ダーウィンズゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダーウィンズゲーム
ジャンル サスペンス
漫画
作者 FLIPFLOPs
出版社 秋田書店
掲載誌 別冊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
発表号 2013年1月号 -
巻数 既刊18巻(2019年7月8日現在)
アニメ
原作 FLIPFLOPs
放送局 未定
放送期間 未定 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画・アニメ

ダーウィンズゲーム』は、FLIPFLOPsによる日本漫画作品。『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2013年1月号から連載中。2019年3月時点での累計発行部数は230万部[1]

あらすじ[編集]

東京のある夜、水面下で殺し合いが繰り広げられていた。その片方の高校生はアプリ内の機能を使って友人に救援のメールを送り、その直後に殺害される。高校生のカナメは、ある日『ダーウィンズゲーム』というアプリの招待を親友から受けて起動する。すると、いきなり目の前に地元球団のマスコットの着ぐるみを着た人物がどこからともなく現れ、包丁で自身を殺害しようとする。命からがら逃げ出した彼が駆け込んだ交番では、着ぐるみ男が警官を殺害した。着ぐるみ男は「透明になる」という超能力の持ち主だったが、その場で男がした通話の内容から着ぐるみの中身が宇宙人などではなく、れっきとした人間であることが判明する。謎の人物からアプリ内のチャットを通じて送られてきたアドバイスをもとにカナメが逃げ回るうちに着ぐるみ男が偶然交通事故に遭い動けなくなる。その直後アプリにはカナメの勝利を告げるメッセージが表示される。キグルミ男の正体はカナメとその親友の担任教師、カトウだった。その後、カトウは自身が座っていた床ごと体が切り刻まれながら、しかしその場には死体や血痕が残らないという異常な光景を目撃する。その後カナメは自宅でアプリについて調べ、初回ガチャで手に入った拳銃が実際に自分の部屋の寝室にテレポートされ、その中身が本物の拳銃であるという異常事態に直面する。情報を手に入れようとカトウとの戦闘の最中にアプリ内のチャットでコンタクトを取ってきたシュカというプレイヤーに接触する。彼女から聞いた話では、このゲームは各プレイヤーに異能(シギル)と呼ばれる様々な超能力が与えられ、他のプレイヤーと命懸けで戦うことを強制される異能者たちのバトルゲームであった。ゲームをやめたいと思ったカナメは、同じプレイヤーのシュカからゲームからリタイアする方法を聞き出そうとするが、一度始めたら絶対にやめられないと知らされる。

ダーウィンズゲームにはイベントがあり、カナメは初参加となった『宝探しゲーム』をクリアする。直後にゲームマスター(GM)から、ゲームクリアかシステムの破壊によってゲームをやめることができることを知る。かくしてカナメはクラン【サンセットレーベンズ】を結成し、ゲームのクリアを目指す。

続くイベントの『ハンティングゲーム』では別の世界のGMと接見し、アプリを解析することによってGMへ近づく方針を固めたが、立て続けにイベントが開催され、その対応に奔走される。

登場人物[編集]

クラン【サンセットレーベンズ】(夕暮れのカラス達)[編集]

