ダグマル・ノイバウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル

ダグマル・ノイバウアーとベーベル・エッカート
東ドイツの旗 東ドイツ
陸上競技
オリンピック
1988 ソウル 女子 4×400mR
世界陸上競技選手権大会
1983 ヘルシンキ 女子 4×400mR
1987 ローマ 女子 4×400mR
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
1982 アテネ 女子 4×400mR

ダグマル・ノイバウアー(Dagmar Rübsam-Neubauer、1962年6月3日 - )は、旧東ドイツの陸上競技選手。1980年代に400mを中心に活躍した女子短距離選手である。1988年ソウルオリンピックの銅メダリストである。テューリンゲン州ズール出身。

経歴[編集]

ノイバウアーは、1982年のヨーロッパ選手権に出場。400mでは6位に終わったが、4×400mRでは、キルステン・ジーモン、ザビーネ・ブッシュマリタ・コッホとともに、3分19秒04の世界新記録で金メダルを獲得。翌1983年の第1回の世界選手権の4×400mRでも金メダルを獲得した。

1984年ロサンゼルスオリンピックには、東ドイツが出場をボイコットしたため、不参加であったが、オリンピックの直前には、ノイバウアーとゲジーネ・ヴァルター、ブッシュ、コッホの4人は、4×400mで3分15秒92の世界新記録を樹立している。この記録は2008年現在でも世界歴代3位の記録である。

ノイバウアーは、1987年のローマで開催された世界選手権の4×400mRでも金メダルを獲得。そして、1988年、初出場のソウルオリンピックでも4×400mRに出場(キルステン・エメルマン、ペトラ・ミュラー、ブッシュ)したが、4年前にノイバウアーらが出した東ドイツの世界記録を、ソ連アメリカに更新され、銅メダルに終わった。

自己ベスト[編集]

  • 400m - 49秒58 (1984年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1982 ヨーロッパ室内陸上競技選手権大会 ミラノ(イタリア) 400m 2位 51秒18
1982 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 アテネ(ギリシャ) 400m 6位 50秒76
1982 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 アテネ(ギリシャ) 4×400mR 1位 3分19秒05
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) 400m 7位 50秒48
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) 4×400mR 1位 3分19秒73
1985 ヨーロッパ室内陸上競技選手権大会 アテネ・ピレウス(ギリシャ) 400m 2位 51秒40
1987 世界陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 400m 3位(sf) 52秒15
1987 世界陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 4×400mR 1位 3分18秒63
1988 ヨーロッパ室内陸上競技選手権大会 ブダペスト(ハンガリー) 400m 3位 51秒57
1988 オリンピック ソウル韓国 400m 8位(sf) 50秒92
1988 オリンピック ソウル(韓国) 4×400mR 3位 3分18秒29
  • sfは準決勝