ダイヤモンド (ポケットモンスターSPECIAL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ポケットモンスターSPECIAL > ポケットモンスターSPECIALの登場人物 > ダイヤモンド (ポケットモンスターSPECIAL)

ダイヤモンドは、漫画『ポケットモンスターSPECIAL』に登場する架空の人物である。

プロフィール[編集]

  • 性別:男
  • 誕生日:4月4日
  • 星座:牡羊座
  • 誕生石:ダイヤモンド
  • 年齢:12歳(第7章・第8章)
  • 血液型:A型
  • 身長:151cm(第8章時点)
  • 体重:51kg(第8章時点)
  • 家族:母(アヤコ)
  • 出身:シンオウ地方・フタバタウン
  • 特技:ボケる、大食い、料理、ポフィン作り
  • 持ちネタ:なんともありましぇ~ん
  • 賞歴:新世代お笑いグランプリDaibaku Show 審査員特別賞
  • 初登場:第338話 VSムックル
  • 登場章:第7章・第8章・第13章
  • 登場巻:30-40
  • 持ち物:ポケモン図鑑(6代目)・青のポケッチ・自転車・バトル日記帳・メタルコート・タウリナーΩの大百科・タウリナーΩのオモチャ[1]
  • 代名詞:感じる者
  • 人気投票:5位(2011年)

人物[編集]

第7章のメイン主人公。ゲーム版『ダイヤモンド・パール・プラチナ』の男の子主人公がモデル。通称は『ダイヤ』で、一人称は「オイラ」。

パールとは対照的に、性格は細かい事はあまり気にしないマイペースかつ超スローモーションで、幼馴染のパールでさえ怒ったところをめったに見たことが無いほど温厚な性格(究極の真円(丸さ))。ただし自己主張が苦手な訳ではない。真っ直ぐに突っ走るパールに振り回され気味であるが、実際にはパールの行動に反感を持っていると同時に自分自身の「感情(きもち)」を通そうとする等、その心の底には肝の据わった強い感情がある。旅の最中何度かに及ぶギンガ団幹部や総帥であるアカギとの交戦を経て「現実に存在する信じられない悪そのもの」であるギンガ団と戦う決意を固める。また、プラチナの正体にいち早く気付く、こうてつ島に来たスキンヘッズの標的が自分である事に気付くなど、意外と鋭い洞察力を備え持つ。プラチナのことを名乗る前から「お嬢様」と呼び、好意を抱いている節がある。気合いを入れるときの合言葉は「よ〜し!!○○に、打ち勝つぞ〜!!!」

かなりの食いしん坊で、旅の途中ではよく何らかの食べ物を食べながら行動している。食べるだけでなく料理も上手く、特に特製ポフィンはヨスガコンテスト審査委員長のビックからも好評価を得ている。

他の図鑑所有者たちに比べてバトルのセンスや実力はそれほど高いとは言えなかったが、努力家なところは2人にも劣らず、こうてつじまでのゲンとの修行を経て一角の実力者へと成長した。また、温和な性格のためか警戒心が強く人にあまり懐かないポケモンたちからも慕われることが多い。

テレビっ子らしく、作中では「タウリナーΩ」、「ブロムヘキサーΣ」というテレビアニメを旅の最中も欠かさず観ていた(後にシルバーもこのアニメにハマっている)。

手持ちのポケモンは超重量級が基本となっており、彼の性格も影響してスピード戦には弱いが、ゆっくりとした動作ゆえに技は的確で体重を生かした強烈な攻撃やがっしりとした防御を得意とし、突発的な攻撃が多いパールをカバーしている。

劇中での活躍[編集]

