ダニエル・ゴセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ダニエル・ゴセット
Daniel Gossett
ボストン・レッドソックス (マイナー)
Daniel Gossett.jpg
オークランド・アスレチックス時代
(2017年8月23日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスカロライナ州スパータンバーグ郡ライマン英語版
生年月日 (1992-11-13) 1992年11月13日(28歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 MLBドラフト2巡目
初出場 2017年6月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダニエル・ジェームズ・ゴセットDaniel James Gossett, 1992年11月13日 - )は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州スパータンバーグ郡ライマン英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBボストン・レッドソックス傘下所属。愛称はグースGoose[1]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2011年MLBドラフト16巡目(全体502位)でボストン・レッドソックスから指名された[2]が、契約せずにクレムゾン大学へ進学した。

プロ入りとアスレチックス時代[編集]

2014年MLBドラフト2巡目(全体65位)でオークランド・アスレチックスから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級バーモント・レイクモンスターズ英語版でプロデビュー。12試合(先発1試合)に登板して1勝0敗、防御率2.25、25奪三振を記録した。

2015年はA級ベロイト・スナッパーズ英語版でプレーし、27試合に先発登板して5勝13敗、防御率4.73、112奪三振を記録した。

2016年はA+級ストックトン・ポーツ、AA級ミッドランド・ロックハウンズ、AAA級ナッシュビル・サウンズでプレーし、3球団合計で27試合に先発登板して10勝6敗、防御率2.69、151奪三振を記録した。

2017年は開幕からAAA級ナッシュビルでプレーし、6月14日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。メジャーデビューとなった同日のマイアミ・マーリンズ戦では、先発して3.1回で6失点の投球で敗戦投手となった[4]。この年メジャーでは18試合に先発登板して4勝11敗、防御率6.11、72奪三振を記録した。

2018年は5試合に先発登板して0勝3敗、防御率5.18、12奪三振を記録した。7月にはトミー・ジョン手術を受けている[5]

2019年は前年の手術の影響で全休した。

2020年7月22日にDFAとなり[6]、27日に自由契約となった[7]

レッドソックス傘下時代[編集]

2021年1月4日にボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ[8]

投球スタイル[編集]

速球系ではフォーシームツーシームを投げ、変化球ではスライダーカーブチェンジアップを使用する[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 OAK 18 18 0 0 0 4 11 0 0 .267 414 91.1 116 21 33 0 0 72 0 0 67 62 6.11 1.61
2018 5 5 0 0 0 0 3 0 0 .000 102 24.1 25 5 8 0 1 12 1 0 14 14 5.18 1.36
MLB:2年 23 23 0 0 0 4 14 0 0 .222 516 115.2 141 26 39 0 1 84 0 0 81 76 5.91 1.56
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2017 OAK 18 8 12 0 0 1.000
2018 5 1 3 0 1 1.000
MLB 23 9 15 0 1 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 48(2017年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ Explaining A's Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年12月18日閲覧
  2. ^ Todd Shanecy (2011年6月7日). “Red Sox pick Byrnes’ Gossett in 16th round of MLB draft” (英語). GoUpState.com. 2017年12月18日閲覧。
  3. ^ Alex Hall (2017年6月14日). “Oakland A’s call up Daniel Gossett, option Matt Olson to Triple-A” (英語). SB Nation. 2017年12月18日閲覧。
  4. ^ Ozuna HR starts comeback as Marlins beat A's 11-6
  5. ^ Alex Hall (2018年7月31日). “Oakland A’s injury update: Daniel Gossett to have Tommy John surgery” (英語). SB Nation. 2020年7月24日閲覧。
  6. ^ Steve Adams (2020年7月22日). “Athletics Designate Daniel Gossett For Assignment” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年7月24日閲覧。
  7. ^ Connor Byrne (2020年7月27日). “Athletics Release Daniel Gossett” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年7月28日閲覧。
  8. ^ Ian Browne (2021年1月4日). “Gossett, Red Sox reach Minors deal (source)” (英語). MLB.com. 2021年2月7日閲覧。
  9. ^ Daniel Gossett Baseball Statistics 2012-2017”. Baseball Cube. 2017年12月18日閲覧。

関連項目[編集]