ダニーロ・グスターボ・ヴェルグネ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はヴェルグネ第二姓(父方の)はゴメスです。
ダニーロ・ゴメス Football pictogram.svg
名前
本名 ダニーロ・グスターボ・ヴェルグネ・ゴメス
Danilo Gustavo Vergne Gomes[1]
ラテン文字 DANILO Gomes
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1981-10-15) 1981年10月15日(35歳)
出身地 サルヴァドール[2]
身長 176cm[3]
体重 76kg[3]
選手情報
在籍チーム ガリシアEC
ポジション MF[3]FW[3]
利き足 右足[3]
ユース
ヴィトーリア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000 ヴィトーリア
2001 ポルトゥゲーザ
2002-2004 バイーア
2004 インテルナシオナル 18 (11)
2005-2006 FC東京 5 (0)
2005-2006 アトラス 27 (5)
2006 クルス・アスル 6 (0)
2007 バイーア 8 (0)
2007-2008 アトラス 4 (0)
2008-2009 レオン
2010 ブラガンチーノ
2011 フルミネンセ・フェイラ 7 (2)
2011 サン・ジョゼ-RS 6 (0)
2011 トレーゼ 10 (0)
2012 パウリスタ 9 (5)
2012 レッドブル・ブラジル 10 (2)
2012 グアラチンゲタ 18 (1)
2012 サン・ルイス 0 (0)
2012-2013 ミラソウ 1 (0)
2013 サルゲイロ 2 (0)
2014- ガリシア 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014.12.29現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニーロ・ゴメス (Danilo Gomes) こと、ダニーロ・グスターボ・ヴェルグネ・ゴメス(Danilo Gustavo Vergne Gomes、1981年10月15日 - )は、ブラジルバイーア州サルヴァドール出身のサッカー選手。ポジションは主に攻撃的ミッドフィールダー[4]

経歴[編集]

プロサッカー選手だった父の影響もあって、幼少時よりサッカーを始める[5]。その後、ECヴィトーリアの下部組織に入り、19歳の時にバイーア州選手権でトップチームデビュー[5]

ECバイーアで主力として活躍して、2004年途中にSCインテルナシオナルに移籍。同年の全国選手権で18試合11得点[6]の活躍がFC東京スカウトの目に留まり[5]2005年にMFケリーの後釜としてFC東京に加入[7]。登録名は「ダニーロ」となった。入団早々の「将来は日本代表になりたい」という発言で実戦前から話題となり[8]、チーム内でも高い技術に期待を寄せられていたが[9]、自身初の国外移籍とあって日本のサッカーにフィットしきれず[10]、リーグ戦出場は5試合のみにとどまり、シーズン途中にメキシコのCFアトラスへと期限付き移籍[11]、翌2006年には完全移籍した[1]

2007年、古巣のバイーアに復帰。チームにはダニーロ・リオス (Danilo Riosがいたことから[6]、登録名を「ダニーロ・ゴメス」とした。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ブラジル リーグ ブラジル杯 リーグ杯 通算
2000 ヴィトーリア
2001 ポルトゥゲーザ
2002 バイーア
2003 (en セリエA 28 6
2004 (pt BA州 10 4
2004 (en インテルナシオナル セリエA 18 11
日本 リーグ 天皇杯 リーグ杯 通算
2005 FC東京 J1 5 0 - 3 0 8 0
メキシコ リーグ カップ リーグ杯 通算
2005A (en アトラス プリメーラ 13 2
2006C (en 14 3
2006A (en クルス・アスル 6 0
ブラジル リーグ ブラジル杯 リーグ杯 通算
2007 (en バイーア セリエC 8 0
メキシコ リーグ カップ リーグ杯 通算
2008C (en アトラス プリメーラ 4 0
2008A (en レオン アセンソ
2009C (en 10 3
ブラジル リーグ ブラジル杯 リーグ杯 通算
2010 (en ブラガンチーノ SP州 6 0 - -
2010 (en セリエB
2011 (pt フルミネンセ・フェイラ BA州 7 2 -
2011 (en サン・ジョゼ-RS RS州 6 0 1 0
2011 (en トレーゼ セリエD 10 0
2012 (en パウリスタ SP州 9 5
2012 (pt RBブラジル SP州2部 10 2 -
2012 (en グアラチンゲタ セリエB 18 1 -
2012 サン・ルイス -
2013 (en ミラソウ SP州 1 0 -
2013 (pt サルゲイロ PE州 2 0
2014 (pt ガリシア BA州 7 0 -
通算 ブラジル セリエA 46 17
ブラジル セリエB 18 1
ブラジル セリエC 8 0
ブラジル セリエD 10 0
ブラジル 州選手権 58 13
日本 J1 5 0 0 0 3 0 8 0
メキシコ プリメーラ 37 5
メキシコ アセンソ 10 3
総通算 192 39
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
CONMEBOL スダメリカーナ杯 リベルタドーレス杯
2004 (en インテルナシオナル 5 1 -
2008 (en アトラス 22 - 3 0
通算 CONMEBOL 5 1 3 0

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ダニーロ選手 アトラス・グアダラハラへ完全移籍決定のお知らせ”. 2006年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。 FC東京 (2006年2月27日)
  2. ^ a b c Treze contrata meia que jogou no Inter-RS, Japão e México トレーゼFC (2011年6月5日)(ポルトガル語)
  3. ^ a b c d e f Salgueiro contrata Léo Alemão (zagueiro) e Danilo Gomes (meia). サルゲイロAC (2013年3月7日)(ポルトガル語)
  4. ^ a b c Mirassol FC contrata goleiro Diego, ex-Flamengo, e meia-atacante Danilo Gomes ミラソウFC (2012年12月18日)(ポルトガル語)
  5. ^ a b c 『FC東京ファンブック2005』 毎日新聞社2005年、78-79頁。ISBN 4620792535。
  6. ^ a b c Rubro anuncia a contratação do meia Danilo Gomes ECサン・ルイス (2012年11月26日)(ポルトガル語)
  7. ^ a b c d e ダニーロ選手移籍加入決定のお知らせ”. 2004年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。 FC東京 (2004年12月28日)
  8. ^ 本紙だけに仰天告白 ダニーロ日本代表になる”. 2007年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年9月16日閲覧。 東京中日スポーツ (2005年1月28日)
  9. ^ 石垣島合宿を振り返って (上)”. 2005年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。 東京中日スポーツ (2005年2月10日)
  10. ^ 飽くなき娯楽性と大勝利の追求、05シーズン版FC東京 (2/3) スポーツナビ (2005年4月29日)
  11. ^ a b ダニーロ選手 アトラス・グアダラハラへ期限付移籍決定のお知らせ”. 2005年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月12日閲覧。 FC東京 (2005年7月1日)
  12. ^ Danilo chega para ser o maestro do Touro フルミネンセ・フェイラFC (2010年12月7日)(ポルトガル語)
  13. ^ Danilo Gomes deixa o Touro フルミネンセ・フェイラFC (2011年2月15日)(ポルトガル語)

関連項目[編集]