第13章(オメガルビー・アルファサファイア編)
隕石が衝突する危機の中、その事実を知らされずにいつものようにパールと共に漫才の稽古をしていた。パール同様、ハッキリとは登場していない。
第7章(ダイヤモンド・パール編)
保育園時代にパールと見た漫才コンビ"青空ピッピ・プリン"に憧れ、パールとコンビを結成しプロを目指している。担当はボケ。新世代お笑いグランプリ「Daibaku Show」では、コントが大失敗するものの、パールと共に審査員特別賞を受賞し、副賞をもらった。しかし、コトブキシティ付近でナナカマド博士達とぶつかった際に、副賞とプラチナの護衛依頼書が入れ替わり、プラチナと旅をすることになる。ダイヤは最初から入れ替わっていることに気づいていたが、それを言えば旅が終わってしまうと思ったため、あえて隠していた。
旅の途中、パールと共にプラチナのジムやコンテスト挑戦に協力する。トバリシティで、本来プラチナの護衛に就くはずであったパカ&ウージが行方不明になったことで、彼らに代わってプラチナをボディーガードとして守ることを決める。
ミオシティで、プラチナに自分たちの素姓がばれたが、改めて旅の同行を依頼される。さらに、ナナカマド博士からポケモン図鑑を託される。その後相談した結果、ギンガ団からエムリットを救うため一時パール・プラチナと別れる。こうてつ島でゲンの特訓を受けた後、シンジ湖に向かうが、ギンガ団幹部・マーズに母・アヤコを人質に取られてしまい、最終的にエムリットの捕獲を許してしまう。それでも、ギンガ団の空挺に忍び込みギンガ団アジトに侵入する。トバリシティのギンガ団アジトでは、ユクシー・エムリット・アグノムを解放するためにポケモン図鑑を手放し、合流したパール・プラチナと協力し、捕らわれたエムリット達を解放した。やりの柱での最終決戦ではパール・プラチナやジムリーダー達と共にアカギやギンガ団幹部と対峙し、激闘の末に打ち勝つ。
第8章(プラチナ編)
やりの柱での戦い後、パールと共にプルートから奪ったメモに書かれた伝説のポケモンの調査に発つ。ハクタイシティでロトムを仲間にした後、やぶれたせかいから出てきたギラティナに遭遇し、戦いの中でやぶれたせかいへ送り込まれる。
そこでアカギと共にディアルガ・パルキアを解放し、パール・プラチナ、そしてパカ&ウージと無事再会。伝説・幻のポケモンたちと共にプルートの野望を打ち砕いた。

所有ポケモン[編集]

手持ちは、第8章(第433、434話現在)時のメンバー。

重量感のあるポケモンが多い。名前パターンは種族名から取った一文字を伸ばしたもの。進化した状態でも進化前から文字を取る(りーはベロベルトに進化した状態で名付けた)。ダイヤの影響か、手持ちポケモンの殆どが食いしん坊になっている。

手持ち[編集]

