ダレル・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダレル・グリフィス
Darrell Griffith
Darrell Griffith.jpg
引退
ポジション(現役時) SG
背番号(現役時) ジャズ  35 
身長(現役時) 193cm (6 ft 4 in)
体重(現役時) 86kg (190 lb)
基本情報
本名 Darrell Steven Griffith
愛称 Dr.ダンケンシュタイン
ラテン文字 Darrell Griffith
誕生日 (1958-06-16) 1958年6月16日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州ルイビル
出身 ルイビル大学
ドラフト 1980年 2位ユタ・ジャズ 
選手経歴
1980-91
ユタ・ジャズ
受賞歴
  • NCAAチャンピオン (1980)
  • NCAAファイナルMOP (1980)
キャリアスタッツ

NBA通算

  • 得点:12,391 (16.2 ppg)
  • リバウンド:2,519 (3.3 rpg)
  • アシスト:1,627 (2.1 apg)

ダレル・グリフィス(Darrell Steven Griffith, 1958年6月16日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル出身の元プロバスケットボール選手。身長193cm、体重86kg。ポジションはシューティングガードNBAユタ・ジャズで活躍し[1]、背番号35は永久欠番となっている。ダンクを得意とし、Dr.ダンケンシュタイン[2]の愛称を持つ。

経歴[編集]

学生時代[編集]

ルイスビル男子高校でバスケットボールを始め、全米の多くの大学から勧誘を受けたが[3]、出身地のファンを喜ばせるために地元の学校であるルイビル大学を選んだ。

地元の期待を裏切ることなく、1980年のNCAA男子バスケットボールトーナメントで大学を初のチャンピオンに導いた。UCLAとの決勝では、23得点を記録し59-54での勝利に貢献し、[4]、ファイナル・フォーで最注目選手に選ばれた。シニアシーズンには大学記録となる825得点を記録し、AP通信のオールアメリカン・ファーストチームに選ばれ、ジョン・ウッデン賞 も受賞した。ルイビル大学歴代記録となる2,333得点を残した[5]。背番号35は1980年の活躍でに永久欠番となった[6]

NBA[編集]

ユタ・ジャズ[編集]

1980年のNBAドラフトユタ・ジャズから全体2位で指名を受け、. ユタ・ジャズはニューオーリンズからソルトレイクシティに本拠を移したばかりで、伝説のシューティングガード、ピート・マラビッチに代わるスタープレーヤーを求めていた。そのチャレンジに挑んだグリフィスは、ルーキーシーズンに平均20.6得点を記録し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[7]

1981-82シーズン、スモールフォワードのエイドリアン・ダントリーとリーグ屈指のハイスコアリング・デュオを組んだ。センターマーク・イートンとポイントガード、リッキー・グリーンのディフェンスサポート得て、ジャズは劇的にチーム力を付け、1983–84シーズンのミッドウェスト・ディビジョンタイトルを獲得し、初のプレーオフシードを獲得した。グリフィスはオフェンスプレーを進化させ、今までのアクロバティックなプレーに加えてロングレンジショットを身に着け、36.1%のスリーポイント成功率でリーグをリードし、1シーズン最多3ポイント記録となる91を成功させた。グリフィスは新たな能力を身に着け、ユタ・ジャズの実況アナウンサーのホット・ロッド・ハンドレーはグリフィスを"ザ・ゴールデン・グリフ"と新ニックネームで呼んだ。

続く、1984–85シーズンはグリフィスにとってキャリア最高のシーズンとなッタ。キャリアハイの平均22.6得点[8]、自身の記録更新となる92本の3ポインターを達成した。このシーズン中で、ジョーイ・ハセットの持つ歴代3ポイント成功数を抜いた[9]。また、1984年と1985年、2年連続NBAスラムダンクコンテストに出場している[10]

1980年代中盤にカール・マローンジョン・ストックトン強力なデュオの出現によりチームは劇的に変貌を遂げ、グリフィスは、チーム内での立場が変化し故障も重なり、インタビューで「"Dr.ダンケンシュタインはつけを払っている。」と語っている[11]) 。足の疲労骨折により1985-86シーズンを全休し[12]、復帰した時点でスターターのポジションを失っていた。更に1988年3月、左膝の手術を受け、シーズン残りを休んだ[13]。 1988-99シーズンはスタータースポットを取り戻したものの、次のシーズンでついにそれを失い、1991年に引退するまで出場時間は減少の一途を辿った。ユタ・ジャズ一筋10年のキャリアで12,391得点を記録したことを賞してジャズは1993年12月4日、背番号35を永久欠番とした[8]。 2012年、ルイビル大学学長の特別アシスタントに就任した[14]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Darrell Griffith NBA statistics. basketball-reference.com. Retrieved on February 1, 2010.
  2. ^ John Papanek. "A Rookie Gives The Jazz Pizzazz". Sports Illustrated. December 8, 1980. Retrieved on February 1, 2010.
  3. ^ Bundles of Mail for a Male Man
  4. ^ "With 59-54 Victory Over UCLA, Griffith Leads Louisville to Title". Herald Journal. March 25, 1980. B2.
  5. ^ Phillip Lee. "Classic catches up with Dr. Dunkenstein". ESPN Classic. November 19, 2003. Retrieved on February 1, 2010.
  6. ^ "Player Bio: Darrell Griffith - University of Louisville Archived 2012年9月17日, at Archive.is". uoflsports.com. Retrieved on July 1, 2011.
  7. ^ A Look at a Jazz Legend, Darrell Griffith
  8. ^ a b Jazz: Retired Numbers. NBA.com. Retrieved on February 1, 2010.
  9. ^ Hoops Analyst: Hail the Three-Point King
  10. ^ All-Star: Slam Dunk Year-by-Year Results. NBA.com. Retrieved on February 1, 2010.
  11. ^ http://espn.go.com/classic/s/Where_now_griffith_darrell.html
  12. ^ Utah Jazz Re-signs Griffith To A Long-term Contract
  13. ^ Names in the News
  14. ^ New high school basketball Hall of Fame will be who's who (and Wah Wah)”. Courier-Journal (2012年7月13日). 2012年7月15日閲覧。
  1. ^ BasketBallReference