ダグ・マシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダグ・マシス
Doug Mathis
Doug Mathis.JPG
レンジャーズ時代(2009年7月10日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州フェニックス
生年月日 (1983-06-07) 1983年6月7日(36歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 MLBドラフト13巡目
初出場 MLB / 2008年5月12日
KBO / 2011年8月2日
NPB / 2012年8月11日
CPBL / 2015年5月13日
最終出場 KBO / 2011年10月4日
NPB / 2012年9月15日
CPBL / 2015年7月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダグラス・アラン・マシスDouglas Alan "Doug" Mathis , 1983年6月7日 - )は、アリゾナ州フェニックス出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

ショーロー高校1年時まで、アメリカンフットボールの選手でクォーターバックをしていたが、怪我などもあり野球に専念する[1]

2002年MLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから34巡目、2003年MLBドラフトシアトル・マリナーズから31巡目で指名を受けるも、入団には至らなかった。

レンジャース時代[編集]

2005年MLBドラフトテキサス・レンジャーズから13巡目で指名を受け入団[2]

2008年5月12日にメジャーデビューを果たす。

インディアンス・ジャイアンツ時代[編集]

2011年1月5日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結ぶも、3月28日に放出され、4月6日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだが、またも放出された。

アスレチックス時代[編集]

2011年6月18日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ[3]。AAA級サクラメント・リバーキャッツで4試合に登板し、0勝1敗、防御率6.33だった。7月11日に放出された。

韓国時代[編集]

2011年7月16日に、故障により退団したライアン・ガーコの代役として韓国野球委員会三星ライオンズに入団。同年限りで退団した。

レッドソックス時代[編集]

2011年12月11日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ。

2012年はAAA級ポータケット・レッドソックスで19試合に登板し、7勝6敗、防御率4.07だった。7月25日に放出された。

ロッテ時代[編集]

2012年7月27日に千葉ロッテマリーンズが獲得を発表した[4]。8月11日のオリックス・バファローズ戦で初先発するも5回2/3を4失点で敗戦投手となった。オフの11月30日に球団から来季の契約を結ばないことが発表された[5][6]

マーリンズ時代[編集]

2013年1月3日、マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。AAA級ニューオーリンズ・ゼファーズで24試合に登板し、5勝8敗、防御率3.85だった。

パイレーツ時代[編集]

2013年8月18日にピッツバーグ・パイレーツに金銭トレードで移籍。AAA級インディアナポリス・インディアンズで2試合に登板し、0勝1敗、防御率7.50だった。11月5日にFAとなった。

レンジャーズ復帰[編集]

2013年12月12日にレンジャーズとマイナー契約を結んだ[7]

2014年はAAA級ラウンドロック・エクスプレスで2試合に登板したが、4月11日に放出された。

レイズ傘下時代[編集]

2014年4月15日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ。

統一セブンイレブンライオンズ時代[編集]

2015年4月29日、統一セブンイレブン・ライオンズと契約し5勝を記録したが、シーズン途中の7月29日に解雇された。

人物[編集]

趣味はゴルフで、ベストスコアは75[1]

サッカー好きであり、プレミアリーグリヴァプールFCのファン[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 TEX 8 4 0 0 0 2 1 0 0 .667 112 22.1 37 3 14 2 0 9 1 0 20 17 6.85 2.28
2009 24 2 0 0 0 0 1 1 1 .000 172 42.2 39 4 10 0 2 25 0 0 17 15 3.16 1.15
2010 13 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 100 22.1 30 7 11 0 0 10 0 0 15 15 6.04 1.84
2011 三星 10 9 0 0 0 5 2 0 0 .714 272 64.1 59 1 34 1 0 32 3 0 19 18 2.52 1.45
2012 ロッテ 6 6 0 0 0 1 4 0 0 .200 124 26.1 41 2 8 2 0 14 1 2 19 19 6.49 1.88
2015 統一 11 11 0 0 0 5 5 0 0 .500 277 60.1 80 3 22 0 0 37 0 0 33 27 4.03 1.69
MLB:3年 45 6 0 0 0 3 3 1 1 .500 384 87.1 106 14 35 2 2 44 1 0 52 47 4.84 1.61
KBO:1年 10 9 0 0 0 5 2 0 0 .714 272 64.1 59 1 34 1 0 32 3 0 19 18 2.52 1.45
NPB:1年 6 6 0 0 0 1 4 0 0 .200 124 26.1 41 2 8 2 0 14 1 2 19 19 6.49 1.88
CPBL:1年 11 11 0 0 0 5 5 0 0 .500 277 60.1 80 3 22 0 0 37 0 0 33 27 4.03 1.69

記録[編集]

背番号[編集]

  • 49 (2008年 - 2009年)
  • 52 (2009年 - 2010年、2015年)
  • 44 (2011年途中 - 同年終了)
  • 36 (2012年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ a b c マシス3戦目で“別人”初勝利 西本コーチも認める適応力”. スポニチ Sponichi Annex (2012年8月26日). 2012年8月27日閲覧。
  2. ^ http://www.baseball-reference.com/players/m/mathido01.shtml
  3. ^ http://www.mlbtraderumors.com/2011/06/athletics-sign-doug-mathis.html
  4. ^ ダグ・マシス投手&ウィル・レデズマ投手の獲得について”. 千葉ロッテマリーンズ (2012年7月27日). 2012年7月28日閲覧。
  5. ^ ペンとマシスを戦力外=プロ野球・ロッテスポーツナビ・時事通信、2012年11月30日閲覧。
  6. ^ マシス投手、ペン投手との来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2012年11月30日). 2012年11月30日閲覧。
  7. ^ Rangers in good shape after Winter Meetings MLB.com

関連項目[編集]