ダラ・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ダラ・シン
Dara Singh
Dara Singh vs King Kong.jpg
生誕1928年11月19日
イギリス領インド帝国の旗 イギリス領インド帝国パンジャーブ州マジャ英語版地区[1]
死没 (2012-07-12) 2012年7月12日(83歳没)
インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業プロレスラー俳優政治家
活動期間1947-1983年(プロレス)
1952-2012年(俳優)
2003-2009年(政治家)
身長188 cm (6 ft 2 in)
体重127キログラム (280 lb)
政党インド人民党
配偶者
Bachno Kaur (m. 1942⁠–⁠1952)

Surjit Kaur (m. 1961)
子供ヴィンドゥ・ダラ・シン英語版など6人
公式サイトdara-singh.com

ダラ・シン・ランダワ(Dara Singh Randhawa、1928年11月19日 – 2012年7月12日)は、インドプロレスラー俳優政治家。1952年から演技の経歴を開始し、インドのラージヤ・サバー(上院)に指名された最初のスポーツマンであった[2]ヒンディー語パンジャーブ語映画プロデューサー映画監督脚本家として働き、映画やテレビで活躍した。レスリングで世界的な無敗の連勝で知られており、後には成功した映画スターになった。 映画『Bajrangbali』(1976年)とラーマナンド・サガール英語版監督のテレビドラマ『Ramayan』(1987年)のハヌマーン役は、彼の人気を高めた[3]。2018年、レガシーカテゴリでWWE殿堂入りした[4]

生い立ち[編集]

1928年11月19日、インドのパンジャーブ州マジャ英語版地区のダームーチャク村で、ジャートシクの家庭に出生名ディーダール・シン・ランダワとして生まれる[5][6]。当時、同地はまだイギリス領インド帝国の植民地支配下にあった[7][8]

経歴[編集]

プロレス[編集]

1947年にシンガポールに移住し、ドラム缶製造工場で働き、大世界英語版のハーナム・シンの下でレスリングのトレーニングを始めた[9]。成人になると、身長188cm、体重127kg、胸囲130cmの偉丈夫となっていた。その体格のため、数年間訓練したインドのレスリングスタイルであるパハラワーニーを活かすよう勧められた。プロレス転向後、ビル・ヴァーナ、フィルポ・ズビスコ、ジョン・ダ・シルバ力道山、ダニー・リンチ、スカイ・ハイ・リーなどの対戦相手と世界中で試合を行なった。キングコングとの試合は永らく記憶された[10]

1954年、Rustam-e-Hind(インドのチャンピオン)トーナメントに出場し、決勝でタイガー・ジョキンダー・シン英語版を破り勝利を収め、マハーラージャハリ・シングからシルバーカップを受け取った[11]。1959年、カルカッタジョージ・ゴーディエンコを破り、連邦選手権で優勝した。1968年5月29日、ボンベイルー・テーズに勝利したことにより、世界選手権に出場を果した[12][13]。テーズによれば、シンは「本物のレスラーであり、コンディションも非常に良かった」ので、敗れるべくして敗れた[14]。彼が引退を表明した最後の試合は、1983年6月にデリーで開催された[15]

多くの勝利を重ねたが、カルカッタ(現在のコルカタ)のダーマタラ英語版におけるブラームデフ・ミシュラとの試合では2分半で敗北を喫している[16][17]

映画・テレビ[編集]

2010年2月、プラン英語版の誕生日パーティーにて

1948年に故郷の村を離れてシンガポールに向かった[8]。1952年に映画『Sangdil』で俳優としてのキャリアを開始した[18]。長年スタントマンを務め、バーブバーイ・ミストリー英語版監督の映画『キングコング』(1962年)で初の主役を演じた[19]。1963年頃から女優のムムターズ英語版と頻繁に共演し、16本のヒンディー語の映画に出演した。2人は最高給取りのB級俳優になり、シンは映画1本あたり約4洛叉ルピーを受け取った[20]

