ダッシャーゴーゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダッシャーゴーゴー
Dasher-GoGo20100912.jpg
欧字表記 Dasher Go Go
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2007年3月22日(10歳)
登録日 2009年5月6日
抹消日 2015年3月12日[1]
サクラバクシンオー
ネガノ
母の父 Miswaki
生国 日本の旗 日本北海道日高町
生産 下河辺牧場
馬主 芦田信
調教師 安田隆行栗東
競走成績
生涯成績 30戦5勝
中央競馬)28戦5勝
地方競馬)1戦0勝
シンガポール)1戦0勝
獲得賞金 3億2507万9600円
(中央競馬)3億1244万5000円
(地方競馬)1200万円
(シンガポール)63万4600円
勝ち鞍 GIIセントウルステークス(2010年)
GIIIオーシャンステークスCBC賞(2011年)
テンプレートを表示

ダッシャーゴーゴー日本競走馬である。おもな勝ち鞍はセントウルステークス2010年)、オーシャンステークスCBC賞2011年)。馬名は元気のいい人+行く。

戦績[編集]

2009年[編集]

7月26日小倉のダート1000mの新馬戦。直線抜け出してデビュー戦を飾った。続く小倉2歳ステークスは5番人気ながら1着とはクビ差の2着に健闘した。阪神のオープン特別のききょうステークスは人気に応えて2勝目を飾った。しかし京王杯2歳ステークスは1番人気に推されたものの4着に敗れた。次の朝日杯フューチュリティステークスでは12着惨敗となった。

2010年[編集]

Dasher-GoGo20100912(2).jpg

ファルコンステークスは直線伸びを欠き4着。阪神のマーガレットステークスは1番人気を裏切り8着となった。陣営はこの後京都でのCBC賞に出走。古馬相手に直線伸びて2着に健闘した。北九州記念は11着に惨敗するもセントウルステークスでは直線で前を捉えて差しきり重賞初制覇となった。鞍上の川田将雅はかつての師匠である安田隆行の管理馬での初の重賞制覇となった。続くスプリンターズステークスは6番人気で出走。道中は中団最内からレースを進め、直線でも内から脚を伸ばし、ゴール前でウルトラファンタジーをハナ差捉えきれなかったものの2着入線となった。しかし直線で内に斜行し、最内にいたサンカルロの進路を妨害したため、これが審議対象となり4着降着となった。その後、京都での京阪杯に1番人気で出走も10着と惨敗した。

2011年[編集]

Dasher-GoGo20110612.jpg

初戦のオーシャンステークスでは5番手からレースを進めると、直線で抜け出し重賞2勝目を飾った。続く高松宮記念では2番手追走から直線で先頭に立つも後続に交わされて4位で入線。しかし3コーナーで内側に斜行してジョーカプチーノの進路を妨害したことにより、審議の結果11着に降着となった。降着制度導入以来2頭目となる、GI競走で2度目の降着となった[注 1]。高松宮記念の後、2ヶ月間を空けて6月12日のCBC賞に出走、1番人気に応えての重賞3勝目を挙げた。

3ヶ月間を空けて9月11日のセントウルステークスでは中団で脚を溜め直線でエーシンヴァーゴウラッキーナインとの激しい叩き合いとなったが3着。本番のスプリンターズステークスは中団追走も、直線で伸びず11着と惨敗した。11月3日のJBCスプリントでは先団から直線で鋭く伸びラブミーチャンセイクリムズンとの争いになったがスーニに交わされて3着。

2012年[編集]

初戦のオーシャンステークスでは先団の4・5番手からレースを進めたが直線で伸び切れず9着に敗れた。高松宮記念では好位の外を追走するが直線で伸びを欠き4着となった。CBC賞は中位から追い上げるが3着。キーンランドカップは3番手からレースを進め直線で競り合いに持ち込んだがハナ差の2着となった。スプリンターズステークスでは道中3番手につけたが直線で伸びず最下位の16着に敗れた[2]

2013年[編集]

シルクロードステークス、オーシャンステークスと連続2着の後で高松宮記念へ出走、5着に敗れた。次走ではシンガポールへ遠征し、クリスフライヤーインターナショナルスプリントへ出走。だがゲート内で暴れ、レース中に落鉄するなど順調さを欠き11頭立ての10着[注 2]に敗れた[3]。9月に右前浅屈腱炎を発症、長期休養に入った[4]

