ダリオ・アルジェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダリオ・アルジェント
Dario Argento
Dario Argento
2014年
生年月日 (1940-09-07) 1940年9月7日(78歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア ローマ
職業 映画監督映画プロデューサー脚本家
ジャンル 映画テレビ映画テレビドラマ
配偶者 ダリア・ニコロディ[要出典]
著名な家族 サルヴァトーレ・アルジェント(父)[1]
クラウディオ・アルジェント(弟)[2]
フィオーレ・アルジェント(娘)[3]
アーシア・アルジェント(娘)[4]

ダリオ・アルジェント(Dario Argento、1940年9月7日 - )は、イタリア映画監督映画プロデューサー脚本家である。ホラー映画を手がけたことで知られている[5][6][7]

経歴[編集]

1940年9月7日、ローマに生まれる[8]。映画プロデューサーの父親と写真家の母親を両親に持つ[9]。新聞『パエーゼ・セーラ』で映画批評を担当した[10]。1968年の映画『ウエスタン』では、セルジオ・レオーネベルナルド・ベルトルッチとともに原案を執筆した[11]

1970年、『歓びの毒牙』で映画監督デビューを果たす[12]。同作は1971年の『わたしは目撃者』と『4匹の蝿』とともに「動物3部作」を成している[13]。1975年に『サスペリアPART2[14]、1977年に『サスペリア』を監督した[15]。その後、『インフェルノ』(1980年)、『シャドー』(1982年)、『フェノミナ』(1985年)、『オペラ座/血の喝采』(1987年)などを監督している[16]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • ギャングスター Comandamenti per un gangster (1968年) - 脚本
  • 野獣暁に死す Oggi a me... domani a te (1968年) - 脚本
  • 地獄の戦場コマンドス Commandos (1968年) - 脚本
  • ウエスタン C'era una volta il West (1968年) - 原案
  • 激戦地 La legione dei dannati (1969年) - 脚本
  • ゼロ/奪還!最高軍事機密 Probabilità zero (1969年) - 脚本・原作
  • 傷だらけの用心棒 Une corde, un Colt... (1969年) - 脚本
  • 五人の軍隊 Un esercito di 5 uomini (1969年) - 脚本
  • 歓びの毒牙 L'uccello dalle piume di cristallo (1970年) - 監督・脚本
  • わたしは目撃者 Il gatto a nove code (1971年) - 監督・脚本・原案
  • 4匹の蝿 4 mosche di velluto grigio (1971年) - 監督・脚本
  • ビッグ・ファイブ・ディ Le cinque giornate (1973年) - 監督・脚本
  • サスペリアPART2 Profondo Rosso (1975年) - 監督・脚本
  • サスペリア Suspiria (1977年) - 監督・脚本・音楽
  • ゾンビ Dawn of the Dead (1978年) - 製作・音楽
  • インフェルノ Inferno (1980年) - 監督・脚本
  • シャドー Tenebre (1982年) - 監督・脚本
  • アルジェント・ザ・ナイトメア/鮮血のイリュージョン Il mondo dell'orrore di Dario Argento (1985年) - 出演
  • フェノミナ Phenomena (1985年) - 監督・脚本
  • デモンズ Dèmoni (1985年) - 脚本・製作
  • デモンズ2 Dèmoni 2: L'incubo ritorna (1986年) - 脚本・製作
  • オペラ座/血の喝采 Opera (1987年) - 監督・脚本・製作
  • デモンズ3 La chiesa (1989年) - 脚本・製作
  • デモンズ4 La setta (1990年) - 脚本・製作
  • マスターズ・オブ・ホラー / 悪夢の狂宴 TDue occhi diabolici (1990年) - 「黒猫」監督・脚本・製作総指揮
  • ダリオ・アルジェント ビザール・オペラ/新・鮮血のイリュージョン Dario Argento: Master of Horror (1991年) - 出演
  • イノセント・ブラッド Innocent Blood (1992年) - 出演
  • トラウマ/鮮血の叫び Trauma (1993年) - 監督・脚本・原案・製作
  • スタンダール・シンドローム La sindrome di Stendhal (1996年) - 監督・脚本・原案・製作
  • 肉の鑞人形 M.D.C. - Maschera di cera (1997年) - 原案・製作
  • ダリオ・アルジェント 鮮血のイリュージョンPART3 Il mondo di Dario Argento 3: Il museo degli orrori di Dario Argento (1997年) - 出演
  • オペラ座の怪人 Il fantasma dell'opera (1998年) - 監督・脚本
  • スカーレット・ディーバ Scarlet Diva (2000年) - 製作
  • スリープレス Non ho sonno (2001年) - 監督・脚本
  • デス・サイト Il cartaio (2004年) - 監督・脚本
  • サスペリア・テルザ 最後の魔女 La terza madre (2007年) - 監督・脚本
  • ジャーロ Giallo (2009年) - 監督
  • ダリオ・アルジェントのドラキュラ Dracula 3D (2012年) - 監督・脚本