1980年代後半にテレビに転向し、ヒンドゥーの叙事詩ラーマーヤナテレビドラマ化に際しハヌマーン役を演じた[21]。また『Veer Bheem Sen』や『Ramayan』などの多くの映画や、テレビドラマに出演した。さまざまなマハーバーラタ映画でビーマ役で主演し、バララーマも演じ、多くの神話映画でシヴァ役で主演した。

最後のヒンディー映画は『Jab We Met』、病に倒れる前に公開された最後のパンジャーブ映画が『Dil Apna Punjabi』であった。ナショナル・フィルム・アワードの1997年最優秀パンジャーブ映画を受賞したバルワント・シン・ダラット監督の映画『Main Maa Punjab Dee』に出演している。『Sawa Lakh Se Ek Ladaun』、『Nanak Dukhiya Sub Sansar』、『Dhyanu Bhagat』、『Rab Dian Rakhan』など7本のパンジャーブ映画を監督している。また、ヒンディー語で2本の映画を監督した。『Bhakti Mein Shakti』と『Rustom』(1982年)は、彼が1970年に設立した「ダラ・フィルム」の下で製作・監督された[19]マラヤーラム語の映画『Mutharamkunnu P.O.』でダラ・シンというレスラーを演じた。

映画会社[編集]

シンはパンジャーブ州モーハーリー県英語版モーハーリーにあるダラ・スタジオの所有者であった[22]。ダラ・フィルム・スタジオは1978年に設立され、1980年から映画会社として運営されていた。

政治家[編集]

シンは1998年1月にインド人民党に入党した[23]。彼はインドの国会の上院であるラージヤ・サバーに任命された最初のスポーツ選手となり、2003年から2009年までの任期を務めた。また、政治団体ジャート・マハーサバー英語版の総裁であった[18][24]

コミック[編集]

シンの息子であるヴィンドゥ・ダラ・シン英語版は、2019年2月にニューデリーのオックスフォード書店から最初のコミック書籍『The Epic Journey of the Great Dara Singh』を発売した。

また、漫画『プロレススーパースター列伝』のタイガー・ジェット・シンの章にて、グレート・ガマと共にインドレスリングの伝説の強豪選手として紹介されている。ただし、トレーニングの一環として、水の代わりにコールタールが入ったプールの中で、ガマがワニと、シンが水牛と戦うという荒唐無稽な脚色されたエピソードも紹介されている。

私生活[編集]

シンは二度結婚している。彼にはパルドゥマン・ランダワやヴィンドゥ・ダラ・シンなど3人の息子と3人の娘がいた[1]。兄弟のランダワ英語版も同様にレスラーであり、俳優であった。

死去[編集]

2012年7月7日、重篤な心筋梗塞によりコキラベン・ダーラブハイ・アンバニ・ホスピタル英語版に入院した。2日後、血流不足による脳損傷が確認された[25]。彼は回復のために為せることが無いことを理由に2012年7月11日に退院し、翌日ムンバイの自宅で死去した[26]。同日ジュフー英語版斎場で荼毘に付された[27]

受賞と栄誉[編集]

1996年、レスリング・オブザーバー・ニュースレター殿堂英語版入り。2016年、インド史上のトップレスラーにリストアップされた[28]。2018年4月7日、レガシークラスでWWE殿堂入り[4]

フィルモグラフィー[編集]

監督・製作
タイトル 監督 製作 備考 脚注
1970 Nanak Dukhiya Sub Sansar Yes No
1973 Mera Desh Mera Dharam Yes No [19]
1974 Bhagat Dhanna Jatt Yes No
1976 Sawa Lakh Se Ek Ladaun Yes No
1978 Dhyanu Bhagat Yes No
1978 Bhakti Mein Shakti Yes Yes [19][29]
1982 Rustom Yes No [19]
1994 Karan No Yes


