ダンロップワールドチャレンジテニストーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2016 Dunlop Srixon World Challenge
2016 ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ
開催地 日本の旗 日本, 愛知県豊田市
開催会場 スカイホール豊田
サーフェス 室内/カーペット
大会グレード ATPチャレンジャーツアー
ドロー 32S/32Q/16D
賞金総額 $50,000+H
大会グレード ITF女子サーキット $50,000+H
ドロー 32S/32Q/16D
賞金総額 $50,000+H

ダンロップワールドチャレンジテニストーナメントDUNLOP WORLD CHALLENGE TENNIS TOURNAMENT)は、2008年から愛知県豊田市スカイホール豊田にて毎年11月下旬に開催されていた国際プロテニス大会である。男女共催大会であり、男子はATPチャレンジャー5万ドル+H大会、女子はITF女子サーキット5万ドル+Hクラスの大会としてそれぞれ開催されていた。

大会要項[編集]

大会方式[編集]

男子シングルス・女子シングルス・男子ダブルス・女子ダブルスで開催。

各種目ATP/ITFルールによるトーナメント方式で争う。シングルスは予選・本戦を行うが、ダブルスは予選なし。

大会歴代優勝者[編集]

男子[編集]

シングルス[編集]

優勝 準優勝 結果
2016 オーストラリアの旗 ジェームズ・ダックワース 日本の旗 伊藤竜馬 7–5, 4–6, 6–1
2015 日本の旗 西岡良仁 ロシアの旗 アレクサンドル・クドリャフツェフ 6–3, 6–4
2014 日本の旗 添田豪 日本の旗 伊藤竜馬 6–4, 7–5
2013 オーストラリアの旗 マシュー・エブデン 日本の旗 杉田祐一 6–3, 6–2
2012 ポーランドの旗 ミハル・プシシェズニ 日本の旗 守屋宏紀 6–2, 6–3
2011 日本の旗 伊藤竜馬 ドイツの旗 セバスティアン・リーシック 6-4, 6-2[1]
2010 日本の旗 伊藤竜馬 日本の旗 杉田祐一 6-4, 6-2[2]
2009 ベラルーシの旗 ウラジミール・イグナティック 日本の旗 伊藤竜馬 7–6(7), 7–6(3)[3]
2008 日本の旗 添田豪 大韓民国の旗 李亨澤 6-2 7-6(7)[4]

ダブルス[編集]

優勝 準優勝 結果
2016 オーストラリアの旗 マット・リード
オーストラリアの旗 ジョン=パトリック・スミス
インドの旗 ジーバン・ネドゥチェジヤン
インドネシアの旗 クリストファー・ルンカット
6–3, 6–4
2015 イギリスの旗 ブライダン・クライン
オーストラリアの旗 マット・リード
イタリアの旗 リッカルド・ゲディン
チャイニーズタイペイの旗 易楚寰
6–2, 7–6(3)
2014 日本の旗 松井俊英
日本の旗 内山靖崇
日本の旗 佐藤文平
チャイニーズタイペイの旗 楊宗樺
7-6(6), 6-2
2013 アメリカ合衆国の旗 チェイズ・ブキャナン
スロベニアの旗 ブラジュ・ロラ
ニュージーランドの旗 マーカス・ダニエル
ニュージーランドの旗 アルチョム・シタック
4–6, 6–3, [10–4]
2012 オーストリアの旗 フィリップ・オズワルド
クロアチアの旗 マテ・パビッチ
イタリアの旗 アンドレア・アルナボルディ
イタリアの旗 マッテオ・ヴィオラ
6–3, 3–6, [10–2]
2011 日本の旗 近藤大生
チャイニーズタイペイの旗 易楚寰
中華人民共和国の旗 Gao Peng
中華人民共和国の旗 Gao wan
6–4, 6–1[1]
2010 フィリピンの旗 トレト・ユーイ
インドの旗 プラヴ・ラージャ
日本の旗 岩見亮
日本の旗 近藤大生
6–1, 6–2[2]
2009 ラトビアの旗 アンディス・ユシュカ
ロシアの旗 アレクサンドル・クドリャフツェフ
カザフスタンの旗 アレクセイ・ケドリュク
日本の旗 三橋淳
6–4, 7–6(6)[3]
2008 デンマークの旗 フレデリク・ニールセン
パキスタンの旗 アイサム=ウル=ハク・クレシ
チャイニーズタイペイの旗 陳迪
ポーランドの旗 グジェゴシュ・パンフィル
7-5 6-3[4]

