ダニエル・ギルデンロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ダニエル・ギルデンロウ
Daniel Gildenlöw
Daniel Gildenlow.jpg
ペイン・オヴ・サルヴェイションのライブで演奏するダニエル・ギルデンロウ
基本情報
生誕 (1973-06-05) 1973年6月5日(47歳)
出身地  スウェーデン エシルストゥーナ
ジャンル ロックオルタナティヴ・メタルプログレッシブ・メタルプログレッシブ・ロックアート・ロック現代音楽
職業 ミュージシャンソングライター音楽プロデューサー
活動期間 1984年 -
レーベル インサイド・アウト・ミュージックアヴァロン・レーベルセンチュリー・メディア・レコード
共同作業者 ペイン・オヴ・サルヴェイションフラワー・キングススパスティック・インク英語版トランスアトランティックエイリオンザ・シー・ウィズイン

ダニエル・ギルデンロウDaniel Gildenlöw1973年6月5日 - スウェーデンセーデルマンランド県エシルストゥーナ生まれ)は、スウェーデンのミュージシャン、ソングライター。ペイン・オヴ・サルヴェイションのボーカル。フラワー・キングスの元メンバー。

経歴[編集]

1984年、ペイン・オヴ・サルヴェイションのもととなるバンド、Realityを11歳という若さで結成する。1987年には、母国の大先輩バンドにあたるヨーロッパが賞を取ったことでも有名な、Rock-SMというコンテストに最年少バンドとしてノミネート。[1]受賞はしなかったものの、ベスト・ヴォーカリストとして、自身が選出される。1991年に、バンドの名称をペイン・オブ・サルヴェイションに改め、1997年に、ファーストアルバム『エントロピア』をリリースし、メジャーデビュー。高い評価を獲得する。ペイン・オブ・サルベイションでの活動以外でも、フラワー・キングスのアルバム、『アンフォールド・ザ・フューチャー』にゲストとして参加したのをきっかけに、2005年まで活動を共にする。その他にも、エイリオンのアルバムにゲスト参加をするなど、多方面で活動している。

2014年壊死性筋膜炎を発症。程なくして、彼はスウェーデンのウプサラにある病院に入院した。

2017年に自身の病の体験を『イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ』として、ペイン・オヴ・サルヴェイションでリリースした。

人物[編集]

  • ペイン・オブ・サルベイションの元メンバー、クリストファー・ギルテンロウは実の弟である。
  • 三人の子供の父である。

参加作品[編集]

ペイン・オヴ・サルヴェイション[編集]

フラワー・キングス[編集]

  • 『アンフォールド・ザ・フューチャー』 - Unfold the Future (2002年)
  • 『アダム&イヴ』 - Adam & Eve (2004年)

ゾビアック[編集]

  • GMC・アウト・イン・ザ・フレンズ』 - GMC Out in the Fields (2002) (ギター)

クリプト・オブ・ケルべロス[編集]

  • 『マクロデックス・オブ・ウォー』 - The Macrodex of War (2005)

ダニエレ・リブラニ[編集]

  • Genius : A Rock Opera-Episode 1-A Human into A Dream World (vocals) as Twinspirit n.32
  • Genius : A Rock Opera-Episode 2-In Search of the Little Prince (2004) (vocals) as Twinspirit n.32
  • Genius : A Rock Opera-Episode 3-The final surprise (2007) (vocals) as Twinspirit n.32

アクサメンタ[編集]

  • 『エバー・アーチ・アイ・テック・トゥレ』 ‐ Ever-Arch-I-Tech-Ture (2006) (一部トラックでヴォーカルとして参加)

スパスティック・インク[編集]

  • インク・コンパティブル・ソング・インタイルド・"メリッサズ・フレンド"』 - Ink Compatible Song Entitled "Melissa's Friend"(2004) (ヴォーカル

トランスアトランティック[編集]

  • 『ライブ・イン・ヨーロッパ』 - Live in Europe (2003) (ギター, キーボード, パーカッション, ヴォーカル)
  • ウォールドツアー2010:ライブ・イン・ロンドン』 - Whirld Tour 2010: Live in London (2010) (キーボード, ギター, パーカッション, サンプル, ヴォーカル)
  • 『カレイド・スコープ』- Kaleidoscope (2014) (guest vocals on "Into the Blue")

ドリーム・シアター[編集]

脚注[編集]

  1. ^ AVALON online. - show index page.”. www.marquee.co.jp. 2020年3月10日閲覧。