出演
タイトル 役名 備考 脚注
1952 Sangdil [18]
1954 Pehli Jhalak Wrestler Dara Singh [19]
1960 Engal Selvi タミル語映画 [30]
1962 King Kong Jingu / King Kong [19]
1963 Faulad Faulad Singh [19]
1963 Rustom-E-Baghdad Dara/Rustom-E-Baghdad [18]
1963 Awara Abdulla Abdulla [21]
1964 Samson Samson [19]
1964 Aaya Toofan Deepu
1964 Jagga Jagga Daku
1964 Aandhi Aur Toofan [21]
1964 Darasingh: Ironman Dara Singh
1965 Rustom-E-Hind [19]
1965 Boxer [21]
1965 Sher Dil [18]
1965 Raaka [18]
1965 Saat Samundar Paar
1965 Sikandar-E-Azam Alexander [18][19]
1965 Lootera [21]
1966 Dulla Bhatti Dulla Bhatti パンジャーブ映画
1966 Naujawan [19]
1966 Veer Bajrang [19]
1966 Husn Ka Ghulam
1966 Dada
1966 Daku Mangal Singh Daku Mangal Singh / Kumar [要説明] [21]
1966 Jawan Mard
1967 Chand Par Chadayee
1967 Do Dushman
1967 Watan Se Door [18]
1967 Nasihat
1968 Jung Aur Aman [21]
1968 Balram Shri Krishna Balram
1969 Danka
1969 Thief of Baghdad [19]
1969 Faulad Ki Aulad
1969 Toofan Badal
1970 Choron Ka Chor Ashok
1970 Hudd kar di Devendra Singh Dhanowa
1970 Ilzaam Raju/Kishan
1970 Mera Naam Joker
私はピエロ
Sher Singh [18][19]
1970 Nanak Dukhiya Sab Sansar Kartar Singh パンジャーブ映画 [21]
1971 Kabhi Dhoop Kabhi Chhaon [21]
1971 Ramu Ustad Ramu
1971 Tulsi Vivah Bhagwan Shiv
1971 Anand Pahalwan ゲスト出演 [19]
1972 Aankhon Aankhon Mein Pahelwan [21]
1972 Hari Darshan Bhagwan Shiv
1972 Lalkaar
1972 Mele Mitran De パンジャーブ映画
1972 Sultana Daku
1975 Warrant Pyaara Singh [21]
1973 Hum Sab Chor Hain
1973 Mera Desh Mera Dharam
1974 Kuwara Baap [19]
1974 Bhagat Dhanna Jatt Dhanna Jatt
1974 Dukh Bhanjan Tera Naam Daku Daulay Khan
1974 Har Har Mahadev Bhagwan Shiv [21]
1974 Kisan Aur Bhagwan Dhanna
1974 Zehreela Insaan
1975 Dharam Karam Ustaad ji [18]
1975 Dharmatma Pahelwan
1976 Bajrangbali Hanuman [19][21]
1976 Lambhardarni Lambardar/Dharma パンジャーブ映画
1976 Raakhi Aur Rifle Ganga Singh
1976 Sawa Lakh Se Ek Ladaun Kartar Singh パンジャーブ映画
1976 Apna Khoon Apna Dushman
1977 Jai Bolo Chakradhari
1977 Jai Mata Di Balbir パンジャーブ映画
1977 Ram Bharose Sardar Vikram Singh
1978 Bhakti Mein Shakti Dyanu Bhakt
