ダクラタスビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダクラタスビル
識別情報
CAS登録番号 1009119-64-5 チェック
ChemSpider 24609522
KEGG D10065
ChEBI
ChEMBL CHEMBL2023898
ATC分類 J05AX14
特性
化学式 C40H50N8O6
モル質量 738.88 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ダクラタスビル(Daclatasvir)は、経口C型肝炎治療薬の一つである。アスナプレビルと併用する事で、注射を要しないC型肝炎治療が可能となった。第一世代の直接作用型抗ウイルス薬とされる。商品名ダクルインザ。開発コード、BMS-790052。

WHO必須医薬品モデル・リストに収載されている[1]

承認状況[編集]

日本では2014年7月にアスナプレビルと併用することを条件に同時に承認された[2]

欧州では2014年8月にソホスブビルと併用することを条件に承認された[3]

米国では承認申請が断念された[4]

効能・効果[編集]

セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善

禁忌[編集]

次の患者には禁忌である。

慎重投与[編集]

  • B型肝炎罹患者または既往者では、B型肝炎ウイルスが再活性化する可能性がある。

副作用[編集]

重大な副作用として知られているものには、肝機能障害(ALT(GPT)増加(8.6%)、AST(GOT)増加(5.6%)、血中ビリルビン増加(0.5%)、プロトロンビン時間延長、アルブミン低下)、肝不全、多形紅斑、血小板減少間質性肺炎がある[5]

5%以上の患者に、好酸球増加症、発熱、倦怠感、頭痛、ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加が出現する。

作用機序[編集]

ダクラタスビルはC型肝炎ウイルス(HCV)のNS5A英語版を阻害する[6][7]。近年の研究では、ウイルス複製過程の2箇所を阻害してHCV RNAを速やかに減少させるとされている[8]

ダクラタスビルについては、アスナプレビル[9][10][11][12]ソホスブビル[13][14]といった直接作用型抗ウイルス薬と同様、ペグ化インターフェロン英語版リバビリンとの併用効果が臨床試験で確認された[15]

出典[編集]

  1. ^ www.who.int”. 2015年5月11日閲覧。
  2. ^ 日本初のインターフェロンおよびリバビリンを必要としない経口薬のみによるC型慢性肝炎の治療薬 世界に先駆けて日本で製造販売承認を取得”. ブリストル・マイヤーズ (2014年7月4日). 2015年5月11日閲覧。
  3. ^ ブリストル「ダクルインザ」、欧州でC型肝炎併用療法の承認取得”. The Wall Street Journal (2014年8月27日). 2015年5月11日閲覧。
  4. ^ ブリストル、C型肝炎の併用療法の米国承認申請を断念”. The Wall Street Journal (2014年10月8日). 2015年5月11日閲覧。
  5. ^ ダクルインザ錠60mg 添付文書” (2016年5月). 2016年7月1日閲覧。
  6. ^ Gao, Min; Nettles, Richard E.; Belema, Makonen; Snyder, Lawrence B.; Nguyen, Van N.; Fridell, Robert A.; Serrano-Wu, Michael H.; Langley, David R.; Sun, Jin-Hua; O'Boyle, Donald R., II; Lemm, Julie A.; Wang, Chunfu; Knipe, Jay O.; Chien, Caly; Colonno, Richard J.; Grasela, Dennis M.; Meanwell, Nicholas A.; Hamann, Lawrence G. (2010年). “Chemical genetics strategy identifies an HCV NS5A inhibitor with a potent clinical effect”. Nature 465 (7294): 96–100. doi:10.1038/nature08960. PMID 20410884. 
  7. ^ Bell, Thomas W. (2010年). “Drugs for hepatitis C: unlocking a new mechanism of action”. ChemMedChem 5 (10): 1663–1665. doi:10.1002/cmdc.201000334. PMID 20821796. 
  8. ^ Guedj, J et al. (2013年2月19日). “Modeling shows that the NS5A inhibitor daclatasvir has two modes of action and yields a shorter estimate of the hepatitis C virus half-life.”. Proceedings of the National Academy of Sciences.. http://www.pnas.org/content/early/2013/02/13/1203110110.abstract 2015年5月11日閲覧。. 
  9. ^ Preliminary Study of Two Antiviral Agents for Hepatitis C Genotype 1. Lok, A et al. New England Journal of Medicine. 366(3):216-224. January 19, 2012.
  10. ^ Bristol-Myers' Daclatasvir, Asunaprevir Cured 77%: Study”. Bloomberg (2012年4月19日). 2015年5月11日閲覧。
  11. ^ AASLD: Daclatasvir plus Asunaprevir Rapidly Suppresses HCV in Prior Null Responders. Highleyman, L. HIVandHepatitis.com. 8 November 2011.
  12. ^ High rate of response to BMS HCV drugs in harder-to-treat patients – but interferon-free prospects differ by sub-genotype. Alcorn, K. Aidsmap.com. 12 November 2012.
  13. ^ AASLD 2012: Sofosbuvir + Daclatasvir Dual Regimen Cures Most Patients with HCV Genotypes 1, 2, or 3. Highleyman, L. HIVandHepatitis.com. 15 November 2012.
  14. ^ Mark Sulkowski et al. (2014年1月16日). “Daclatasvir plus Sofosbuvir for Previously Treated or Untreated Chronic HCV Infection”. New England Journal of Medicine. doi:10.1056/NEJMoa1306218. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1306218. 
  15. ^ AASLD: Daclatasvir with Pegylated Interferon/Ribavirin Produces High Rates of HCV Suppression. Highleyman, L. HIVandHepatitis.com. 6 December 2011.