カナメが組織したクラン[注 1]。クランマークは翼を広げた烏。

スドウ カナメ / 須藤 要(スドウ カナメ)[2]
本作の主人公。17歳[3]の高校2年生の男子。アパートで一人暮らしをしている[注 2]
同級生で友人のキョウダを助け、内容を知らないままダーウィンズゲームに参加した[2]。初心者でありながら立て続けに「バンダ君」[4]や「シュカ」[5]といった名だたる対戦相手を倒したことで一躍注目を得るプレイヤー[6]。シュカとは対戦後に同盟を組んでおり[7]、その後、組織したクランのメンバーとなってもらっている[8]。初参加となったイベントの宝探しゲームでシブヤに隠された宝を仲間と共に見つけ出しクリアした[9]
生存能力・機転・運動神経いずれにおいても高い潜在能力を持つとともに、Dゲームに無関係な一般人を巻き込むことを忌避している。
シブヤを制圧後に、全プレイヤーに対してサンセットレーベンズの領地におけるDゲーム禁止令[注 3]を告知した。それにより発生した小競り合いなどもシュカ達メンバーが出向いて終結させている。一般プレイヤーが死なないように「ダンジョウ拳闘倶楽部」と共にクランシェルターを解放しており、関東における戦闘を90%減少させることに成功した。
異能は触れたことのある物体をコピーして創り出す「火神槌(ヒノカグツチ)」[10]。宝探しイベントのクリアで得た特権は「勝者総取り(ハイ・ローラー)」[11]
シュカ / 狩野朱歌(カリノ シュカ)[12]
【サンセットレーベンズ】のメンバー[8]。16歳の女子高生[12]。マンションで一人暮らしをしている[注 4]
戦闘能力がとてつもなく高く、初戦から負け無しで49連勝したことから「無敗の女王」と呼ばれている[13]。Dゲームを始めたばかりのカナメにチャットで助言を伝え、彼の窮地を救った[14]。Dゲームについて詳しく話がしたいと言うカナメ[15]と、実際に対話したが結局戦闘になるもカナメの異能と戦略によって制圧される[16]。負けた自分を殺さなかったカナメを信用して自分達のクランを作るように提案した[17]。カナメに対して強い恋愛感情を持っている。
異能は紐状の構造物を自在に操る「荊棘の女王(クイーンオブソーン)」[18][注 5]
レイン / 柏木鈴音(カシワギ レイン)[19]
【サンセットレーベンズ】のメンバー[20]。中学1年生[21]のボブカットの少女。13歳[22]。左目の下に黒子がある。好物はうまい棒[注 6]
情報収集能力に長けており、様々な情報を正確に解析することから『解析屋』と呼ばれている[23]。積極的に戦うタイプではなく、本人も『逃げ専』というほど戦闘を避けて今まで生き延びてきている[24]
『宝探しゲーム』にて生き残るためにカナメと一時的に手を組んだことがきっかけで[注 7]、後にサンセットレーベンズメンバーとなる。その後はダーウィンズゲームを終わらせる共通目的から、ゲーム自体の解析を主に、電子系システムの管理を行う。
異能は全ての動きを予想する『世界関数(ラプラス)』[25]。戦闘では主にラプラスを応用した回避や狙撃を行っている。
リュージ/ 前坂隆二(マエサカ リュウジ)
【サンセットレーベンズ】のメンバー。茶髪の青年。年齢は21歳。戦闘ではドクロのマスクと防弾の装備を纏って、機関銃を用いた制圧を得意としている。
カナメとは『宝探しゲーム』で敵として遭遇しており、リングを持つカナメを問答無用で襲っているが、イベントに【エイス】の王(ワン)が参加していることを彼らの会話から聞き付けて、考えを改めてカナメ達に協力している[26]
戦闘シーンが多いが、それは異能ではなく身体的能力である。また、車両の扱いを任されている。
異能は喋っている相手が嘘をついているかどうか分かる『嘘発見器(トゥルーオアライ)』。
スイ
【サンセットレーベンズ】のメンバー。二重人格の少女(少年)。
『宝探しゲーム』で、狙撃を警戒して地下道に入ったシュカを、水を操る異能によって地下道を水没させてシュカを追い詰めた。
イベント終了後にシュカにスカウトされてサンセットレーベンズに加入する[注 8]
異能は水を自在に操る『枯れずの水瓶(ポルクスライト)』。液体に含まれる水分を操作することで、様々な液体を操作できる。
ソータ[27]
スイの兄。1年前に事故で死んでいる。スイがDゲームを始めた影響で、ソータの魂はスイの体に宿っている。スイよりも口調が荒いため、周囲は入れ替わったことにすぐ気づける模様。
異能は水を凍らせる『開かずの氷室(カストルライト)』。
劉雪蘭(リューシュエラン)[28]
超一流の暗殺者でポニーテールの女性。普段は動物を模した仮面を着けている。
日本におけるDゲームのランキング1位で、通称接死の狐(アンタッチャブル)[28]。二千年続く殺しの一族の末裔であり、後継者を探している[注 9]
かつてダンジョウの所属していたロシアンマフィアを襲ったことから、彼の師と呼べる間柄となっている。
サンセットレーベンズとのクランマッチにおいて、『誰も殺さず逃げきる』というハンデを抱えていたことにより、士明の発言で最後には負けを認めた。
異能と見紛うほどの殺気を放つことで、相手に死ぬ幻を見せることができる[28]。これを用いて相手を戦闘不能にする。
士明(シーミン)
雪蘭の補佐を務める丸眼鏡をかけた老執事。
雪蘭のため、決闘後はサンセットレーベンズに対し潔く負けを認め、なおも渋る彼女を説得してみせている。
武芸を含め豊かな識見を持ち、サンセットレーベンズのメンバーを心身と異能共に鍛え上げている。