1978 Dhyanu Bhagat Dhyanu Bhagat パンジャーブ映画
1978 Nalayak Pahelwan [19]
1978 Sone Ka Dil Lohe Ke Haath Nihalchand
1978 Giddha Bhalwaan Dulla ji
1979 Chambal Ki Raani
1979 Jai Mata Di
1980 Shiv Shakti
1981 Guru Suleman Chela Pahelwan
1981 Khel Muqaddar Ka
1982 Main Intequam Loonga Ajay Kumar [19]
1982 Rustom Rustom Mangal Singh
1983 Babul Da Vehra パンジャーブ映画
1983 Unkhili Muttiar Mechanic パンジャーブ映画
1984 Aan Aur Shaan
1985 Mutharamkunnu P.O. Himself マラヤーラム映画 [31]
1985 Mard Raja Azaad Singh [18][19]
1985 Vikram Aur Betaal Virvar テレビドラマ: 第2話
1986 Karma Dharma [19][21]
1986 Bulekha
1986 Krishna-Krishna Bhagwan Shri Balram
1986 Ramayan Hanuman テレビドラマ [18]
1986 Sajna Sath Nibhana Joseph
1986 Maaveeran 『Mard』のタミル語 [32][32]
1988 Maula Jatt Maula Jatt & Dharma
1988 Paanch Fauladi Ustadji (Fauladi #1)
1988 Mahaveera Delar Singh
1988 Mahabharat Hanuman テレビドラマ [21]
1989 Shehzaade Jailor
1989 Elaan-E-Jung Bheema [21]
1989 Gharana Vijay Singh Pahelwan
1990 Tera Mera Pyar Preet's father [21]
1990 Naaka Bandi Dharam Singh [19][21]
1990 Pratiggya Daku Delavar Singh
1990 Sheran De Putt Sher Subedaar
1991 Dharam Sankat Dara (the dacoit)
1991 Ajooba Maharaja Karan Singh [19]
1991 Maut Ki Sazaa Pyara Singh
1992 Prem Deewane Loha Singh
1993 Bechain
1993 Anmol Dara Shamsher, Zafar's father
1994 Karan
1995 Ram Shastra Police Commissioner [19]
1997 Lav Kush Hanuman [19]
1997 Main Maa Punjab Dee パンジャーブ映画
1998 Guru Gobind Singh
1998 Auto Driver テルグ語映画 [33]
1998 Qahar ゲスト出演
1999 Dillagi Veer Singh [19][21]
1999 Zulmi Baba Thakur
1999 Door Nahin Nankana Bhakhtawar Singh
1999 Hudd Kar Di Devender Singh Dhanwa/Papaji テレビドラマ
2000 Dulhan Hum Le Jayenge Sapna's grandfather ゲスト出演 [19][21]
2001 Farz Tayaji
2002 Shararat Mr. Gujral [34]
2003 Kal Ho Naa Ho Pritam Chaddha [21]
2003 Border Hindustan Ka Jamail Singh
2004 Family Business テレビドラマ
2006 Kyaa Hoga Nimmo Kaa Amardeep Sehgal (Dadaji) テレビドラマ [35]
2006 Dil Apna Punjabi Hardam Singh [36]
2007 Jab We Met Geet's grandfather [18]
2012 Ata Pata Lapata Guest appearance