2014年以降[編集]

2014年9月のセントウルステークスで約1年4か月ぶりに復帰し14着[5]。続くスプリンターズステークスでは最下位の18着に敗れた[6]。2015年のオーシャンステークス14着を最後に、3月12日付けで競走馬登録を抹消された。引退後は滋賀県の水口乗馬クラブで乗馬となる[1]

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 頭数 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量 距離(馬場) タイム
(上り3F)
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2009.07.26 小倉 2歳新馬 10 01.6 01人) 01着 川田将雅 54 ダ1000m(不) 0:59.2 (36.2) -0.1 (エムオーゴールド)
0000.09.06 小倉 小倉2歳S GIII 14 12.6 05人) 02着 佐藤哲三 54 芝1200m(良) 1:09.0 (34.9) -0.0 ジュエルオブナイル
0000.10.03 阪神 ききょうS OP 16 03.5 01人) 01着 佐藤哲三 56 芝1400m(良) 1:22.4 (35.5) -0.3 (ニシノモレッタ)
0000.11.14 東京 京王杯2歳S GII 17 03.3 01人) 04着 後藤浩輝 55 芝1400m(稍) 1:22.2 (34.9) -0.2 エイシンアポロン
0000.12.20 中山 朝日杯FS GI 16 20.9 06人) 12着 佐藤哲三 55 芝1600m(良) 1:35.1 (36.3) -1.1 ローズキングダム
2010.03.20 中京 ファルコンS GIII 18 04.9 02人) 04着 和田竜二 56 芝1200m(良) 1:09.0 (35.6) -0.3 エーシンホワイティ
0000.04.03 阪神 マーガレットS OP 16 04.0 01人) 08着 佐藤哲三 57 芝1400m(良) 1:21.7 (35.3) -0.4 シゲルモトナリ
0000.06.13 京都 CBC賞 GIII 18 13.7 07人) 02着 古川吉洋 52 芝1200m(稍) 1:09.0 (34.0) -0.1 ヘッドライナー
0000.08.15 小倉 北九州記念 GIII 18 05.1 02人) 11着 川田将雅 54 芝1200m(良) 1:08.0 (35.1) -0.9 メリッサ
0000.09.12 阪神 セントウルS GII 15 09.6 04人) 01着 川田将雅 55 芝1200m(良) 1:08.0 (33.7) -0.0 グリーンバーディー
0000.10.03 中山 スプリンターズS GI 16 14.8 06人) 04降 川田将雅 55 芝1200m(良) 1:07.4 (34.0) -0.0 ウルトラファンタジー
0000.11.27 京都 京阪杯 GIII 18 02.5 01人) 10着 古川吉洋 56 芝1200m(良) 1:08.5 (33.7) -0.5 スプリングソング
2011.03.05 中山 オーシャンS GIII 16 07.0 03人) 01着 川田将雅 58 芝1200m(良) 1:07.8 (33.8) -0.1 キンシャサノキセキ
0000.03.27 阪神 高松宮記念 GI 16 04.3 02人) 11降 川田将雅 57 芝1200m(良) 1:08.2 (34.5) -0.3 キンシャサノキセキ
0000.06.12 阪神 CBC賞 GIII 16 03.5 01人) 01着 川田将雅 58.5 芝1200m(良) 1:08.1 (33.7) -0.1 (ヘッドライナー)
0000.09.11 阪神 セントウルS GII 15 02.0 01人) 03着 川田将雅 58 芝1200m(良) 1:08.6 (34.1) -0.1 エーシンヴァーゴウ
0000.10.02 中山 スプリンターズS GI 15 06.4 02人) 11着 川田将雅 57 芝1200m(良) 1:08.3 (34.3) -0.9 カレンチャン
0000.11.03 大井 JBCスプリント JpnI 14 06.4 04人) 03着 横山典弘 57 ダ1200m(良) 1:10.3 (36.1) -0.2 スーニ
2012.03.03 中山 オーシャンS GIII 16 04.2 02人) 09着 横山典弘 56 芝1200m(重) 1:09.8 (36.1) -0.6 ワンカラット
0000.03.25 中京 高松宮記念 GI 18 15.8 06人) 04着 横山典弘 57 芝1200m(良) 1:10.4 (35.4) -0.1 カレンチャン
0000.07.01 中京 CBC賞 GIII 17 04.3 01人) 03着 横山典弘 59 芝1200m(重) 1:08.9 (34.4) -0.2 マジンプロスパー
0000.08.26 札幌 キーンランドC GIII 14 02.7 01人) 02着 横山典弘 56 芝1200m(良) 1:07.6 (33.8) -0.0 パドトロワ
0000.09.30 中山 スプリンターズS GI 16 12.9 06人) 16着 横山典弘 57 芝1200m(良) 1:08.1 (35.3) -1.4 ロードカナロア
2013.01.27 京都 シルクロードS GIII 16 07.1 04人) 02着 川田将雅 59 芝1200m(良) 1:08.6 (33.3) -0.0 ドリームバレンチノ
0000.03.02 中山 オーシャンS GIII 16 02.0 01人) 02着 川田将雅 56 芝1200m(良) 1:08.6 (35.0) -0.1 サクラゴスペル
0000.03.24 中京 高松宮記念 GI 17 23.1 06人) 05着 川田将雅 57 芝1200m(良) 1:08.5 (33.7) -0.4 ロードカナロア
0000.05.19 クランジ クリスフライヤーIS G1 11 04人) 10着 U.リスポリ 57 芝1200m(良[注 3] 1:11.33[7] (-) -2.62 Lucky Nine
2014.09.14 阪神 セントウルS GII 15 40.8 09人) 14着 川田将雅 56 芝1200m(良) 1:08.9 (35.3) -1.5 リトルゲルダ
0000.10.05 新潟 スプリンターズS GI 18 164.9 (18人) 18着 勝浦正樹 57 芝1200m(良) 1:09.8 (36.1) -1.0 スノードラゴン
2015.03.07 中山 オーシャンS GIII 16 79.7 (15人) 14着 大野拓弥 56 芝1200m(稍) 1:09.7 (34.9) -1.0 サクラゴスペル