クラン【エイス】[編集]

シブヤを拠点とするクラン。メンバー全員が揃いのジャケットを着ている。クラン崩壊時に全員が死亡する。

王(ワン)[29]
ドレッドヘアーの男性[29]。【エイス】リーダー。
人を殺すのが好きであり、生きている人の指を切断して酒の入った瓶に詰めている。
狡猾で頭が良く、『宝探しゲーム』に招待されていなかった【エイス】のメンバーを呼び集めて、カナメ達のいるホテルのリングを狙った。
イベント敗北後、カナメへの逆恨みから復讐を企てるが、それも叶わずサンセットレーベンズに敗北し、カナメの特権によってクランごと壊滅し死亡する。
異能は空間を自在に操る『虚空の王(ベルゼブブ)』。瞬間移動と切断を自在に操る。
カツラ ケーイチ[30]
坊主頭の男性。空手の達人[30]。【エイス】の幹部である古参メンバー[30]。大量のリングを狙い、シグや他のメンバーとホテルに向かい、自身の異能による空気の壁を足場として外から侵入した[30]。右目に眼帯をしている[8]
異能は空気圧を拳に乗せる『豪風拳(テンペスト)』。
シグ[30]
細目の男性。【エイス】の幹部で「火炎魔人」と称される[30]。大量のリングを狙い、ケーイチと他のメンバーと共にホテルに向かった[30]。そこでヒイラギと戦闘になるもヒイラギの異能によってホテルを倒壊させられ、巻き込まれた[30][31]
異能は身体を炎で包む『火身焦熱(アグニドライブ)』[32]
シンジ
【エイス】のメンバー。元々シンジがDゲームをやっており、面白半分で王が始めた。人を殺したことが無かったがカナメに銃を向けて撃とうとしたところを、先に額を撃ち抜かれて殺された。

カネヒラ保険組合[編集]

金平 英明(カネヒラ ヒデアキ)
【カネヒラ保険組合】を運営している男性。過去行われたイベントをクリアして報酬として保険事業の契約システムを実装した。
一見普通のサラリーマンだが、剣術において非凡な才覚を持つ。
異能は実体を伴った自分自身のコピーを半径約2km以内の任意の場所に複数生み出し操作する『摩利支天(ハレーションゴースト)』。さらにコピーの消去を行うことで、瞬間移動系能力あるいは光学系幻覚能力として偽装を図っていた。
イベント「ハンティングゲーム」でカナメの殺害を企てるが敗北。イベントの出現モンスター「ドウメ」と戦うも殺されてしまう。
サイトウ
小太りな男性。毎月の保険料の振り込みに文句を言いつつ[33]も、カネヒラ保険組合に所属している[注 10]
ヤマウチ ギイチ[34]
Dランカーの男性。ハンティングゲームではカネヒラ保険組合でのチーム内の情報を伝達する役割を担っている。

クラン【ダンジョウ拳闘倶楽部】[編集]

シンジュクを拠点とするクラン。メンバーは26人であり、元々は至って普通のキックボクシングジム。

ダンジョウ / アレクセイ・ベルジェンニコフ[12]
シンジュクを拠点とするクラン【ダンジョウ拳闘倶楽部】のリーダー。 ロシア人の男性で空手の胴着を着ている。ダンジョウと名乗っているのは日本が好きだからという理由[35]。過去行われたイベントをクリアして、Dゲーム運営にランクマッチバトルの代わりに興行試合でポイントマッチを許可してもらっている[9]。その昔、マフィアのボディーガードをしており、雪蘭とはそのとき出会った[28]
異能は自分の体をタングステン鋼を上回るほど固くする『金剛羅刹(ウォールアイアン)』。
カエデ
ロシア人の日本の着物を着た女性。ダンジョウの妻。カエデと名乗っているのはダンジョウと同じで日本が好きだからという理由[35]
異能は自然治癒を促進させる『薬師恩寵(ヒーリンググレイス)』[35]
イヌカイ[36]
高校1年生。
シュカを倒したカナメと戦いたいがために、レインの情報を元にシブヤに出てきた[37]。初心者であるカナメに戦う前に色々と忠告するなど根は良い人物[38]。武器を扱うのに抵抗があり、己の肉体だけで戦う。
カナメに対し嫉妬心を抱き、ダンジョウの許可を得ずに同盟クランであるカナメと戦ったため、ダンジョウから破門を言い渡される。その後【サンセットレーベンズ】に加入する。雪蘭の指導により三節棍の使用を習得。
異能は自分の運動速度を数倍上げる『韋駄天足(スピードスター)』。

