ダック (きかんしゃトーマス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダック
汽車のえほん』及び
きかんしゃトーマス』のキャラクター
登場(最初) 原作
第11巻『ちびっこ機関車パーシー
第2話『パーシーとダック』
人形劇
第2期 8話
『ダックしごとをもらう』
作者 ウィルバート・オードリー
声優 塩屋浩三(第2期~第7期)
鈴木清信(第12シーズン~)
プロフィール
性別
製造年 1929年3月
車軸 0-6-0
車体番号 8
車体色
形態 タンク機関車
テンプレートを表示

ダック(英名:Duck the Great Western Engine)は、イギリスの幼児向け絵本『汽車のえほん』、またその映像化作品『きかんしゃトーマス』に登場する擬人化された機関車。ボディの側面にある『GWR』のロゴの通り、大西部鉄道出身のタンク機関車。

性格[編集]

  • 大西部鉄道出身で、その事を誇りに思っている。
  • 仕事にも煩く、本人曰く仕事のやり方には「大西部鉄道(グレート・ウェスタン)流」と「怠け者(ダメダメ)流」の2つがあるという。

運用[編集]

  • アールズバーグ線での客車の牽引が主な仕事。
  • 稀に本線で貨車の牽引を行う時もある。
  • また、アールズデール鉄道から砂利の受け取りを請け負う事もある。
  • 時々、精錬所での仕事も請け負っている。