ダストダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ダストダス
全国
ヤブクロン - ダストダス(#569) - ゾロア
イッシュ
ヤブクロン - ダストダス(#075) - ゾロア
基礎データ
英語名 Garbodor
進化体系 1進化ポケモン
進化前 ヤブクロン
進化後 なし
世代 第5世代
ポケモン学
分類 ゴミすてばポケモン
タイプ どく
高さ 1.9m
重さ 107.3kg
特性 あくしゅう / くだけるよろい
かくれ特性 ゆうばく
テンプレートを表示

ダストダスは、ポケットモンスターシリーズに登場する654種のポケモン(架空の生物)のうちの一種である。

目次

特徴

ヤブクロンの進化形。産業廃棄物など有毒なゴミから生まれたポケモンで、ゴミやヘドロなど汚いものを寄せ集めた巨大な姿をしており、頭部はヤブクロンの名残である深緑色のビニールゴミ袋が覆面状になっている。

ゴミを取り込んで自身の体と融合させることができ、右腕からは毒液を放出する。触手状になった左腕は毒攻撃できないものの力が強く、相手を捕まえて至近距離からの凄まじい悪臭がする毒ガスの吐息で攻撃する。

ゲームでのダストダス

ブラック・ホワイト』から登場。ヤブクロンがレベル36で進化する。野生のものは9番道路で出現する。

能力は「こうげき」が高く、防御能力も全体的に高めであるが、「とくこう」は低い。巨体ゆえに「すばやさ」は低めだが、同じく公害のポケモンであるベトベトンマタドガスよりも高い。

進化前の特性が「ねんちゃく」の場合は、特性が「くだけるよろい」に変化する。「くだけるよろい」はポケモンドリームワールドの隠し特性を除くとダストダスのみ持ち、物理技を受けると「ぼうぎょ」が下がるが「すばやさ」が上がるという効果をもつ。

バトルサブウェイでは、ノーマルランクでサブウェイマスターのノボリ・クダリが使用してくる。

アニメでのダストダス

ベストウイッシュ』55話で初登場。声優三宅健太サトシズルッグを気に入り、強引に仲間にしようとするゲストキャラ、コハル(声 - 潘めぐみ)のゴチムとそれを阻止しようとするアイリスキバゴの騒動の近くで寝ていたが、キバゴの「りゅうのいかり」で飛ばされたゴチムがダストダスの臭い息を嗅いだ事でダストダスに攻撃してしまい、それに怒ったダストダスは暴れだし、サトシやピカチュウの説得にも耳を貸さなかったが、デントの指示でコハルのシキジカが「アロマセラピー」を使い、興奮が収まったダストダスは何処かに去っていった。

84話ではタチワキジムのリーダー・ホミカの手持ちポケモンとして別個体が登場。

関連項目