王座・業績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “Dara Singh Passes Away”. The Times of India. (2012年7月12日). オリジナルの2015年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150916020853/http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/Dara-Singh-passes-away/articleshow/14838702.cms 2021年5月25日閲覧。 
  2. ^ “Remembering Dara Singh: 13 facts about India's most-loved wrestler”. India Today. (2016年11月19日). https://www.indiatoday.in/education-today/gk-current-affairs/story/dara-singh-839075-2016-11-19 2021年5月25日閲覧。 
  3. ^ PTI (2012年7月13日). “Dara Singh: The original muscle man of Bollywood”. The Economic Times. https://economictimes.indiatimes.com/entertainment/dara-singh-the-original-muscle-man-of-bollywood/dara-singh-had-500-undefeated-fights-to-his-credit/slideshow/14869179.cms 2021年5月25日閲覧。 
  4. ^ a b “WWE inducts Dara Singh in WWE Hall of Fame Class of 2018”. India Today. (2018年4月8日). https://www.indiatoday.in/sports/wwe/story/wwe-inducts-dara-singh-in-wwe-hall-of-fame-class-of-2018-1207491-2018-04-08 2021年5月25日閲覧。 
  5. ^ “Obituary: Dara Singh - the champion loses his final fight”. Hindustan Times. IANS. (2012年7月12日). オリジナルの2012年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120713000223/http://www.hindustantimes.com/Entertainment/Bollywood/OBITUARY-Dara-Singh-the-champion-loses-his-final-fight/Article1-887448.aspx 2021年5月25日閲覧。 
  6. ^ Kahol, Vikas (2012年7月13日). “People at ancestral village remember legendary wrestler and film actor Dara Singh”. India Today. https://www.indiatoday.in/india/north/story/people-at-ancestral-village-remember-dara-singh-109168-2012-07-12 2021年5月25日閲覧。 
  7. ^ Lentz, Harris M. (2013). Obituaries in the Performing Arts, 2012. McFarland & Company. p. 266. ISBN 978-0786470631. https://books.google.com/books?id=V9hM_XbAOcQC&q=%22SINGH,+DARA+Indian+wrestler+and+actor+Dara+Singh+died+of+complications+from+cardiac+arrest+at+his+home+in+Mumbai,+India,+on+July+12,+2012.+He+was+83.+He+was+born+Deedar+Singh+Randhawa+in+Dharmuchak,+British+Punjab+(now+Amritsar),+India,+on+November+19,+1928.%22&pg=PA266 2021年5月25日閲覧。 
  8. ^ a b Rana, Yudhvir (2012年7月13日). “Little Dara holds ray of hope in wrestler's village”. The Times of India. TNN. オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021055724/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-07-13/india/32662860_1_dara-singh-akhadas-village 2021年5月25日閲覧。 
  9. ^ "Meri Atmakatha" (Autobiography)”. Dara Singh (1989年). 2011年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  10. ^ When Rustam-e-Hind lifted King Kong off his feet and flung him”. Times of India (2012年7月13日). 2018年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  11. ^ Free-Style Wrestling: Dara Singh Crowned Champion of Bharat”. Bombay: The New Indian Express (1954年6月13日). 2016年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  12. ^ Dara Singh, Wrestler and Bollywood Action Hero, Dies at 83”. The New York Times (2012年7月14日). 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  13. ^ a b Dara Singh: India's 'first all-action hero'”. BBC News (2012年7月12日). 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  14. ^ Dara Singh was an Indian icon in wrestling, Bollywood”. Slam Wrestling (2012年7月13日). 2021年5月25日閲覧。
  15. ^ Molinaro, John F. (2002). Marek, Jeff; Meltzer, Dave. eds. The Top 100 Pro Wrestlers of All Time. Winding Stair Press. p. 199. ISBN 978-1-55366-305-8 
  16. ^ Gupta, Nitish (2019年12月11日). “गोरखपुर के इस लाल ने चंद मिनटों में पहलवान दारा सिंह को दी थी पटखनी..” (ヒンディー語). Gorakhpur Live. 2021年5月25日閲覧。
  17. ^ Pandey, Dr Ved Prakash (2017-07-04) (ヒンディー語). Shaharnama Gorakhpur. Vāṇī Prakāśana. ISBN 978-93-5229-698-9. https://books.google.com/books?id=40owDwAAQBAJ&q=brahmdev+mishra+pahalwan+saharnama&pg=PA334 2021年5月25日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n “Dara Singh taken home”. The Times of India. TNN (Mumbai). (2012年7月12日). オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021055740/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-07-12/news-interviews/32647460_1_dara-singh-watan-se-door-kokilaben-ambani-hospital 2021年5月25日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab Gulzar; Nihalani, Govind; Chatterjee, Saibal (2003). Encyclopaedia of Hindi Cinema. Popular Prakashan. p. 629. ISBN 8179910660. https://books.google.com/books?id=8y8vN9A14nkC&pg=PT653 2021年5月25日閲覧。 
