ダヤン・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダヤン・ディアス
Dayan Diaz
ロサンゼルス・エンゼルス (マイナー)
基本情報
国籍  コロンビア
出身地 ボリーバル県カルタヘナ
生年月日 (1989-02-10) 1989年2月10日(30歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 アマチュアFA
初出場 2016年5月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム コロンビアの旗 コロンビア
WBC 2013年2017年

ダヤン・エンリケ・ディアスDayan Enrique Diaz, 1989年2月10日 - )は、コロンビアボリーバル県カルタヘナ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBロサンゼルス・エンゼルス傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとアストロズ傘下時代[編集]

2006年は、傘下のルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・アストロズで開幕を迎えた。この年は、3試合(1試合で先発)登板し、0勝1敗・防御率6.35・1奪三振を記録した[1]

2007年もルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・アストロズで開幕を迎えた。この年は、13試合に登板して1勝1敗・防御率2.05・17奪三振を記録した[1]

2008年もルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・アストロズで開幕を迎えた。この年は、13試合(8試合で先発)登板して2勝2敗2セーブ・防御率1.85・36奪三振を記録した[1]

2010年はアメリカ本土に渡り、ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・アストロズで開幕を迎えた。この年は、2試合に登板した[1]

2011年は、A-級トリシティ・バレーキャッツ英語版で開幕を迎えた。この年は、19試合(1試合で先発)登板して7勝3敗2セーブ・防御率1.98・70奪三振を記録した[1]

2012年は、A級レキシントン・レジェンズで開幕を迎えた。この年は、41試合に登板して5勝4敗19セーブ・防御率1.85・64奪三振を記録した[1]。この年限りでアストロズを退団した。11月には、第3回WBC予選のコロンビア代表に選出された[2]

カブス傘下時代[編集]

2013年は、シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。この年は、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・カブスで開幕を迎えた。ここでは、2試合に登板した[1]。その後、A+級デイトナ・カブス)へ昇格した。ここでは、6試合に登板して0勝1敗1セーブ・防御率2.45・5奪三振を記録した[1]。その後、AA級テネシー・スモーキーズへ昇格した。ここでは、5試合に登板した[1]。この年限りでカブスを退団した。

レッドソックス傘下時代[編集]

2014年は、ボストン・レッドソックスと契約を結んだ。この年は、傘下のA+級セイラム・レッドソックスで開幕を迎えた。ここでは、24試合に登板して0勝1敗6セーブ・防御率1.34・40奪三振を記録した[1]。その後、AA級ポートランド・シードッグスへ昇格した。ここでは、11試合に登板して2勝1敗1セーブ・防御率2.76・16奪三振を記録した[1]

2015年は、開幕をAA級ポートランドで迎え、9試合に登板した。5月11日にAAA級ポータケット・レッドソックスへ昇格した。ここでは28試合に登板して2勝1敗4セーブ・防御率1.89・49奪三振を記録した[1]。この年限りでレッドソックスを退団した。

レッズ時代[編集]

2015年12月2日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。

2016年は、開幕を傘下のAAA級ルイビル・バッツで迎えた。5月22日にメジャー初昇格を果たし、アクティブ・ロースター入りした[3]。同日のシアトル・マリナーズ戦でメジャーデビュー。6月18日に40人枠を外れる形でAAA級ルイビルへ配属された。11月7日FAとなった[4]

アストロズ時代[編集]

2017年2月2日にアストロズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[5]。開幕は傘下のAAA級フレズノ・グリズリーズで迎え、5月5日マイケル・フェリスが家族の事情で戦列を離れるため代役としてメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。だが、登板が無いまま5月8日にAAA級フレズノへ降格した[4]8月31日DFAとなった[4]

エンゼルス時代[編集]

2017年9月4日ウェイバー公示を経てロサンゼルス・エンゼルスに移籍した[4]。なお、2017年にエンゼルスでの登板機会は無かった。

2018年3月29日ビザの問題のため、制限リスト入りした[7]。その後、7月26日に復帰し、傘下のA+級インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ英語版へ配属された[4]8月14日オドリサメル・デスパイネの加入に伴ってDFAとなり[8]、17日にマイナー契約となった(そのままA+級インランド・エンパイアに所属)[4]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 CIN 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 36 6.2 10 2 7 0 0 3 0 0 10 7 9.45 2.55
2017 HOU 10 1 0 0 0 1 1 0 0 .500 58 13.0 17 3 4 0 0 20 4 0 14 13 9.00 1.62
MLB:2年 16 1 0 0 0 1 1 0 0 .500 94 19.2 27 5 11 0 0 23 4 0 23 20 9.15 1.93
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 50(2016年)
  • 38(2017年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Baseball Reference (Minors)
  2. ^ 2012 Qualifier Roster Archived 2015年2月19日, at Archive.is WBC公式サイト (英語) 2015年2月24日閲覧
  3. ^ Dayan Diaz, nicknamed 'Jumbito,' called up by Reds
  4. ^ a b c d e f MLB公式プロフィール参照。2018年8月18日閲覧。
  5. ^ “Astros Sign Diaz to Minor League Contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Houston Astros), (2017年2月2日), http://m.astros.mlb.com/news/article/215003490/astros-sign-diaz-to-minor-league-contract/ 2017年2月3日閲覧。 
  6. ^ “Astros' Michael Feliz: Leaves club for emergency”. CBSSports.com. (2017年5月5日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/astros-michael-feliz-leaves-club-for-emergency/ 2017年5月8日閲覧。 
  7. ^ Angels' Dayan Diaz: Placed on restricted list” (英語). CBS Sports (2018年3月29日). 2018年8月16日閲覧。
  8. ^ Maria Guardado (2018年8月15日). “Angels acquire RHP Despaigne from Marlins” (英語). MLB.com. 2018年8月16日閲覧。

関連項目[編集]