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。
ACID DROP
【使用者】デビッド・フィンレー
変形のPrima Nocta。
相手の首を右肩に抱え、そのままコーナーを駆け上がる。コーナートップを蹴り上げた反動で、自らの体を水平に旋回させて、ダイヤモンドカッターの形でマットに叩きつける。2019年10月14日、IWGPUSヘビー級選手権試合後にジュース・ロビンソンに攻撃をしていたランス・アーチャーに対して決めたのが初公開。

オス・カッター[編集]

【使用者】ウィル・オスプレイのオリジナル技。
ロープに向かって走り、セカンドロープを踏み台にして跳躍して相手の首に飛びつきダイヤモンド・カッターに移行する。
スーパー オス・カッター
【使用者】ウィル・オスプレイのオリジナル技。
オス・カッターをコーナートップから繰り出すオス・カッターの上位バージョン。この場合、首を掴んだままストームブレイカーに繋げることもある。一度セカンドロープに乗りトップロープに飛び乗ってから放つ。
雪崩式オスカッター
【使用者】ウィル・オスプレイのオリジナル技。
コーナー最上段に座らせた相手に対し、エプロンからトップロープに飛び乗り、スワンダイブ式で相手に飛びついて顔面からマットに叩きつける雪崩式変型オスカッター。オスカッターの多彩なバリエーションの1つ。

スプリングボード式・コークスクリュー・カッター[編集]

スプリングボード・コークスクリュー・カッター
【主な使用者】レオン・ラフ
コーナー・セカンドロープに飛び乗り、ジャンプと同時に捻りを加えて横一回転して、相手の頭部を右肩に捕らえてそのまま背中から落下して相手の顔面をマットにうちつけるコークスクリュー式変形オス・カッター。

エスペランサ[編集]

【使用者】内藤哲也のオリジナル技。
変形ダイヤモンドカッター。
2020年6月15日、新型コロナウイルス禍による興行休止から110日ぶりの再開となった無観客試合「Together ProjectSpecial」のメインで披露された新技。
相手の背後から飛びつき、ジャンプしてから相手の首を左手で抱えながら相手右脇に自身の右腕を差し込んで、そこから前方回転して勢いよく、頭又は首を持ったまま前方に自らは仰向けに倒れ、うつ伏せに倒れる相手の顔面を左肩に打ち付ける変形ダイヤモンドカッター。
技名はスペイン語で「希望」の意。

タワー・オブ・ロンドン[編集]

【使用者】ナイジェル・マッギネスマーティン・ストーン
まず相手をコーナートップに座らせ脚だけコーナーに絡ませる。そこから相手の首辺りを抱えて相手の全身が伸びるまでリング内に引っ張りエース・クラッシャーを放つ。相手はコーナートップに脚を固定したままなので、頭から高角度にマットへ突き刺さることになる。最初に開発したフィニッシュムーブで、様々なバリエーションがある。最近は繋ぎ技として使われることが多い。元はジョニー・エースが考案し、使用していた技。
肩にかついだうつぶせ状態の相手の両足をトップロープに乗せた後、ダイヤモンド・カッターのように顔面をマットに叩きつける旧型エース・クラッシャー。

横須賀カッター[編集]

【使用者】横須賀ススムのオリジナル技。
相手をカナディアン・バックブリーカーの体勢に担ぎ上げ、その状態から横に反転させてダイヤモンド・カッターのように首を固定して落とす。横須賀享に改名する前からこの名称で使用している。代表的なフィニッシュ技。春山香代子も同じ技を同じ名称で使用していた(春山は横須賀市出身ではない)。

変形ダイヤモンド・カッター[編集]

UFOカッター
【使用者】ザッカリー・ウェンツ
相手に向かって走り込んで、右肩に手を置いた状態でトップロープに飛び乗り、高々とジャンプして頭部に飛びつき、そのまま背面から落下して顔面をマットに叩きつけるスプリングボード式の変形ダイヤモンド・カッター。

ナチュラル・セレクション[編集]

【使用者】シャーロット・フレアー
相手が両膝をついている時に背後から相手の首に手を回し、サマーソルトの要領で回転しカッターをかける。

返し方[編集]

ダイヤモンド・カッターはかける相手に背中や腕を晒すことになる技なので反撃は多種多様である。

  • 力任せに腕のロックを外して脱出する。
  • 落とされる(投げられる)前に相手を前に突き飛ばして脱出する(脱出後は無防備となった相手の背後から技を仕掛ける。また、強く突き飛ばした場合、相手はコーナーやロープに跳ね返って戻ってくるため、反撃のバリエーションはさらに増える)。
  • 落とされる瞬間相手を前に突き飛ばして脱出あるいはダメージの軽減を図る。
  • 落とされる瞬間逆に相手を持ち上げて前方へと投げ飛ばして背中から叩きつける(リング外に投げて落としてしまうケースも)。

関連項目[編集]