ダラム伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダラム伯爵
伯爵の紋章の冠
Earl of Durham COA.svg
創設時期 1833年
創設者 ウィリアム4世
貴族 連合王国貴族
初代 初代ダラム男爵ジョン・ラムトン
現所有者 7代ダラム伯エドワード・ラムトン英語版
相続人 ラムトン子爵フレデリック・ラムトン
相続資格 初代伯の男系男子
付随称号 ラムトン子爵、ダラム男爵

ダラム伯爵(Earl of Durham)は、イギリス伯爵位。連合王国貴族

初代ダラム男爵ジョン・ラムトン1833年に叙されたのに始まる。

歴史[編集]

急進派英語版の政治家として選挙法改正に尽くしたジョン・ラムトン(1792–1840)は、1828年1月29日連合王国貴族「カウンティ・パラティン・オブ・ダラムにおけるシティ・オブ・ダラム及びラムトンキャッスルのダラム男爵(Baron Durham, of the City of Durham and of Lambton Castle in the County Palatine of Durham)」[1][2]、ついで1833年3月23日に連合王国貴族ダラム伯爵(Earl of Durham)とラムトン子爵(Viscount Lambton)の爵位を与えられた[3][2]

玄孫の6代ダラム伯アンソニー・ラムトン英語版(1922–2006)は、保守党の政治家として活躍していたため、政治家としてのキャリアアップに不利な貴族院議員になるのを忌避し、1970年2月に襲爵した際、同月のうちに爵位一代放棄を行って庶民院議員の地位を維持している[4]

2015年現在の当主はその息子である7代ダラム伯エドワード・ラムトン英語版(1961-)である[5]。。

ダラム伯爵家の本邸はダラムラムトン城英語版である[6]

ダラム伯爵 (1833年)[編集]

初代ダラム伯爵ジョン・ラムトン
  • 初代ダラム伯ジョン・ジョージ・ラムトン (1792–1840)
  • 2代ダラム伯爵ジョージ・フレデリック・ダーキー・ラムトン英語版 (1828–1879) : 初代伯の息子
  • 3代ダラム伯ジョン・ジョージ・ラムトン英語版 (1855–1928) : 2代伯の長男。4代伯と双子
  • 4代ダラム伯フレデリック・ウィリアム・ラムトン英語版 (1855-1929); 2代伯の次男。3代伯と双子
  • 5代ダラム伯ジョン・フレデリック・ラムトン英語版 (1884–1970) : 4代伯の長男.
  • 6代ダラム伯アンソニー・クロード・フレデリック・ラムトン英語版 (1922–2006) : 5代伯の次男。1970年に爵位一代放棄
  • 7代ダラム伯エドワード・リチャード・ラムトン英語版 (1961-) : 6代伯の一人息子
    • 法定推定相続人は、現当主の一人息子ラムトン子爵(儀礼称号)フレデリック・ラムトン(1985-)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ The London Gazette: no. 18433. p. 122. 1828年1月18日
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “John George Lambton, 1st Earl of Durham” (英語). thepeerage.com. 2015年8月21日閲覧。
  3. ^ The London Gazette: no. 19030. p. 523. 1833年3月15日
  4. ^ Lundy, Darryl. “Lord Antony Claude Frederick Lambton” (英語). thepeerage.com. 2015年8月21日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Edward Richard Lambton, 7th Earl of Durham” (英語). thepeerage.com. 2015年8月21日閲覧。
  6. ^ HISTOR”. thepeerage.com. 2015年8月21日閲覧。