ダイロン・ロブレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイロン・ロブレス Portal:陸上競技
Dayron Robles Doha 2010.jpg
2010年世界室内陸上競技選手権大会
選手情報
フルネーム ダイロン・ロブレス
国籍  キューバ
種目 110mハードル
生年月日 (1986-11-19) 1986年11月19日(33歳)
生誕地 キューバグアンタナモ
居住地 キューバハバナ
身長 191cm
体重 81kg
自己ベスト
50mハードル 6秒39(2008年)
60mハードル 7秒33(2008年)
110mハードル 12秒87(2008年)
 
獲得メダル
陸上競技
 キューバ
オリンピック
2008 北京 110mH
世界室内選手権
2010 ドーハ 60mH
2006 モスクワ 60mH
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ダイロン・ロブレス(Dayron Robles、1986年11月19日 - )は、キューバ陸上競技選手であり110mハードルの元世界記録保持者。(メディアによっては「デイロン」とも表記する。)

グアンタナモに生まれる。昔はハードルよりも走高跳に興味があり、15歳の時に1m93、2006年には2m15を跳んだことがある。母親はバレーボール選手、叔父は51秒76の記録を持つ70年代の400mハードルのナショナルチーム選手[1]

19歳の2006年に世界室内選手権60mハードルで2位に入り、110mハードルでも自己ベストを13秒00まで縮める(これは、シドニーオリンピックの金メダリストアニエル・ガルシアと並ぶ当時のキューバ記録であり、年齢別で19歳の世界最高記録)など、ジュニアの時代から頭角を現していた。翌2007年には、世界選手権での劉翔との対決が期待されたが、4位に終わった。しかし、9月のワールドアスレチックファイナルでは、自己ベストを100分の8秒も縮める12秒92をマークし優勝した。

2008年6月12日、チェコオストラヴァで行われた大会で、劉翔が保持していた従来の世界記録である12秒88を上回る12秒87の世界記録(当時)を樹立した。北京オリンピックでは12秒93の好タイムで圧勝したが世界記録更新はならなかった。2008年は1年間で実に7回12秒台をマークした。しかし、キューバ代表として出場した2011年世界陸上競技選手権大会では、8月29日に行われた110mハードルの決勝で劉翔と接触し、これが走路妨害とみなされ失格となった[2]

自己ベスト[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
110mH 12秒87 (+0.9 m/s) 2008年6月12日 チェコの旗 オストラヴァ 世界歴代2位
室内
50mH 6秒39 2008年2月21日 スウェーデンの旗 ストックホルム
60mH 7秒33 2008年2月8日 ドイツの旗 デュッセルドルフ 世界歴代2位

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2003 世界ユース選手権 シェルブルック(カナダ) 110mハードル 6位 13.91秒(+1.9) ユース規格(91.4 cm)
2004 世界ジュニア選手権 グロッセート(イタリア) 110mハードル 2位 13.77秒(-0.6)
2005 世界選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 110mハードル 準決勝 14.16秒(-1.9) 3組8着
2006 世界室内選手権 モスクワ(ロシア) 60mハードル 2位 7.46秒 自己記録
2006 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 110mハードル 2位 13.00秒(-0.6) キューバ記録
2006 IAAF陸上ワールドカップ アテネ(ギリシャ) 110mハードル 3位 13.06秒(+0.4)
2007 世界選手権 大阪(日本) 110mハードル 4位 13.15秒(+1.7)
2007 IAAFワールドアスレチックファイナル シュトゥットガルト(ドイツ) 110mハードル 1位 12.92秒(0.0) 大会記録
2008 世界室内選手権 バレンシア(スペイン) 60mハードル 予選 8.53秒 2組7着
2008 オリンピック 北京(中国) 110mハードル 1位 12.93秒(+0.1)
2009 世界選手権 ベルリン(ドイツ) 110mハードル 準決勝 DNF 記録なし
2010 世界室内選手権 ドーハ(カタール) 60mハードル 1位 7.34秒 大会記録
2011 世界選手権 大邱韓国 110mハードル 決勝 DSQ 記録なし
2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 110mハードル 決勝 DSQ 記録なし

出典[編集]

  1. ^ 「スペシャルインタビュー 男子110mH デイロン・ロブレス」『月刊陸上競技』第42巻第8号、講談社、2008年7月号、 105頁。
  2. ^ “陸上=世界選手権、男子110m障害でロブレスが失格に”. ロイター (ロイター). (2011年8月29日). http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-22926120110830 2011年8月31日閲覧。 
先代:
中華人民共和国の旗 劉翔
110mハードル世界記録保持者
2008/6/12-2012/9/7
次代:
アメリカ合衆国の旗 アリエス・メリット