ケルベロス[編集]

兄妹3人によるクラン。【AGEラボ】と協力関係になった。

大兄(おおにい)[30]
冷静な男性。額をライフルで撃ち抜かれても復活した[30]。妹の発生させる毒に耐性ができている[30]
異能は治癒能力[30]
小兄(ちいにい)[30]
弱腰の青年[30]
[30]
カチューシャを付けた女性。イベントバトルでリングを6種類集め、最後の1つであるダイヤを手に入れようとするも【ダンジョウ拳闘倶楽部】に3人とも失神させられてしまう[30]
異能は毒を発生させるもの[30]

AGEラボ[編集]

アメリカで研究に勤しむクラン。Dゲーム参加者のDNAサンプルを集めている。

ジスラン
車椅子に乗った褐色の肌の青年。
マリア アンダーソン
白衣を纏った女性。眼鏡を描けている。

西郷組(サイゴウグミ)[編集]

オオサカエリアで活動する暴力団を母体とする有力クラン。

サイゴウ タケシ
クランリーダーの男性。髪型はリーゼント。
カナメが持ちかけてきた、西郷組とサンセットレーベンズによる相互不可侵協力の提案を1度は断るも、自身がカナメによって殺されかける事態に陥ったため降伏して提案を了承した[39]
ハンティングゲームにて日本邑でカナメ達と再会しており、妹のアリサと共にカナメに協力する。
異能は武器に特化して多数の金属物を同時に操る念動系能力『騎士の栄光(ナイツ オブ ラウンド)』[40]
毎朝事務所近くのお地蔵さんを清掃している。
サイゴウ アリサ
タケシの妹。西郷組のメンバー。腰に刀を差している[41]
ハンティングゲームにて兄のタケシと共にカナメ達と再会した。モクレンの申し出を引き受けてカナメ達に協力する。
異能は『王之利剣(ザンテツケン)』[注 11]

くちなわ会[編集]

同名の宗教団体[注 12]を母体としている巨大なクラン。幹部信者全員が同じ異能を使う集団[42]

セイゲン
【くちなわ会】のリーダーの男性。頭に蛇を象った飾りをつけている。
自分達が殺した人間が転送されることを『くちなわ様の下に還る』と信者にうたっており、殺すことでその者を救っていると考えている。
ノリエ
【くちなわ会】のメンバーの糸目の女性。
異能は念動系。
タケシの元同級生であり、関西出身。

Dゲーム参加者[編集]

