ダン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本来の表記は「儋州」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

儋州(だんしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から民国初年にかけて、現在の海南省西部に設置された。

概要[編集]

622年武徳5年)、により儋耳郡は儋州と改められた。742年天宝元年)、儋州は昌化郡と改称された。758年乾元元年)、昌化郡は儋州の称にもどされた。儋州は安南都督府に属し、義倫昌化感恩洛場富羅の5県を管轄した[1]

1073年熙寧6年)、北宋により儋州は昌化軍と改められた。南宋端平年間に昌化軍は南寧軍と改称された。南寧軍は広南西路に属し、宜倫・昌化・感恩の3県を管轄した[2]

のとき、南寧軍は湖広等処行中書省に属し、宜倫・昌化・感恩の3県を管轄した[3]

1368年洪武元年)、のとき、南寧軍は儋州と改められた。儋州は瓊州府に属し、昌化県を管轄した[4]

のとき、儋州は瓊州府に属し、属県を持たない散州となった[5]

1912年中華民国により儋州は廃止され、儋県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志四
  2. ^ 宋史』地理志六
  3. ^ 元史』地理志六
  4. ^ 明史』地理志六
  5. ^ 清史稿』地理志十九