ダビド・ビジャボナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はビジャボナ第二姓(母方の)はエチャレクです。
ダビド・ビジャボナ Football pictogram.svg
名前
本名 David Villabona Echalecu
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1969-12-05) 1969年12月5日(49歳)
出身地 ギプスコア県イルン
身長 175cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1989 レアル・ソシエダB 30 (3)
1987-1990 レアル・ソシエダ 42 (1)
1990-1993 アスレティック・ビルバオ 59 (1)
1993-2001 ラシン・サンタンデール 120 (11)
通算 251 (16)
代表歴
1987 スペイン U-17 10 (0)
1986-1988 スペイン U-18 1 (0)
1988-1989 スペイン U-19 8 (0)
1988-1990 スペイン U-20 5 (0)
1990-1991 スペイン U-21 6 (0)
1991-1992 スペイン U-23 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダビド・ビジャボナ・エチャレクスペイン語: David Villabona Echalecu, 1969年12月5日 - )は、スペインギプスコア県イルン出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

バスク地方ギプスコア県イルンに生まれ、地元のレアル・ソシエダの下部組織で育った。1986-87シーズンにトップチームデビューし、1988-89シーズンまでの3シーズンの出場数はわずか7試合だったが、20歳でレギュラーに定着した1989-90シーズンにはプリメーラ・ディビシオンで5位となった。

1990年にはライバルのアスレティック・ビルバオに移籍した[1]。初年度の1990-91シーズンは30試合、1991-92シーズンは25試合に出場した。1992年にはU-23スペイン代表としてバルセロナオリンピックに出場し、自国開催の大会で金メダルを獲得した[2]。しかしその後はホス・ウルティアや若いフレン・ゲレーロとの競争に敗れ、1992-93シーズンと1993-94シーズンは2シーズン合わせて4試合の出場にとどまった。

1994年1月にはラシン・サンタンデールに移籍した。1994-95シーズンには自己最多の4得点、1995-96シーズンには5得点を挙げた。1997-98シーズンからは度重なる負傷のために出場機会が減り、2000-01シーズン終了後にラシン・サンタンデールがセグンダ・ディビシオンに降格したため、31歳で現役を引退した。

タイトル[編集]

脚注[編集]