ダミアン・レーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダミアン・レーン
Damian Lane 2019.jpg
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 西オーストラリア州
生年月日 (1994-02-06) 1994年2月6日(25歳)
身長 166cm
体重 53kg
騎手情報
初免許年 2009年
免許区分 平地
テンプレートを表示

ダミアン・レーンDamian Lane1994年2月6日 - )は、オーストラリアを拠点とする騎手。西オーストラリア州出身。

来歴[編集]

父マイケルは調教師、母のヴィッキーも元調教師という競馬一家の6人兄弟の長男として産まれる[1]。物心がつく前から乗馬を始め、10歳の頃には牧場で調教に乗るようになる。

2009年、15歳で見習い騎手としてデビュー[2]。芝競馬が盛んなオーストラリアだが初騎乗はダートであった。まもなく高校を中退し騎手の道へ進む。

2013年10月にフレミントン競馬場のエドワードマニフォールドステークス(GII)でセソーヴァーに騎乗し、重賞初制覇。

2014年9月にインヴィテーションステークス(GI)にダレン・ウィアー厩舎のトラストインナガストでGI初勝利。2017年には日本からの移籍馬ブレイブスマッシュで準重賞を、日本馬トーセンスターダムでGI2競走を勝利している。

デビュー以来日本の競馬に関心を持ち(印象的な馬としてデルタブルースを挙げている[3])、2019年に初めて短期免許制度を行使し日本の中央競馬で騎乗を開始。身元引受調教師は堀宣行、契約馬主は吉田和子[4]。4月29日、平成最後のJRA重賞である第41回新潟大賞典GIII)をメールドグラースで勝利し、JRA重賞初制覇。5月12日には第14回ヴィクトリアマイル(GI)をノームコアで勝利しJRA・GI初制覇[5][6]

主な騎乗馬[編集]

オーストラリア[編集]

日本[編集]

第60回宝塚記念リスグラシュー号に騎乗
(2019年6月23日、阪神競馬場にて)

脚注[編集]

[ヘルプ]