女子[編集]

シングルス[編集]

優勝 準優勝 結果
2016 ベラルーシの旗 アリナ・サバレンカ オーストラリアの旗 Lizette Cabrera 6–2, 6–4
2015 クロアチアの旗 ヤナ・フェット タイ王国の旗 リクシカ・カムカム 6–4, 4–6, 6–4
2014 ベルギーの旗 アン=ソフィー・メスタッハ 日本の旗 青山修子 6–1, 6–1
2013 タイ王国の旗 リクシカ・カムカム 日本の旗 桑田寛子 3–6, 6–1, 6–3
2012 スイスの旗 シュテファニー・フェーゲレ 日本の旗 クルム伊達公子 7-6(3) 6-4[5]
2011 タイ王国の旗 タマリネ・タナスガーン 日本の旗 クルム伊達公子 6-2 7-5[5]
2010 日本の旗 土居美咲 日本の旗 波形純理 7-5 6-2[6]
2009 日本の旗 クルム伊達公子 セルビアの旗 ボヤナ・ヨバノフスキ 7-5 6-2[7]
2008 日本の旗 森田あゆみ ロシアの旗 セニア・リキーナ 6-1 6-3[8]

ダブルス[編集]

優勝 準優勝 結果
2016 日本の旗 大前綾希子
ロシアの旗
Ksenia Lykina
日本の旗 藤原里華
日本の旗 奥野彩加
6–7(4), 6–2, [10–5]
2015 日本の旗 大前綾希子
タイ王国の旗 ペアンターン・プリペチ
タイ王国の旗 リクシカ・カムカム
日本の旗 田中優希
3–6, 6–0, [11–9]
2014 日本の旗 穂積絵莉
日本の旗 二宮真琴
日本の旗 青山修子
日本の旗 波形純理
6–3, 7–5
2013 日本の旗 青山修子
日本の旗 土居美咲
日本の旗 穂積絵莉
日本の旗 二宮真琴
7–6(1), 2–6, [11–9]
2012 オーストラリアの旗 ケーシー・デラクア
オーストラリアの旗 アシュリー・バーティー
日本の旗 宮村美紀
タイ王国の旗 ヴァラトチャヤ・ウォンテンチャイ
6-1 6-2[5]
2011 日本の旗 二宮真琴
日本の旗 澤柳璃子
フランスの旗 キャロリン・ガルシア
オランダの旗 ミカエラ・クライチェク
試合前棄権[5]
2010 日本の旗 青山修子
日本の旗 藤原里華
ルーマニアの旗 イリーナ=カメリア・ベグ
ルーマニアの旗 マダリナ・ゴジュニャ
1-6 6-3 [11-9][6]
2009 ニュージーランドの旗 マリーナ・エラコビッチ
タイ王国の旗 タマリネ・タナスガーン
日本の旗 井上明里
日本の旗 米村明子
6-1 6-4[7]
2008 フィンランドの旗 エンマ・ライネ
イギリスの旗 メラニー・サウス
日本の旗 クルム伊達公子
中華人民共和国の旗 韩馨蕴
6-1 7-5[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b 2011 Dunlop World Challenge” (英語). ATP. 2012年11月24日閲覧。
  2. ^ a b 2010 Dunlop World Challenge” (英語). ATP. 2012年11月24日閲覧。
  3. ^ a b 2009 Dunlop World Challenge” (英語). ATP. 2012年11月24日閲覧。
  4. ^ a b Dunlop World Challenge” (英語). ATP. 2012年11月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 2011 Dunlop World Challenge” (英語). Dunlop World Challenge. 2012年11月24日閲覧。
  6. ^ a b 2009 Dunlop World Challenge” (英語). Dunlop World Challenge. 2012年11月24日閲覧。
  7. ^ a b 2009 Dunlop World Challenge” (英語). Dunlop World Challenge. 2012年11月24日閲覧。
  8. ^ a b Dunlop World Challenge” (英語). Dunlop World Challenge. 2012年11月24日閲覧。