テレビ映画[編集]

  • ダリオ・アルジェント 鮮血の魔術師 Dario Argento: An Eye for Horror (2000年) - 出演
  • DO YOU LIKE HITCHCOOK? ドゥー・ユー・ライク・ヒッチコック? Ti piace Hitchcock? (2005年) - 監督

テレビドラマ[編集]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Olsen, Mark (2007年9月4日). “Argento is man of the witching hour”. Los Angeles Times. 2018年10月28日閲覧。
  2. ^ Wilmington, Michael (1990年4月14日). “Jodorowsky Looks at Himself and Uncovers 'Santa Sangre' : Movies: The candid director's 'weird' sensibilities infuse a tender portrayal of a mass murderer. (page 1 of 2)”. Los Angeles Times. 2018年10月28日閲覧。
  3. ^ Young, Deborah (2004年1月7日). “The Card Player”. Variety. 2018年10月28日閲覧。
  4. ^ Ng, Ka Yan (2007年9月10日). “Horror film debuts as family affair”. Reuters. 2018年10月28日閲覧。
  5. ^ Sobczynski, Peter (2013年10月24日). “Dario Argento on "Dracula" and Horror”. RogerEbert.com. 2018年10月28日閲覧。
  6. ^ Anderson, Ariston (2014年8月6日). “Horror Master Dario Argento on Fear and Happiness (Q&A)”. The Hollywood Reporter. 2018年10月28日閲覧。
  7. ^ Philip, Tom (2018年10月24日). “Dario Argento Is the Most Influential Horror Director Outside of Hitchcock”. Garage. 2018年10月28日閲覧。
  8. ^ Buchanan, Jason. “Dario Argento - Overview”. AllMovie. 2017年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月28日閲覧。
  9. ^ Kennedy, Cris (2017年9月13日). “Dario Argento: Horror maestro's works screen at National Film and Sound Archive”. The Sydney Morning Herald. 2018年10月28日閲覧。
  10. ^ Argento, Dario (2009年5月14日). “How the West was written”. The Guardian. 2018年10月28日閲覧。
  11. ^ Patterson, John (2010年10月19日). “Once Upon a Time in the West: No 3 best action and war film of all time”. The Guardian. 2018年10月28日閲覧。
  12. ^ Gibron, Bill (2009年2月23日). “The Bird with the Crystal Plumage (1970): Blu-ray”. PopMatters. 2018年10月28日閲覧。
  13. ^ Bramesco, Charles (2018年9月12日). “A Beginner's Guide to Dario Argento”. Vulture. 2018年10月28日閲覧。
  14. ^ Gonzalez, Ed (2001年5月2日). “Deep Red”. Slant Magazine. 2018年10月28日閲覧。
  15. ^ Singer, Leigh (2018年1月12日). “Argento on Suspiria – a video inquiry”. Sight & Sound. 2018年10月28日閲覧。
  16. ^ Small, Tim (2009年9月1日). “Dario Argento”. Vice. 2018年10月28日閲覧。
  17. ^ 1999”. Sitges Film Festival. 2018年10月28日閲覧。

関連文献[編集]