ダン・アダムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダン・アダムズ
Dan Adams
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 1887年6月19日
没年月日 (1964-10-06) 1964年10月6日(77歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1914年5月22日
最終出場 1915年9月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダン・アダムズDaniel Leslie "Doug" Adams, 1887年6月19日 - 1964年10月6日)は、MLB投手アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身。右投げ右打ち。愛称は"Rube"。

米国1913年から1915年まで活動したフェデラル・リーグでのプレイ経験を有する、数少ない野球選手の1人である。

経歴[編集]

プロ入り後[編集]

1911年
セントラル・アソシエーションの二球団で、合計36試合に登板。9勝を挙げるが、20敗を喫した。
1912年
前年同様セントラル・アソシエーションでプレイし、34試合で16勝を記録。一方、打撃でも11二塁打・8本塁打と長打を量産した。
1913年
この年もセントラル・アソシエーションで13試合に登板。成績は6勝3敗だった。
1914年
5月22日に、カンザスシティ・パッカーズのメンバーとしてブルックリン・ティップトップス戦で先発登板し、メジャーデビュー。この試合では9回を2失点(1自責点)に抑え、完投勝利を達成。自身初登板で初白星を記録した。シーズンでは先発・リリーフの双方をこなし、36試合・136.0回・防御率3.51と一定の数字を残した。
1915年
パッカーズで主にリリーフとして11試合に登板した。最初の5回の登板で15失点を喫するなど打ち込まれたことが響き、8月後半以降は調子を取り戻すものの、シーズン全体では0勝2敗・防御率4.63と低調な数字に終わった。
1916年
マイナーリーグイリノイ-インディアナ-アイオワ・リーグで、野手として37試合に出場した。しかし、78打数7安打・打率.090と結果を残せず、この年限りで現役を引退した。

現役引退後[編集]

1964年
10月6日、生まれ故郷のセントルイスで死去した。享年77歳。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1914 KCP 36 14 6 0 0 4 9 3 -- .308 576 136.0 141 3 52 -- 7 38 5 0 67 53 3.51 1.42
1915 11 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 150 35.0 41 2 13 -- 1 16 3 0 20 18 4.63 1.54
MLB:2年 47 16 6 0 0 4 11 3 -- .267 726 171.0 182 5 65 -- 8 54 8 0 87 71 3.74 1.44
  • 「-」は記録なし

関連項目[編集]