るー
  • ナエトル♂→ハヤシガメ♂→ドダイトス♂Lv.60
  • 特性:しんりょく 性格:のんき 個性:がまんづよい
  • 技:"ウッドハンマー"・"かみくだく"・"からにこもる"・"ギガドレイン"・"じしん"・"ステルスロック"・"たいあたり"・"はっぱカッター"
  • 初登場:第338話 VSムックル
ナナカマド博士がパカとウージに渡す予定だった。のんびりしたダイヤと波長が合い、彼について行くことを決意。ダイヤやベーの影響を受け、食いしん坊となる。
こうてつ島での修行で"はっぱカッター"の枚数を調節できるようになり、また確実に命中させる特訓も独自に行い、撃ちだす力をそのままに一枚まで減らすことによって技の指示が終わるよりも速く、超速ではっぱを飛ばす技"ダイヤスペシャルマッハ・ワン・アンド・オンリー"を編み出した。
シンジ湖での戦いでエムリットを助けようとするが失敗してシンジ湖に落ち、ハマナ・セバスチャン・フワライドに救出され、パール・ペラヒコの手を経てダイヤの元に戻る。
べー
  • ゴンベ♂Lv.56
  • 特性:ものひろい 性格:わんぱく 個性:たべるのがだいすき
  • 技:"ころがる"・"したでなめる"・"たいあたり"・"なげつける"
  • 初登場:第338話 VSムックル
ダイヤが初めから連れていた一匹。タマゴから孵化して入手している。ダイヤに似て大食いでのんびり屋であり、ダイヤと一緒に食べ物を頬張っている。体毛の中に「くろいてっきゅう」や数十個のきのみを隠し持っている。
メリッサ戦では一時プラチナに貸し、ヨワマルを一撃で倒した後、すぐにエンペルトと交代された。後にムウマージとの戦いで最後の一匹として呼び出され、食べ物の幻影にやみつきになるが、パールの助言で機転を利かせたプラチナとの協力でムウマージを倒し、プラチナを勝利へ導いた。
第9章でのゴールドの発言や第40巻の紹介文から、「レッドのゴンとエメラルドのカビゴンの間に見つかった卵を、ゴールドが孵したポケモン」である可能性が示唆されている。
ぷー
  • タテトプス♂→トリデプス♂Lv.49
  • 特性:がんじょう 性格:しんちょう 個性:ちょっぴりごうじょう
  • 技:"アイアンテール"・"アイアンヘッド"・"メタルバースト"
  • 初登場:第374話 VSドータクンⅠ
元はトウガンのポケモンであり、トウガンはあらゆる手段を使っても懐かなかったが、ダイヤにはすぐ懐いたため託された。るー同様、食いしん坊となっている。顔面を堅い物に擦り付ける事で、高い防御力を更に上げる事ができる。こうてつじまで手に入れたメタルコートを所持しており、はがねタイプの技が強くなっている。
ギンガトバリビルにおける上級SHITAPPAとの戦闘でトリデプスに進化し、ポケモン5匹分の攻撃も防ぎきれる程の防御力を手に入れた。
りー
  • ベロリンガ♂→ベロベルト♂Lv.53
  • 特性:マイペース 性格:ずぶとい 個性:ものをよくちらかす
  • 技:"あなをほる"・"ころがる"・"さきどり"・"しぼりとる"・"たたきつける"・"パワーウィップ"
  • 初登場:第390話 VSベロリンガ
リッシ湖で大量発生していたベロリンガの内の一匹。"ころがる"を覚えていたためダイヤが捕まえる途中、ベロベルトに進化した。作中でダイヤが初めてにして唯一、自分の力で捕獲したポケモンでもある。物を集めるのが好きで、自分をからかったポケッチカンパニーの社長を追ってコトブキシティで人の物を盗りまわっていたが、捕獲された後でタウリナーΩのオモチャを除いてダイヤと一緒に元の持ち主に返した。体に似合わず、舌を使って俊敏に行動できるため、セバスチャンから「動ける巨体」と評される。
シンジ湖での戦いでエムリットを助けようとするが失敗してシンジ湖に落ち、ハマナ・セバスチャン・フワライドに救出され、パール・ペラヒコの手を経てダイヤの元に戻る。
むー
  • マンムー♂Lv.65
  • 特性:あついしぼう 性格:がんばりや 個性:ちからがじまん
  • 技:"こおりのキバ"・"ふぶき"
  • 初登場:第411話 VSディアルガ・パルキアⅠ
キッサキシティでスズナの勧めから、プラチナがダイヤのために捕まえてきた。ギンガトバリビルでの合流後に手渡される。
テンガン山のやりの柱での戦いにおいてディアルガパルキアに立ち向かう。二匹によって生み出された「中心」にダイヤと共に突入しようとするが、レジギガス(ぎー)によって阻止される。
なお、原作ゲーム上の世代では特性が「あついしぼう」のマンムーは手に入れることはできない。
ぎー
  • レジギガスLv.75
  • 特性:スロースタート 性格:のうてんき 個性:からだがじょうぶ
  • 技:"にぎりつぶす"
  • 初登場:第400話 VSヌオー
キッサキ神殿でプラチナが落としたボールに入り、そのままプラチナの鞄の中に紛れて付いて来た。
ディアルガとパルキアによって生み出された「中心」に突入しようとしたダイヤとむーを食い止め、一時的にディアルガとパルキアを押さえる活躍をする。フトマキによれば、「命じられるずっとこの時を待っていた。戦う、このシンオウのため。トレーナーとともにちからをつくす」という感情と意志を持つという。
やりの柱での戦いの後は、ボールに閉じこもったまま出てこようとしなかったが、ハクタイシティに現れたギラティナに対応するように自ら飛び出し、直後にプルートが繰り出したヒードランと交戦した。また、ダイヤがギラティナに傷つけられた時には深い悲しみを覚えた。
歴代の伝説ポケモンの中では初めて図鑑所有者のメインメンバーであり、ニックネームも付いている珍しいポジション。
第9章終盤(第7章以前)ではクロツグが所持していたが、手に負えなくなったためキッサキ神殿に放った事が明かされる。

