ダフィーはロビンフッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ダフィーはロビンフッド
Robin Hood Daffy
監督 チャック・ジョーンズ
脚本 マイケル・マルティーズ
製作総指揮 ジョン・W・バートン
出演者 メル・ブランク
音楽 ミルト・フランクリン
配給 ワーナー・ブラザース
 ヴァイタフォン
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年3月8日
上映時間 6分43秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 スパゲッティ・カナリヤン
次作 マーヴィン・アタック 
テンプレートを表示

ダフィーはロビンフッド』(Robin Hood Daffy、 1958年3月8日)とは、アメリカ合衆国映画会社ワーナー・ブラザースの短編アニメシリーズのメリー・メロディーズによる作品。旧吹替えの邦題は「ダフィーのロビンフッド」。

プロット[編集]

この映画は、伝説的な無法者ロビン・フッドの役を演じるダフィー・ダックをフィーチャーし、タンブーラに似た首の長いリュートで歌を演奏する彼の緊張を開きます。彼が歌いながら慌てている間、彼はつまずいて丘を転がり落ち(まだ歌っている)、土手から川へと流れ込んだ。

見ているのは、ダフィーの不名誉な急落に怒り狂って笑う、タック修道士の人物としてのポーキーピッグです。イライラしたダフィーは、木の幹の橋でこん棒(「実際には、こん棒ですが、私は彼にそれを言っていません!」)で彼のスキルを証明しようとしますが、なんとか自分自身を打つことができますそれを持った顔は、映画全体で繰り返される視覚的なギャグになるもので彼の法案を曲げます。思いとどまらず、ダフィーは再試行しますが、こん棒を回転させている間、ポーキーは木製のだぼでそれを止め、その結果、ダフィー自身が回転して川に戻ります。彼は水から出て、ポーキーと対峙します。ポーキーは再び笑い声になりました。ダフィーは最初はイライラしますが、その後再びイライラする前に彼と一緒に笑い始めます。

見せびらかすことをあきらめたダフィーは立ち去ろうとしますが、ポーキーは「旅するピエロ」に続いて、ロビン・フッドの隠れ家の所在を知っているかどうか尋ねます。ダフィーは彼がロビンフッドであることを誇らしげに発表しますが、ポーキーは彼を信じません。

ダフィーはロビンフッドであることを証明するために、跳ねるラバで金持ちの旅行者を奪い、「貧しい価値のないスロブに」お金を渡そうとすることをポーキーに知らせます。ポーキーに見守られているダフィーは、旅行者を止めようとするすべての試みに哀れなことに失敗し、通常はその過程で自分自身を傷つけます。ダフィーは最初に旅行者を矢で撃とうとしましたが、結局自分の弓から発砲して木にぶつかり、頭がトランクに突き刺さった状態になりました。しばらくして、ダフィーは(今でも根こそぎにされた木の幹を頭で通り抜けている)、皮肉を込めて「ああ、どうしてあなたを疑うことができなかったのか。金をすべて一か所で使いましょうか」と皮肉を込めて言うポーキーに立ち向かう。ダフィーは「ホーホー。とても面白い。ハッハッハ笑うことだ」と反論する。ダフィーはロープを振って金持ちの旅行者を誘拐しようとしますが、木々にぶつかり(打ち上げのたびに「Yoicks!And awa-aaay!」と繰り返し叫びます)、木を切り倒して道を切り開いた後、彼の最後の試みの結果、彼は顔を最初に岩に叩きつけました。ダフィーは再びロープから振り下ろそうとします。ロープは今回は巨大な鉄球に取り付けられています。彼は最終的に崖の側面に顔を向けて叩きつけ、鉄球を彼の上に落としました。ダフィーは2本の木の間に張られた輪ゴムから槍を発射しようとしますが、金持ちの旅行者が峡谷を渡ることができるように橋を形成することになります。

結局、ダフィーがますます必死になって彼を奪おうとする試みに完全に気づかなかった金持ちの旅行者は、ダフィーが入り口の前に立って彼を奪おうとした最後の試みにもかかわらず、無傷で彼の城に到着します(そして結果として跳ね橋に押しつぶされます)。これは、ダフィーが「ロビンフッドではない」ことをポーキーに納得させます。欲求不満のダフィーはついに諦め、最後のシーンでは、自分で修道士になることを決心し、頭を痛め、習慣を身につけて歩きます。 「私に加わってもかまわない、私はあなたに加わります。修道士の鴨と握手してください!」映画が終わると、ダフィーの請求書はもう一度上に曲がります。

製作スタッフ[編集]

  • 監督 チャック・ジョーンズ
  • 製作総指揮 ジョン・W・バートン
  • アニメーション製作 エイヴ・レヴァイトー、リチャード・トンプソン、ケン・ハリス
  • 脚本 マイケル・マルティーズ
  • レイアウト モーリス・ノーブル
  • 背景画 フィリップ・デガード
  • 声優 メル・ブランク
  • 映画製作 トレッグ・ブラウン
  • 音楽 ミルト・フランクリン

内容[編集]

ここはシャーウッドの森。この森に住むお尋ね者のロビン・フッドのダフィー・ダックはブズーキを弾きながら陽気に歌うが、坂で転んだはずみに池の中へ落ちてしまう。丁度それを見かねた修道僧のポーキー・ピッグはその間抜けぶりに大笑い。侮辱されて怒るダフィーは彼に勝負を挑むが簡単に負けてしまう。
そしてポーキーはダフィーに向かって「ロビン・フッドの隠れ家に案内してくれ」と言う。勿論ダフィーは自分がロビン・フッドであることを証明するが、ポーキーはダフィーが本当にロビン・フッドか怪しむ。そこでダフィーは自分が本物のロビン・フッドだということを見せ付けるため、通りかかる貴族を標的にするが・・・。

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ダフィー・ダック メル・ブランク 江原正士 高木渉
ポーキー・ピッグ 兼本新吾 龍田直樹
ナレーション - 土井美加 梅津秀行

関連項目[編集]