ダンシング・シスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダンシング・シスター
ノーランズシングル
初出アルバム『ノーラン・シスターズ』
B面 つらい噂
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル イギリスの旗 エピック・レコード
日本の旗 EPIC・ソニー(06・5P-111)
チャート最高順位
ノーランズ シングル 年表
ダンシング・シスター
1980年
恋のハッピー・デート
(1980年)
テンプレートを表示

ダンシング・シスター」(I'm in the Mood for Dancing)は、アイルランド出身の姉妹ボーカルグループ、ノーランズ(The Nolans)が1979年に発売したシングル

解説[編集]

1979年11月19日発売のアルバム『ノーラン・シスターズ』に収録。同年12月7日にイギリスでシングルカットされる[1]。その後、商業展開を視野に入れた日本でもシングルカットされた。タイトルの『ダンシング・シスター』は、日本版で独自に付けられた邦題である。

イギリスのテレビ番組『Noel's Addicts』では、本人たちが日本語の歌詞でこの曲を歌ったことがあるが、シングル・アルバムには収録されていない。

1995年にはセルフカヴァーの形で再発売されたが、こちらは大きなヒットに至らなかった。

オリジナル版のリバイバルや、テレビ関連での使用も多く、2004年フジテレビドラマラストクリスマス』劇中歌に使用されたほか、2005年にはフジテレビ系『志村通』エンディングテーマ[2]及び三菱自動車のActive Field Edition[3]2007年[4]及び2012年にはソフトバンクモバイルのCMソングにオリジナル版が使用された。

チャート成績[編集]

オリコン総合シングルチャートでは、発売から約4ヵ月後の同年11月17日付で1位を獲得。翌週まで2週連続に渡り首位を守り抜き、最終的には約70万枚のヒットとなった。オリコン洋楽シングルチャートでは1980年9月8日付から通算14週1位を獲得し、1980年度の年間1位となった[5]

イギリスのシングルチャートでは最高3位を記録している。

海外グループでの国内デビューシングル・海外女性グループのオリコン総合シングルチャートでの首位は史上初。海外アーティストでの日本国内でのデビューシングル首位は欧陽菲菲の「雨の御堂筋」(1971年11月8日付)以来史上2組目。兄弟・姉妹でのシングルチャート首位はフィンガー5の「恋のダイヤル6700」(1974年1月21日付)以来史上3組目。

その後、兄弟・姉妹ユニットでのシングルチャート首位は倖田來未×misonoの「It's all Love!」(2009年4月13日付)までの28年5ヶ月間無く、海外女性グループでのシングルチャート首位はKARAの「ジェットコースターラブ」(2011年4月18日付)までの30年5ヶ月間無く、海外アーティストによる国内デビューシングル首位はチャン・グンソクの「Let me cry」(2011年5月9日付)までの30年5ヶ月間無かった。

カバー[編集]

歌手名 訳詞[注 1] タイアップ 収録作品
Wink[注 2] 森本抄夜子 アルバム『Velvet』(1990年)
Tommy february6 フジテレビ情報プレゼンター とくダネ!』挿入曲 シングル「je t'aime★je t'aime」(2003年)
BONNIE PINK サントリーチューハイ「カロリ。」2005年度CMソング シングル「Last Kiss」(2004年)
フルーツ♥パーティー[注 3] 小山哲朗 NHK教育テレビ天才てれびくんMAX』「ミュージックてれびくん(MTK)」使用曲(2004年度) アルバム『NHK天才てれびくんMAX MTK the 10th』(2006年)
サーカス シングル「しなやかに歌って/ダンシング・シスター」(2006年)
キグルミ ゆうまお フジテレビ『めざましどようび』テーマソング シングル「くるっと・まわって・いっかいてん/ダンシング・シスター」(2007年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ いる場合や判明している場合のみ記述。
  2. ^ 曲名は「銀星倶楽部 〜I'm In Mood For Dancing〜」
  3. ^ メンバーは村田ちひろ橋本甜歌川﨑樹音

出典[編集]