ダビド・ディ・ミケーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ダヴィド・ディ・ミケーレ Football pictogram.svg
David Di Michele (2007).jpg
トリノ時代(2007年)
名前
ラテン文字 David DI MICHELE
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1976-01-06) 1976年1月6日(41歳)
出身地 グイドーニア・モンテチェーリオ
身長 178cm
体重 76kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
1992-1993 イタリアの旗 ロディジャーニ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1996 イタリアの旗 ロディジャーニ 43 (6)
1996-1998 イタリアの旗 フォッジャ 68 (14)
1998-2001 イタリアの旗 サレルニターナ 92 (40)
2001-2006 イタリアの旗 ウディネーゼ 78 (23)
2002-2004 イタリアの旗 レッジーナ (loan) 62 (15)
2006-2007 イタリアの旗 パレルモ 48 (16)
2007-2010 イタリアの旗 トリノ 43 (10)
2008-2009 イングランドの旗 ウェストハム (loan) 30 (4)
2010 イタリアの旗 レッチェ (loan) 19 (3)
2010-2012 イタリアの旗 レッチェ 52 (19)
2012-2013 イタリアの旗 キエーヴォ 11 (1)
2013-2015 イタリアの旗 レッジーナ 71 (19)
2015 イタリアの旗 ルーパ・ローマ英語版 8 (1)
1993-2015 通算 625 (170)
代表歴
2005-2006 イタリアの旗 イタリア 6 (0)
監督歴
2016 イタリアの旗 ルーパ・ローマ(技術コーチ)
2016 イタリアの旗 ルーパ・ローマ
2016- イタリアの旗 ルーパ・ローマ
1. 国内リーグ戦に限る。2016年2月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダヴィド・ディ・ミケーレDavid Di Michele, 1976年1月6日 - )は、イタリアラツィオ州ローマ県グイドーニア・モンテチェーリオ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

1993年、地元のクラブで当時セリエC1所属のASロディジャーニでプロデビュー。セリエBのクラブを転々とした後、活躍が認められて2001年ウディネーゼ・カルチョへ移籍するが、大きな活躍はできなかった。2006-07シーズンにはUSチッタ・ディ・パレルモへ移籍。

熱狂的なASローマティフォージで2006-07シーズン終了後には「早くローマに行きたい」とコメントするも、トリノFCへの移籍が決まった。2007年3月にウディネーゼ時代の賭博疑惑により、3ヶ月の出場停止処分を受けた上、監督と対立するなど活躍できなかった。2008-09シーズンはイングランドウェストハム・ユナイテッドFCレンタル移籍し、ジャンフランコ・ゾラ監督の下でまずまずの活躍を見せた。

2009-10シーズンのトリノに復帰後、ステファノ・コラントゥオーノ監督よりキャプテンに任命された。しかし、クラブは不振で後述の暴行事件の被害もあり退団を希望し、USレッチェへレンタル。シーズン終了後、完全移籍。

2012年7月、ACキエーヴォ・ヴェローナへ移籍[1]したが、2013年1月に契約を解消[2]。直後にセリエBのレッジーナ・カルチョと契約した[3]

2015年8月7日、レガ・プロのルーパ・ローマFCに加入することが決定した[4]。同年11月1日に20年以上の現役生活に終止符を打ち、同クラブのスタッフに転身することが発表された[5]

代表[編集]

長年、代表候補止まりであったが2005年に代表デビューすると、ドイツW杯直後から代表に名を連ねていた。

指導者時代[編集]

2016年1月よりルーパ・ローマFCのテクニカルコーチに就任。4月からは同クラブの監督を務めたが半年でその座を退いた[6]。翌11月17日、再び指揮官として招聘された[7]

エピソード[編集]

  • 2010年1月、トリノFCのチームメートによる自身の誕生日サプライズパーティにおいて、覆面をした集団に襲撃される事件があった。暴漢たちはディ・ミケーレを始め、リッカルド・コロンボ、ロランド・ビアンキマッテオ・ルビンなどパーティに参加していた選手たちに暴行を加えて逃走した。これは、成績不振と八百長疑惑に怒ったウルトラスによる犯行と思われる。

所属クラブ[編集]

イタリアの旗 レッジーナ・カルチョ 2002-2004(レンタル移籍
イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC 2008-2009(レンタル移籍)
イタリアの旗 USレッチェ 2010-2011 (レンタル移籍)

指導歴[編集]

  • イタリアの旗 ルーパ・ローマFC 2016.1-4(テクニカルコーチ)
  • イタリアの旗 ルーパ・ローマFC 2016.4-10
  • イタリアの旗 ルーパ・ローマFC 2016.11-

代表歴[編集]

イタリア代表 2005-2006

タイトル[編集]

クラブ[編集]

レッチェ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Ufficiale: Di Michele firma con il Chievo” (Italian). A.C. ChievoVerona. (2012年7月13日). http://chievocalcio.tv/it/news/ufficiale-di-michele-firma-con-il-chievo 2012年7月13日閲覧。 
  2. ^ “Chievo-Di Michele: risoluzione consensuale del contratto” (Italian). A.C. ChievoVerona. (2013年1月11日). http://www.chievoverona.it/it/news/chievo-di-michele-risoluzione-consensuale-del-contratto 2013年2月17日閲覧。 
  3. ^ “David Di Michele è un calciatore della Reggina” (Italian). Reggina Calcio. (2013年1月11日). http://www.regginacalcio.com/news/archivio-stagione/6798-di-m.html 2013年2月17日閲覧。 
  4. ^ UFFICIALE: Lupa Roma, colpo Di Michele”. TuttoMercatoWeb.com (2015年8月7日). 2016年2月1日閲覧。
  5. ^ ESCLUSIVA TMW - Lupa Roma, Di Michele potrebbe entrare nello staff di Maurizi”. TuttoMercatoWeb.com (2015年11月1日). 2016年2月1日閲覧。
  6. ^ UFFICIALE: Lupa Roma, esonerato David Di Michele”. TuttoMercatoWeb.com (2016年10月11日). 2017年1月10日閲覧。
  7. ^ UFFICIALE: Lupa Roma, David Di Michele torna in panchina”. TuttoMercatoWeb.com (2016年11月17日). 2017年1月10日閲覧。