ダマスス1世 (ローマ教皇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダマスス1世
第37代 ローマ教皇
Saintdamasus.png
教皇就任 366年10月1日
教皇離任 384年12月11日
先代 リベリウス
次代 シリキウス
個人情報
本名 ダマスス
出生 305年頃
ヒスパニア(現ポルトガルの旗 ポルトガルルシタニア Idanha-a-Nova
死去 384年12月11日
イタリアの旗 イタリア ローマ
その他のダマスス

ダマスス1世(Damasus I, 305年ごろ - 384年12月11日)は、第37代ローマ教皇(在位:366年 - 384年)。

リベリウス死後の教皇選挙を、ウルシヌスと争う[1]。血を流す抗争となったため、ローマ西方帝ウァレンティニアヌス1世が干渉する事態となり、ダマススが承認され、ウルシヌスは追放された[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 町田 1957, p. 17.

参考文献[編集]