血統表[編集]

ダッシャーゴーゴー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

サクラバクシンオー
1989 鹿毛
父の父
サクラユタカオー
1982 栗毛
*テスコボーイ Princely Gift
Suncourt
アンジェリカ *ネヴァービート
スターハイネス
父の母
サクラハゴロモ
1984 鹿毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*クリアアンバー Ambiopoise
One Clear Cal

*ネガノ
Negano(加)
1996 栗毛
Miswaki
1978 栗毛
Mr.Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
母の母
Madame Treasurer
1983 鹿毛
Key to the Mint Graustark
Key Bridge
Halo Dancer Halo
Slight Deception
母系(F-No.) 18号族(FN:18) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×5=9.38%、Princequillo5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ netkeiba.com ダッシャーゴーゴー 5代血統表2017年10月7日閲覧
  2. ^ netkeiba.com ダッシャーゴーゴー 5代血統表2017年10月7日閲覧
  3. ^ netkeiba.com ダッシャーゴーゴー 5代血統表2017年10月7日閲覧
  4. ^ netkeiba.com ダッシャーゴーゴー 5代血統表2017年10月7日閲覧

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 最初に記録したのはブエナビスタ。GIの出走機会及び同一騎手での2回連続での降着は本馬が初となる。
  2. ^ 1頭競走中止のため、実質最下位。
  3. ^ 公式発表は "Good" で、日本では良馬場に相当。

出典[編集]

  1. ^ a b ダッシャーゴーゴー号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2015年3月11日). 2015年3月11日閲覧。
  2. ^ 【スプリンターズS】ロードカナロア レコードでG1初制覇!”. スポーツニッポン (2012年9月30日). 2013年5月22日閲覧。
  3. ^ 【クリスフライヤー国際S】ダッシャーゴーゴー 集中力欠き10着”. スポーツニッポン (2013年5月20日). 2013年5月22日閲覧。
  4. ^ ダッシャーゴーゴー、ツルマルレオンが屈腱炎で9か月以上の休養”. netkeiba.com (2013年9月5日). 2015年3月12日閲覧。
  5. ^ 【セントウルS】戦い終えて”. スポーツニッポン (2014年9月15日). 2015年3月12日閲覧。
  6. ^ 【スプリンターズS】戦い終えて”. スポーツニッポン (2014年10月6日). 2015年3月12日閲覧。
  7. ^ View Race Result”. Singapore Turf Club (2013年5月19日). 2013年5月22日閲覧。

参考文献[編集]