京田 浩之(キョウダ ヒロユキ)[2]
カナメの同級生[2]。Dゲームのポイントをお金に換金し、バイクなどを購入していた[43]
バンダ君に襲われ逃げ回って窮地に陥り、カナメにDゲーム経由で助けを求めたが、首を包丁で切られて殺される[2]
シノヅカ ヨウタ(篠塚)[44]
カナメの同級生の小太りな青年。カナメとキョウダに影響されてバイクに興味を示していた。
カナメの友達という理由でエイスに接触、監禁され、王によって指を全て落とされた[8][45]。その後、予めカナメ招待メールが入った携帯をシュカによって届けられ、Dゲームに参加する[46]。参加によって得た異能によって拘束を解くも、王によってバラバラにされ、遺体となってカナメと対面することになった[47]
異能は念動力。
タゴナカ ユキマサ[32] / 田護中 幸正(たごなか ゆきまさ)[48]
初老の男性刑事。浦賀署の巡査部長。サカキと共に人型器物損壊事件を調査している。綾小路から「ダーウィンズゲーム」に関わることは口頭で自分に伝えてくれと言われた。そのあと、「Alvitr023」から招待されたDゲームをダウンロードしてイベントバトルに巻き込まれた。
異能は昔飼っていた犬「タロウ」を呼び出すもの。タロウの姿や鳴き声はタゴナカにしか分からない一方、タゴナカ以外にも物理干渉が可能な実体を備えている。
バンダ君[2] / カトウ[14]
ルーキー狩りをしているプレイヤー。西京パンデミックスのマスコットの着ぐるみ姿[2]
正体はカナメ達の通う高校の男性教師[14]。同期のタナカから招待されたDゲームで殺されかけるも、返り討ちにして殺した[14]。それからは金のために初心者狩りをしており、自身の生徒であるキョウダを刺し殺した[2][14]。キョウダとのバトルに引き続いて始まったカナメとのバトルで返り討ちにあい、敗北して消去される[14]
異能は自分の姿を透明にする隠形(ステルス)。発動条件は体を衣類で覆うこと。
綾小路 海斗(アヤノコウジ カイト)
警視。眼鏡を掛けた理知的な男性。渋谷で起きた大規模な人型器物損壊事件において、合同捜査本部を取りまとめている。イベントバトルに巻き込まれたタゴナカに警察無線を用いて「Dゲーム」の要点を伝えた。
異能は目を合わせた相手の精神を操作できる「強制執行(ピースメーカー)」[49]
志藤 アカネ[50]
ショートヘアーの女の子。イベントバトル開始早々、王の近くに転送されて攻撃を仕掛けるも反撃されてビルから落下させられた[51]。バトルロイヤルイベント最初の死亡者[51]
異能は炎を操るもの。可燃物と距離が離れていると発動することができない[52]
テミス
クラブ「トリニティ」の支配人である女性。過去行われたイベントをクリアして報酬としてDゲームを利用した賭博場を開くことを許可されている。「トリニティ」の戦力はそうでもないが、政界と財界と関わりが深いクラン。
シュカと負けた方が傘下に加わるという賭けをし、敗れており、サンセットレーベンズの傘下に入っている。
異能は「歪んだ天秤(アンバランス)」
ヒイラギ イチロウ[53]
「花屋」と呼ばれている男性プレイヤー[54]。誰も姿を見たことがなく、謎に包まれている[54]。生まれつき心臓が弱い[55]。典型的な罠を設置するプレイヤーであるものの[54]、植物による強固な鎧によって接近戦も可能[55]。娘の治療費を稼ぐため「Dゲーム」をプレイしている[32]。カナメとレインによって敗北するも、ホテルに存在する多量のリングを狙うエイスに対抗するため、彼らと即席のクランを結成する[55]。単独でホテルに残り、エイスメンバーと戦闘。奮闘するも、ケーイチとシグの連携によって胸を貫かれてしまう[30]。その後、異能によってホテルを倒壊させ、力尽きた[31]
異能は植物を自在に操るもの。植物の特性によって倒したプレイヤーを操ることも可能であり、対カナメ戦序盤ではリュージを含む多数のプレイヤーを操って戦った。
鈴音(スズネ)[35]
12歳[32]。ヒイラギの娘。心臓が弱く入院しており、保険金を支払いに訪れたカネヒラに父の死を告げられショックを受ける。さらに、その後見舞いに訪れたレインが伝えた「Dゲーム」について調べている最中、偶然にも担当医であったアマガサにDゲームについて尋ねてしまったことから、アマガサに騙されてダーウィンズゲームに参加させられてしまう[56]。リュージとスイの救援により助かり、現在はダンジョウ拳闘倶楽部でお世話になっている。異能に目覚めてからは心臓病も治っているが異能を細かく制御できずに獣耳と尻尾は生えたままになっている[57]
異能は体を獣のように変化させるもの。応用が効き、両手を獣のように変化させるだけでなく、額から角を出して気配が分かることも可能[58]
コトリ
クラン「アイシークラウン」メンバーの女性。レインに情報を提供している[59]
メールの内容が独特であり、文字の代わりに絵文字を代用することからレインに「細かい所が良く分からない」と言われている[60]
レッドバイパー[61] / 天笠(アマガサ)
スズネの担当医。女性。
医師でありながら人を殺すことに快感を覚える異常精神の持ち主。戦いを楽しむタイプ。異能でガスを作ることもできるのでガスマスクを所持している。対戦相手の死亡確認も確実に行うなど慎重な人物。クラン「オリーブツリー」に所属している[注 13]
『養殖』によってスズネをプレイヤーにして殺そうとしたが、リュージとスイの妨害によって阻止される。それでもスズネだけはなんとしても殺そうと試みるがリュージの異能によって嘘を見抜かれ頭を撃ち抜かれて死亡する[62]
異能は無から様々な化学物質を合成できる「万能薬(アスクレピオス)」。自身を起点として30センチメートルまでという制限がある[63]。いざとなれば興奮剤によって筋力の制限を外すことも躊躇わない。
オボロ
逆十字のついた黒い祭服を纏う青年。ゲームマスターと携帯電話で連絡を取り合っているプレイヤー。
異能は、CIA捜査官エドワルドの銃弾を止めていることから念動系の能力である模様[64]
オージ キミヒコ
迷彩服を着た青年。銃器に詳しく、使用する銃はガチャで手に入れている。使用する銃はベルギー製のスカー。フランス製の銃が好きであり、カナメに熱く語っている。そのため保有ポイントは0であり、カナメに「よく生き残ってこれたな」と言われている[65]
異能は千里眼「企鵝眼(サードアイ)」[66]。自分で異能の限界を決めてしまっており、カナメのアドバイスのおかげで50m[67]の範囲を90m[68]先まで伸ばすことができた。さらにリクを見つけ出した際の能力的矛盾をオボロやアリサに指摘されることで、空中半径2kmという驚異的な視界を獲得、隠れ潜んでいたカネヒラの本体を見つけ出す。
サカモト カズミ
女性刑事。クラブ「トリニティ」にタゴナカと共に潜入する際に着ていたドレス姿の感想を聞く辺り、綾小路に気がある模様。Dゲームが表社会に溶け込んでいる実状に不安を覚えている[69]

