ダンシング・マシーン (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ダンシング・マシーン
ジャクソン5スタジオ・アルバム
リリース 1974年9月5日
録音 ハリウッド モータウン・レコーディング・スタジオ
ジャンル ソウルポップスファンクディスコ
時間 32分22秒
レーベル モータウン
プロデュース メル・ラーソン&ジェリー・マーセリノ(#1, #2, #6, #7, #8, #9)
ハル・デイヴィス(#3, #4, #5)
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 16位(アメリカ[1]
ジャクソン5 年表
ゲット・イット・トゥゲザー
(1973年)
ダンシング・マシーン
(1974年)
ムーヴィング・ヴァイオレーション
(1975年)

ダンシング・マシーン』(Dancing Machine)は、ジャクソン51974年に発表したスタジオ・アルバム

解説

ダンシング・マシーン」は、前作『ゲット・イット・トゥゲザー』(1973年)で発表された曲だが、本作には1974年2月にシングルとしてリリースされたリミックス・ヴァージョンが収録されている。

1974年6月、本作に先行して「君のものは僕のもの」がシングルとしてリリースされ[2]Billboard Hot 100で38位、R&Bチャートでは3位に達した[1]。そして、9月に本作がリリースされると、Billboard 200で16位に達し、グループにとって2年振りの全米トップ20アルバムとなった[1]。また、12月には「アイ・アム・ラヴ」がシングルのA面とB面に分割した形でシングル・カットされて[2]、Billboard Hot 100で15位、R&Bチャートで5位に達した[1]

2001年には、次作『ムーヴィング・ヴァイオレーション』(1975年)の全9曲とボーナス・トラック2曲を追加した20曲入りのCD『Dancing Machine & Moving Violation』がリリースされた[3]

収録曲

  1. アイ・アム・ラヴ - "I Am Love" (Don Fenceton, Jerry Marcellino, Mel Larson, Roderick Rancifer) - 7:27
  2. 君のものは僕のもの - "Whatever You Got, I Want" (Gene Marcellino, J. Marcellino, M. Larson) - 2:55
  3. シーズ・ア・リズム・チャイルド - "She's a Rhythm Child" (Clarence Drayton, Hal Davis, Ruth Talmage) - 2:37
  4. ダンシング・マシーン - "Dancing Machine" (Don Fletcher, H. Davis, Weldon Dean Parks) - 2:41
  5. ザ・ライフ・オブ・ザ・パーティ - "The Life of the Party" (C. Drayton, H. Davis, Tamy Smith) - 2:33
  6. ホワット・ユー・ドント・ノウ - "What You Don't Know" (G. Marcellino, J. Marcellino, M. Larson) - 4:23
  7. イフ・アイ・ドント・ラヴ・ユー・ジス・ウェイ - "If I Don't Love You This Way" (Leon Ware, Pam Sawyer) - 3:25
  8. イット・オール・ビギンズ・アンド・エンズ・ウィズ・ラヴ - "It All Begins and Ends with Love" (D. Fenceton, J. Marcellino, M. Larson) - 3:04
  9. ザ・ミラーズ・オブ・マイ・マインド - "The Mirrors of My Mind" (Charlotte O'Hare, D. Fletcher, Nita Garfield) - 3:06

脚注

  1. ^ a b c d The Jackson 5 - Awards : AllMusic
  2. ^ a b 日本盤CD『ダンシング・マシーン&ムーヴィング・ヴァイオレーション+2』(UICY-6929)英文ブックレット
  3. ^ Jackson 5, The - Dancing Machine & Moving Violation (CD) at Discogs