ダシダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダシダ(韓国名:다시다)は韓国CJグループ1975年から製造・販売している調味料。牛肉味のほかに、アサリ味やイリコ味がある。また、大手チェーン店吉野家の牛丼を再現して調理する際の必須調味料としても重宝される。

概要[編集]

かねてから商標などに漢字を多用していた1970年代の韓国、当時の国内調味料市場を主導していたのはグルタミン酸調味料・味源(ミウォン)だった。その中で同社は1972年から自社による新調味料開発に取り組み、約3年後の1975年に完成したのが天然原料がベースの市販調味料・ダシダである。

"ダシダ"の由来は韓国語における同名の俗語(「唾(つば)を飲み込むほど美味しそう」=「ダシダ」)から。

風味の種類
  • 牛肉味
  • アサリ味
  • イリコ味

※但し、2016年に本格参入した日本法人では競合他社への配慮も勘案し、牛肉味のみの発売となった(※現時点では海鮮系の2種は発売未定)。

用例
  • 調理の下味・隠し味
  • ポテトチップス・フライドポテト等のふりかけ用として

関連項目[編集]

CJジャパン(CJ JAPAN) → 「おいしい韓国」のリンク