ダニエル・フリードマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニエル・フリードマン
Daniel Friedman
職業 弁護士、作家
言語 英語
最終学歴 メリーランド大学カレッジパーク校
ニューヨーク大学ロースクール[1]
活動期間 2012年 -
ジャンル ミステリ
主な受賞歴 マカヴィティ賞新人賞
デビュー作 『もう年はとれない』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ダニエル・フリードマンDaniel Friedman)は、アメリカ合衆国弁護士推理作家ニューヨーク在住。メリーランド大学カレッジパーク校及びニューヨーク大学ロースクール卒業[1]

2012年に発表した処女作『もう年はとれない』(原題:Don't Ever Get Old )が、エドガー賞 処女長編賞[2]アンソニー賞新人賞[3]国際スリラー作家協会賞[4]にノミネートされ、マカヴィティ賞新人賞を受賞する[5]など高評価された。『シャーロック・ホームズ』のプロデューサー陣が映画化権を獲得している[1]2014年に続編『もう過去はいらない』(原題:Don't Ever Look Back )が刊行された。

日本でも、翻訳ミステリー大賞にノミネートされたほか、文庫翻訳ミステリー・ベスト10で第4位(読者部門は第1位)[6]週刊文春ミステリーベスト10で第5位[7]このミステリーがすごい!で第5位、ミステリが読みたい!で第5位など、各種ブック・ランキングで上位にランクインした。

作品リスト[編集]

邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
日本の旗
訳者
日本の旗
出版社
もう年はとれない Don't Ever Get Old 2012年 2014年8月 野口百合子 東京創元社創元推理文庫
もう過去はいらない Don't Ever Look Back 2014年 2015年8月

出典[編集]

  1. ^ a b c Daniel Friedman”. 2015年7月5日閲覧。
  2. ^ 2013 Edogar Nominations - Press Release (PDF)”. アメリカ探偵作家クラブ. 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ Anthony Award Nominees and Winners”. バウチャーコン. 2014年10月5日閲覧。
  4. ^ Past Nominees and Winners”. 国際スリラー作家協会. 2016年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月5日閲覧。
  5. ^ Macavity Awards”. Mystery Readers International. 2014年10月5日閲覧。
  6. ^ もう年はとれない - ダニエル・フリードマン / 野口百合子 訳”. 東京創元社. 2015年7月5日閲覧。
  7. ^ 週刊文春ミステリーベスト10 2014年【海外部門】第1位は『その女アレックス』”. 週刊文春WEB (2014年12月4日). 2015年7月5日閲覧。