ダニー・ピュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダニー・ピュー Football pictogram.svg
Danny Pugh.jpg
ストーク時代(2009年)
名前
本名 ダニエル・アダム・ピュー
Daniel Adam Pugh
愛称 ピューイー
カタカナ ダニー・ビュー
ラテン文字 Danny PUGH
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1982-10-19) 1982年10月19日(36歳)
出身地 チードル・ヒューム英語版
身長 183cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ポート・ヴェイルFC
ポジション DF / MF (LSB, LMF, DMF)
背番号 12
利き足 左足
ユース
1992-2002 イングランドの旗 マンチェスター・U
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 イングランドの旗 マンチェスター・U 2 (0)
2004-2006 イングランドの旗 リーズ 50 (5)
2006-2008 イングランドの旗 プレストン 52 (4)
2007-2008 イングランドの旗 ストーク (loan) 14 (0)
2008-2012 イングランドの旗 ストーク 53 (1)
2010 イングランドの旗 プレストン (loan) 5 (0)
2011-2012 イングランドの旗 リーズ (loan) 17 (2)
2011-2014 イングランドの旗 リーズ 41 (1)
2013 イングランドの旗 シェフィールド・W (loan) 16 (1)
2014-2015 イングランドの旗 コヴェントリー 5 (0)
2015-2016 イングランドの旗 ベリー 39 (0)
2016-2017 イングランドの旗 ブラックプール 18 (0)
2017- イングランドの旗 ポート・ヴェイル 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年2月4日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエル・アダム・"ダニー"・ピューDaniel Adam "Danny" Pugh, 1982年10月19日 - )は、イングランドグレーター・マンチェスター出身のサッカー選手。ポート・ヴェイルFC所属。ポジションはDFMF

経歴[編集]

初期[編集]

マンチェスター・ユナイテッドFCのアカデミー出身。2004年にマンチェスター・ユナイテッドがリーズ・ユナイテッドAFCよりアラン・スミスを獲得した際、契約の一部に伴って交換要員としてリーズへと移籍する。

リーズ[編集]

プレミアリーグからの降格、多大なる金銭問題から選手数も足りず、満足に練習グラウンドすら使えなかった苦境のリーズだったが、ピューはいち早く活躍を見せた。本来は守備的な選手だが、クラブ事情から攻撃的である左サイドハーフでの起用にも応えてチームを牽引。2004-05シーズンのクラブ得点王となるデイヴィッド・ヒーリーが入団してからは主に左サイドバックとしてプレーし、50試合に出場し5得点を記録した。翌季は当時監督のケヴィン・ブラックウェル英語版から構想外とされ、殆ど出番は無くシーズンを終えた。2006年にリーズを退団。

プレストン[編集]

2006年6月にプレストン・ノースエンドFCに移籍。プレストンでは中盤としての起用も見られ、本職の左サイドではないプレーを多く経験した。

ストーク[編集]

2007年11月2日、ストーク・シティFCはピューを獲得した。完全移籍を含んだローン契約で、2008年1月3日には完全移籍を果たす。主に左サイドのMFと左サイドバックとして活躍した。その翌年には控えに回るが、レギュラーのダニー・ヒギンボザムが負傷すると代役を務めた。ストークがプレミアリーグに昇格してからはそれほどレギュラーとしてプレーしていなかったが、当時ストーク監督のトニー・ピューリスはピューを評価して2010年12月20日に2013年までの契約を締結した。

リーズへの帰還[編集]

2011年9月22日、完全移籍のオプション付きローンでリーズに移籍。5年振りの古巣復帰を果たした。ローンが終了する間際、ピューリスはもう少しの間ピューをストークに留めておきたい意向を明かしたが、[1][2]2012年1月2日に2年半年契約でリーズに移籍。リーズでは本職の左サイドバックを務めたが、負傷者が出ると中盤でもプレーした。2013年1月に当時監督であったニール・ウォーノック英語版の構想から外れ、シェフィールド・ウェンズデイFCへとローンで放出された。そのまま完全に放出される憶測が飛び交ったが[3]、その後のリーズ監督であるブライアン・マクダーモットはピューを評価してチームに留めた。2013年はまるで出番が無かったが、2014年に入ってから出場機会を得始める。そのままレギュラーとしてシーズンを終えた。 2014年5月16日、契約満了によりリーズを退団。

コヴェントリー以降[編集]

2014年7月16日、1年契約でフットボールリーグ1の古豪であるコヴェントリー・シティFCに移籍。シーズンオフに契約満了し、退団した。2015年7月、自身の地元クラブであるベリーFCと1年契約で移籍した。2017年1月31日、ブラックプールFCとの契約を双方合意の下解除しポート・ヴェイルFCにシーズン終了までの契約で加入した[4]

脚注[編集]