日本邑の住民(ニホンクニ)[編集]

リク
日本邑の侍衆筆頭の男性。刀と槍、弓矢を用いて戦い、カナメ達に自らを侍だと名乗っている。
ハンティングゲームの舞台である島で、ドウメに襲われて窮地に陥っていたカナメの前に現れて2人でドウメと対峙する。オージが異能を用いて木の上に身を隠していたリクに、救援を求めてそれに応えた[70]
その後、ドウメを倒した功績としてミノルから日本邑の宝刀である「童子切」を与えられる。だが、カネヒラの差し金による児童二名の殺害が発生。他の侍衆と共に実行犯三名を追い詰めるも、突如現れたカネヒラの妨害を受ける。さらに日本邑帰還直後、トオルによってカナメが尋問を受けていると知り、急いで牢へと駆けつけるが折悪しく傷だらけのカナメが実力行使で脱出を図っていたため事態は悪化。解決のため「神明決闘」を申し出る。当初はわざと敗死することでカナメを救う腹積もりであったが死を覚悟してのトワの乱入と叱咤、さらにカナメが拳銃の威力を見せつけながら挑んだ素手での勝負を「承り」、最終的に両者ダブルノックダウンの「茶番」により一件は丸く解決する。
モクレン
巫女衆の筆頭であり、リクの妹。17歳。
識希流(シギル)という予知夢を見る特殊な力を持っており、日本邑を救う者達が来るのを待っていた。
トワ
モクレンの付き人の巫女見習い。
日本邑に訪れたカナメ達を、大事なお客様だと言われており、傍に控えるように言われていた。
命がけで神明決闘に乱入し、邑人を叱りつけ、カナメとリク双方の命を救う。
ミノル
日本邑の長。カナメ達が日本邑に訪れたことを快く思っていない。
トオル
日本邑の長老の一人。禿頭の老人。孫であるシノ達がカネヒラの手下によって射殺されたことによりカナメ達友好的なプレイヤーをも逆恨みし、犯人の一味として拷問を加えるも、そこで行われた「神明決闘」とその際にカナメが拳銃の威力を見せながらも敢えて拳で闘ったことから、わだかまりを解く。  

アメリカ軍[編集]

ターニャ
米軍所属の黒人女性。イベント「海賊王との決闘ゲーム」に参加しているとき、他の米軍の部隊と接触する。「Dゲームプレイヤーは米軍ではモルモットにされる」という噂から自身がDゲームプレイヤーであることを隠していた。
ランド
差別的な言動が目立つ元海兵隊所属の白人男性。指揮官いわく「指揮系統を勘違いしている」らしく、カナメたちに銃を向けた際にシュカに腕を切断された。
しかし、銃を向けたのは拘束された同じ海兵隊所属のプレイヤーを助けるためで、ターニャと口論した際にも上官の指示には基本的に従うなど、軍人としての心構えは持ち合わせている。
キム
アジア系の米軍兵士。痩せ型で落ち着いた性格。

