ダウール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダウール語
話される国 中華人民共和国, モンゴル国
地域 内モンゴル自治区, ハイラル区; 黒竜江省, チチハル市; 新疆ウイグル自治区, タルバガタイ地区
話者数 96,000(中国 1996年)[1]
言語系統
モンゴル諸語
  • ダウール語
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 dta
 
テンプレートを表示

ダウール語[ˈdaʊər][2]ダウール族に話される言語。モンゴル諸語に属す。

分布[編集]

ダウール語には4方言がある。アムール方言は黒河市付近で話され、ノン方言は嫩江西岸で、ハイラル方言はハイラル区の南東部で、そして4つ目はチョチェク市新疆ウイグル自治区)で話される[3]

特徴[編集]

文字は用いられないが、ピンインをベースにした正書法が創作されている。ダウール族には中国語モンゴル語も話せる者も多い。[4] 清朝の時代には、ダウール語は満州文字で記録された[5]。ダウール語は、他のモンゴル諸語で失われた古風な音韻や語形、文法形式を保っている。総合的にみて中世モンゴル語の要素を良く残しているといえる。

脚注[編集]

  1. ^ Daur at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Laurie Bauer, 2007, The Linguistics Student’s Handbook, Edinburgh
  3. ^ Tsumagari 2003: 129, Sengge 2004: 616
  4. ^ Tsumagari 2003: 129
  5. ^ Engkebatu 2001

文献[編集]

  • Chuluu, Üjiyediin (1994), Introduction, Grammar, and Sample Sentences for Dagur, Sino-Platonic Papers, Philadelphia: University of Pennsylvania, http://www.sino-platonic.org/complete/spp056_dagur_language.pdf 
  • Engkebatu (2001): Cing ulus-un üy-e-dü dagur kele-ber bicigdegsen jokiyal-ud-un sudulul. Kökeqota: Öbür monggol-un yeke surgaguli-yin keblel-ün qoriy-a.
  • Namcarai; Qaserdeni (1983), Daγur kele ba mongγul kelen-ü qaričaγulul, Öbür mongγul-un arad-un keblel-ün qoriy-a, OCLC 45024952 
  • Oyunčimeg, ed. (2004), Mongγul sudulul-un nebterkei toli, Kökeqota: Öbür mongγul-un arad-un keblel-ün qoriy-a, ISBN 978-7-204-07745-8, OCLC 67279589 
  • Sengge (2004): Daγur kele. In: Oyunčimeg 2004: 616-617.
  • Sengge (2004a): Daγur kelen-ü abiy-a. In: Oyunčimeg 2004: 618.
  • Sengge (2004b): Daγur kelen-ü üges. In: Oyunčimeg 2004: 619.
  • Sengge (2004c): Daγur kelen-ü kele ǰüi. In: Oyunčimeg 2004: 618-622.
  • Tsumagari, Toshiro (2003): Dagur. In: Janhunen, Juha (ed.) (2003): The Mongolic languages. London: Routledge: 129-153.
  • Yu, Wonsoo, Jae-il Kwon, Moon-Jeong Choi, Yong-kwon Shin, Borjigin Bayarmend, Luvsandorj[iin] Bold (2008): A study of the Tacheng dialect of the Dagur language. Seoul: Seoul National University Press.