  20. ^ “Mumtaz: Dara Singh's kindness got me my first role”. The Times of India. TNN. (2012年7月13日). オリジナルの2013年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130928094709/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2012-07-13/news-interviews/32649724_1_dara-singh-first-film-stunts 2021年5月25日閲覧。 
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Dara Singh: Bollywood's first macho man”. India Today (2012年7月12日). 2012年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  22. ^ Dara Studio”. 2011年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  23. ^ Dara Singh joins BJP”. Rediff.com (1998年1月31日). 2017年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  24. ^ “Hema garam, won't canvass for Dharam”. The Times of India. TNN. (2009年6月18日). オリジナルの2011年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110811043339/http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2004-04-20/india/28343096_1_dharmendra-nomination-papers-sunny-and-bobby 2021年5月25日閲覧。 
  25. ^ “Wrestler-actor Dara Singh dies”. The Indian Express. (2012年7月11日). https://indianexpress.com/article/entertainment/entertainment-others/wrestleractor-dara-singh-dies/ 2021年5月25日閲覧。 
  26. ^ “Dara Singh taken home, doctors say less chance of recovery”. (2012年7月10日). オリジナルの2013年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131021052144/http://zeenews.india.com/etertainment/celebrity/dara-singh-passes-away-after-prolonged-illness_115095.htm 2021年5月25日閲覧。 
  27. ^ Legendary Indian Wrestler Dara Singh Passes Away, WWE Stars Comment”. Wrestling Inc. (2012年7月12日). 2019年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  28. ^ “India's top wrestlers of all time”. India Today. (2016年8月26日). https://www.indiatoday.in/education-today/gk-current-affairs/story/indias-best-wrestler-336857-2016-08-26 2021年5月25日閲覧。 
  29. ^ Bhakti Mein Shakti Cast & Crew- Bollywood Hungama”. Bollywood Hungama. 2019年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  30. ^ MANMADHAN, PREMA. “The time when KING KONG almost hit him” (英語). The Hindu. オリジナルの2017年2月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170215013344/http://www.thehindu.com/features/cinema/the-time-when-king-kong-almost-hit-him/article3642895.ece 2021年5月25日閲覧。 
  31. ^ “How Dara Singh floored Mukesh ...”. The Hindu. (2012年7月13日). http://www.thehindu.com/arts/cinema/how-dara-singh-floored-mukesh/article3635199.ece 2021年5月25日閲覧。 
  32. ^ a b “Bollywood's first He-man”. The Hindu Businessline. (2012年7月12日). オリジナルの2012年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120715015106/http://www.thehindubusinessline.com/news/article3630584.ece 2021年5月25日閲覧。 
  33. ^ Auto Driver (1998)”. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  34. ^ Dara Singh dies at 83”. Mumbai Mirror (2012年7月12日). 2012年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  35. ^ Eijaz Khan talks about Dara Singh”. Mumbai: Mid Day (2012年7月13日). 2012年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  36. ^ Jaspreet Pandohar (2006年8月20日). “Dil Apna Punjabi (My Heart Is Punjabi) Review”. BBC. 2012年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  37. ^ Stan Neilson - OWW”. 2019年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  38. ^ “Obituary: Dara Singh — Bollywood's original muscle man”. The Hindu. (2012年7月12日). http://www.thehindu.com/features/cinema/obituary-dara-singh-bollywoods-original-muscle-man/article3630470.ece 2021年5月25日閲覧。 
  39. ^ MLG, Varsity, & The Singh's”. Maple Leaf Wrestling (2010年1月24日). 2012年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  40. ^ Ten things you didn't know about Dara Singh”. NDTV (2012年7月12日). 2016年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。
  41. ^ Congratulations to the 2018 WWE Hall of Fame Legacy inductees”. WWE (2018年4月7日). 2018年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月25日閲覧。

参考文献[編集]

自伝[編集]

  • Dara Singh Meri Atmkatha (英語: My Autobiography by Dara Singh) 1993 Praveen Prakashan