ダン・ユマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダン・ユマ(Dan Yuma)、本名・別名:ロバート・ダンハム(Robert Dunham, 1931年7月6日 - 2001年8月6日)は、日本で活躍したアメリカメイン州ポートランド出身の俳優、映画監督、映画プロデューサー

来歴・人物[編集]

1953年ウィリアムズ大学卒業後、朝鮮戦争海兵隊員として出征。その後、横浜に配属され、20年にわたり日本に在住。退役後は貿易会社や靴の会社を営む傍ら、日本映画界で、日本語の話せる貴重な外国人俳優として、数々の映画に出演した。

軽妙な演技が持ち味で、『宇宙大怪獣ドゴラ』(1964年)のマーク・ジャクソン役で強い印象を残す。東宝はこの『宇宙大怪獣ドゴラ』の売り込みの代理人としてハリウッドに彼を派遣した。また同時に、実現はしなかったが、マーク・ジャクソンのキャラクターを使った映画の企画も売り込んでいた。

フランケンシュタイン対地底怪獣』(1965年)では、本人の熱心な売り込みもあり、当初はジェームス・ボーエン博士役の候補だったが、アメリカ側の要請でニック・アダムスに役を譲っている。アメリカでは、『ゴジラ対メガロ』のシートピア司令・アントニオ役で特に知られている。

俳優業と並行して、1960年代後半から日野・コンテッサのチームに所属。スタントドライバーとしても活躍し、アメリカでのレースなどに出場した。

1970年代後半にアメリカに戻った後はケープコッドに住み、離婚後はフロリダ州サラソータに移った。生涯、結婚と離婚を繰り返し、1999年に7度目の結婚をしている。晩年までプロデューサー兼監督業を続け[1]、2001年、血栓症で死去した。

出演映画[編集]

テレビ作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『宇宙船 Vol.90』(朝日ソノラマ)「レポート G-CON in N.Y」