一時手持ち[編集]

フワライド
  • フワライド
  • 特性:ゆうばく
  • 技:"あやしいかぜ"・""そらをとぶ"
  • メリッサ⇒ダイヤモンド、パール⇒ダイヤモンド
ヨスガシティからミオシティに行くときにメリッサから借りた。シンジ湖での戦闘で活躍する。
ギンガトバリビルで再会したパールに渡され、ディアルガとパルキアによって生み出された「中心」に呑み込まれそうになったメリッサを助ける。
ペラヒコ
  • ペラップ
  • 特性:ちどりあし 性格:せっかち 個性:すこしおちょうしもの
  • 技:"オウムがえし"・"おしゃべり"・"ついばむ"・"つばめがえし"・"みだれづき"
  • パール⇒ダイヤモンド
ギンガトバリビル内でパールに先立ってダイヤに再会し、シンジ湖ではぐれたるー・りーをダイヤに渡す。直後のギンガ団上級SHITAPPAとの戦闘でも活躍する。

その他[編集]

ロトム
  • ロトム
  • 特性:ふゆう
  • 技:"エアスラッシュ"(スピンロトム)・"オーバーヒート"(ヒートロトム)・"ハイドロポンプ"(ウォッシュロトム)・"ふぶき"(フロストロトム)・"リーフストーム"(カットロトム)
  • 初登場:第345話 VSロトム
森の洋館に棲んでいた。電化製品の中に入ることができ、特定の物と融合するとそれに合わせてタイプや技を変化させる能力を持つ。ロボットアニメが好き。
第7章序盤で森の洋館に宿泊したダイヤたちの前に現れてゴースたちとイタズラを仕掛ける。電化製品から電化製品へと移動する特性を見抜いたダイヤによって撃退されるが、この時点では図鑑が認識しない謎のポケモンだった。
第8章ではその珍しい性質から伝説や幻のポケモンではないもののプルートから狙われていることが判明したため、ダイヤ・パールが保護に向かう。自分の能力の全てをダイヤに披露したことで意気投合、手持ちにはならなかったものの彼らの仲間になって付いていくことに決める。ダイヤには非常に懐いており、ギラティナの攻撃を受けてダイヤが倒れた時には涙を流し、ぎーやパールと共にプルートに立ち向かった。やぶれた世界内部での戦いには参加しなかったが、プルートがやぶれた世界に残っている者を閉じ込めようとした際には、タウリナーΩのDXオモチャを操り、プルートが持つポケモンを操る装置を破壊したり、電撃でプルートを倒す活躍をした。
戦いの後も森の洋館には帰らずにダイヤたちと共にいることを決めた。

脚注[編集]

  1. ^ りーが盗った物を返却する際、持ち主にの家を訪ねたが、ゴミ置き場に捨てたものであり、持ち主から譲ってもらった。