ダンズビー・スワンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ダンスビー・スワンソン
Dansby Swanson
アトランタ・ブレーブス #7
Dansby Swanson throws ball in from Nationals vs. Braves at Nationals Park, April 6th, 2021 (All-Pro Reels Photography) (51101531496) (cropped).png
アトランタ・ブレーブス時代
(2021年4月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州コブ郡ケネソー英語版
生年月日 (1994-02-11) 1994年2月11日(27歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2015年 MLBドラフト1巡目(全体1位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名
初出場 2016年8月17日
年俸 $6,000,000(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェームズ・ダンスビー・スワンソンJames Dansby Swanson, 1994年2月11日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州コブ郡ケネソー英語版出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。MLBアトランタ・ブレーブスに所属。愛称はダンズ[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2012年MLBドラフト38巡目(全体1158位)でコロラド・ロッキーズから指名される[3]が、契約には至らずヴァンダービルト大学に進学した[要出典]。大学時代のチームメイトには後にドジャースに入団するウォーカー・ビューラーソニー・グレイがいる。

1年時は、怪我で11試合の出場に留まった[4]

プロ入りとダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2015年6月8日に行われたMLBドラフト1巡目(全体1位)でアリゾナ・ダイヤモンドバックスから指名された[5]。7月17日に契約を結んだ事が発表され[6]、プロ入りを果たした。契約後は傘下のA-級ヒルズボロ・ホップス英語版でプロデビューし、22試合に出場して打率.289、1本塁打、11打点の成績を残した[要出典]

ブレーブス時代[編集]

2015年12月9日にシェルビー・ミラーゲーブ・スパイアー英語版とのトレードエンダー・インシアーテアーロン・ブレアーと共にアトランタ・ブレーブスへ移籍した[7][8]

2016年はメジャーのスプリングトレーニングに参加[9]。A+級カロライナ・マドキャッツで開幕を迎え、AA級ミシシッピ・ブレーブスを経て、8月17日に飛び級でメジャー契約を結んで25人枠入りした[10]。メジャーデビューとなった同日のミネソタ・ツインズ戦では「8番・遊撃手」として先発出場し、4打数で初安打を含む2安打を放った[11]。以降の試合ではショートのレギュラーとして起用されるようになり、38試合で打率.302、3本塁打、17打点、3盗塁を記録した。

2017年2月1日に背番号を7に変更した[12]

プレースタイル[編集]

長所は、自身が遊撃手を目指したきっかけであるノマー・ガルシアパーラのような広角への打撃力で、大舞台での強さやリーダー性も買われている。大学2年までは二塁手だったので、遊撃守備の成長はこれからと予想されている[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 ATL 38 145 129 20 39 7 1 3 57 17 3 0 1 2 13 5 0 34 2 .302 .361 .442 .803
2017 144 551 488 59 113 23 2 6 158 51 3 3 0 4 59 10 0 120 7 .232 .312 .324 .636
2018 136 533 478 51 114 25 4 14 189 59 10 4 6 3 44 15 2 122 5 .238 .304 .395 .699
2019 127 545 483 77 121 26 3 17 204 65 10 5 1 5 51 2 5 124 7 .251 .325 .422 .748
2020 60 264 237 49 65 15 0 10 110 35 5 0 0 1 22 0 4 71 0 .274 .345 .464 .809
MLB:5年 505 2038 1815 256 452 96 10 50 718 227 31 12 8 15 189 32 11 471 21 .249 .321 .396 .717
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



遊撃(SS)












2016 ATL 37 44 79 6 17 .953
2017 142 195 357 20 83 .965
2018 136 165 350 10 77 .981
2019 126 137 347 12 68 .976
2020 60 74 152 2 39 .991
MLB 501 615 1285 50 284 .974
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 2(2016年)
  • 7(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Dansby Swanson Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2021年7月24日閲覧。
  2. ^ Braves Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月19日閲覧
  3. ^ Rockies conclude the 2012 MLB First-Year Player Draft” (英語). MLB.com (Colorado Rockies) (2012年6月6日). 2015年12月11日閲覧。
  4. ^ Vanderbilt baseball counting big on injury-plagued Dansby Swanson”. The Tennessean (2014年2月13日). 2015年12月11日閲覧。
  5. ^ “D-backs select Dansby Swanson with first overall pick in 2015 Draft” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2015年6月8日), http://m.dbacks.mlb.com/news/article/129515740 2015年12月11日閲覧。 
  6. ^ “D-backs agree to terms with Dansby Swanson” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Arizona Diamondbacks), (2015年7月17日), http://m.dbacks.mlb.com/news/article/137063858 2015年12月11日閲覧。 
  7. ^ Mark Bowman (2015年12月9日). “Top pick highlights Shelby-to-Arizona deal” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  8. ^ “ダイヤモンドバックスは争奪戦撤退か”. デイリースポーツ. (2015年12月10日). http://www.daily.co.jp/mlb/2015/12/10/0008634919.shtml 2015年12月11日閲覧。 
  9. ^ Mark Bowman (2016年2月20日). “Close to roots, young Swanson has big league shot”. MLB.com. http://m.braves.mlb.com/news/article/165020592/braves-dansby-swanson-doesnt-forget-his-roots 2016年8月19日閲覧。 
  10. ^ Bowman (2016年8月16日). “The future is now: Braves call up Swanson”. http://m.braves.mlb.com/news/article/195933018/braves-promoting-shortstop-dansby-swanson/ 2016年8月19日閲覧。 
  11. ^ Mark Bowman (2016年8月17日). “Swanson right at home with 2-hit debut”. MLB.com. http://m.braves.mlb.com/news/article/196177494/dansby-swanson-shares-debut-with-parents/ 2016年8月19日閲覧。 
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年2月2日閲覧。
  13. ^ 「2016プロスペクト・ランキングトップ100」『月刊スラッガー』2016年5・6月合併号 日本スポーツ企画出版社 68頁

関連項目[編集]