ダブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ダブル英語: double)は、2や二重、2つなどを意味する言葉。デュプル (duple) とも。何倍であるかを表す倍数詞の一つである。また、シングルと対になる表現としても使用される。

日本ではラテン文字アルファベットWダブリュー、double U の意味)が俗に「ダブル」と誤って発音されることがあり、そこから転じて「double」を意味する当て字として用いられることも多い。しかし、「W」の語源に照らし合わせれば適切な用法とは言い難いことに注意すべきであり、日本以外では当然通用しない。

一般名詞[編集]

  • 「二人用」の意。
    • ダブルベッドの略。ホテルなどでベットが1つのみの2人用客室(2人用ベッド)。ベッドが2つに分かれている場合はツイン。また、1人用客室(1人用ベッド)はシングルという。
  • スポーツゲームの用語
  • 服飾用語
    • 背広コートなどの洋服上衣の前合わせのボタンが、縦2列に並んでいる形状またはそのような洋服。英語の「double-breasted」から。両前合せ(両前)、ダブルブレスト、ダブルボタンとも。シングル(片前)に対する。1列が装飾用のボタンである場合もある。
    • ワイシャツズボンスラックスなど)のの部分に外側への折り返しがある(二重になっている)もの。またはそのような裾の形状。シングル(折り返しのないもの)に対する。
    • 洋服の布地で約142センチ(あるいは約137センチ)のものをダブルという。シングル幅(約71センチあるいは約91センチ)の倍。
  • お酒
  • その他
    • 植物の花の八重咲き
    • コンピュータで、倍精度浮動小数点数のこと。
    • 民族人種の異なる両親の間に生まれた者・二重国籍保持者。2つのルーツ(文化)を併せ持っている、という考え方から。「ハーフ」や「ミックス」などとほぼ同義[1]
    • 重複や合致する事、同じ物を意味する言葉(日本語で「だぶってる」という言葉の語源)。

固有名詞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ハーフ」は1950年代からある言葉だが、和製英語であることや一説には蔑称的ニュアンスがあるということから、近年は廃れつつある。

関連項目[編集]