ダニエル・リンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はロドリゲス第二姓(父方の)はリンスです。
ダニエル・リンス
Danielle Rodrigues Lins
 No.3
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Dani Lins, Grand Prix Łódź, Poland.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1985-01-05) 1985年1月5日(33歳)
出身地 ペルナンブーコ州レシフェ
ラテン文字 Danielle Rodrigues Lins
身長 181cm
体重 68kg
選手情報
所属 ブラジルの旗 Sesi/SP
ポジション S
スパイク 290cm
ブロック 276cm
 
獲得メダル
Flag of Brazil.svg ブラジル
女子 バレーボール
オリンピック
2012 ロンドン
世界選手権
2010 東京
2014 ミラノ
グラチャン
2009 福岡
ワールドグランプリ
2009 東京
2010 寧波
2011 澳門
2012 寧波
2013 札幌
2014 東京
2016 バンコク
パンアメリカン競技大会
2011 グアダラハラ
テンプレートを表示

ダニエル・リンス(Danielle Rodrigues Lins[1]1985年1月5日 - )は、ブラジルの女子バレーボール選手。レシフェ出身。ポジションはセッター[2]ブラジル代表。欧米では「ダニ・リンス(Dani Lins)」として知られている[3]

来歴[編集]

ペルナンブーコ州レシフェ出身[2]。2003年から2005年までOsascoバレーボールクラブに所属し、2005/06シーズンにはPinheiros/Blue Lifeに移籍[4]、更に2006年にはユニリーバに移籍した。

ブラジル代表[編集]

2003年にパンアメリカン競技大会および女子パンアメリカンバレーボール杯で4位入賞に貢献した[4]代表監督のジョゼ・ギマラエスは、2009年8月1日にフォフォンに代わり、リンスを主将とした[5]。同年のワールドグランプリでは優勝を果たした[6]

2011年のメキシコで開催されたパンアメリカン競技大会キューバに3-2で勝利し優勝、自らもベストセッター賞を獲得した[7]

2012年8月のロンドンオリンピックでは、チーム2連覇に貢献した。2014年8月のワールドグランプリでは2連覇に貢献し、ベストセッター賞を受賞した。

2016年、リオ五輪に出場した。その後は代表から離れていたが、2018年の世界選手権で代表復帰した。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dani Lins” (Portuguese). Rexona-Ades. 2009年8月24日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b Dani Lins”. Fédération Internationale de Volleyball. 2009年8月24日閲覧。
  3. ^ シャツネームも「DANI LINS」である。
  4. ^ a b Danielle Rodrigues Lins (Dani Lins)” (Portuguese). Central Esportiva (2008年5月29日). 2011年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月24日閲覧。
  5. ^ Dani Lins aceita missão de substituir Fofão: 'Acho essa ideia ótima'” (Portuguese). [O Globo (2009年8月24日). 2009年8月1日閲覧。
  6. ^ “No limite, Brasil ganha o 8° Grand Prix”. Folha de S. Paulo Esportes: D5. (2009年8月24日). 
  7. ^ FIVB (2011年10月20日). “Brazil wins fourth Pan Am Games gold medal”. 2011年10月20日閲覧。
  8. ^ [1]