その他[編集]

サカキ
若い男性刑事。タゴナカと共に人型器物損壊事件を調査している[71]。Dゲームのプレイヤーとなってしまったタゴナカに「無関係な若者を巻き込みたくはない」という理由からDゲームについては関わっていない。
ろっこ
シュカと同じ高校に通う女の子。シュカに彼氏ができたような反応をされて、詳しく話を聞きたがった[72]
ユミ
キョウダの彼女。キョウダの友人であるカナメの家が荒らされているのを目撃して、護身用に包丁を持ってくる度胸の持ち主。カナメにダーウィンズゲームの招待が来たと聞いて詳しく聞くため篠塚に詰め寄った[73]
ゲームマスター
Dゲームの運営をしている男性。Dゲームを作った訳ではなく、システムをゲーム化させたに過ぎない[74]。王を「特別観察対象」にしていたが「エイス」を壊滅させたカナメを次の「特別観察対象」にする。Dゲームを次の段階へと進めようとしている。
エドワルド・リスラー
CIAに所属する上級分析官の白人男性。CIAに報告するDゲームに関するレポートをタイプライターで制作していたが、自衛のために撃った拳銃の銃弾をオボロによって止められて殺された[注 14]

用語[編集]

ダーウィンズゲーム
携帯電話のソーシャルゲーム。通称Dゲーム[75]。招待メールのURLを押した瞬間に、携帯電話画面から蛇が出てきて首を噛まれた者はDゲームの参加者となる[2]。初期に所持しているポイントは30ポイント[76]
ポイントを他の参加者と奪い合うゲームであり、1ポイント10万円で換金できる[51]。プレイヤーにはランクがあり、高ランクのプレイヤーには毎月一定のポイントが配布される。ポイントによってガチャやショップで買い物ができる[51]
ポイント全損でゲームオーバー[51]
このゲームは辞めることができない[77]
ダーウィンズゲームを大々的に公表することは禁止されており、破るとアカウントが消去される[51]
ゲームオーバーなどで参加資格を満たさなくなった時点でプレイヤーは消滅する[14][51]
対戦方式は二通り。
クラスマッチバトル
携帯電話の画面に表示された対戦者を選び、プレイヤーのどちらかが対戦相手の目の前に転送される[51]
エンカウントバトル
目の前にいる相手に対戦を挑むもの[51]
ガチャ
1ポイント消費して出たアイテムがもらえるもの[29]。銃はレア以上であり、出現率は8%[77]
ショップ
ショップページに掲載された物をポイントによって購入できる[51]
シェルター
使用すれば1週間の間、クラスマッチリストに名前が表示されないアイテム[51]。販売ポイントは10ポイント[51]
異能(シギル)
ダーウィンズゲーム参加者全員に個別に与えられる力[78]。ゲームを始めた瞬間から自然に使い方が分かるもの[79]。異能の変更は不可能[77]
分類は5系統あり、念動系・身体変化系・精神操作系・感覚拡張系・化学錬成系[80]
クラン
Dゲームでのプレイヤーギルド。新規クランはクラスB2から作成可能。

イベント[編集]

Dゲームの参加者による大規模のイベント。イベントが初めて開催されたのはAランクのプレイヤーが現れたときからだと言われている。イベントクリア者にはゲームマスターから1つだけ望んだ特権を与えられる。

バトルロイヤル(宝探しゲーム)[編集]

[81] 参加者300人によるリングの争奪戦。終了時間までにリングを3つ以上所持していないプレイヤーは消去される。リングは7種類あり、それぞれ宝石の名が付けられている。

宝を見つけ出すのがクリア条件だが、ほとんどの参加者はそのことに気付かずに所持ノルマ3個やリングのポイントにしか興味がない。

ハンティングゲーム[編集]

どこかにある島で、ルールに記載されたターゲットを倒してIP(命の重さポイント)を稼ぐゲーム。うさぎや熊といった動物から人間までがIP一覧に載っている。参加者の誰かが10000IP集めるとゲームはクリア。 IP一覧にある、?の項目は200IP[注 15][82]、BOSSは10000IP。この2つは絵が載っていなく対象が不明。 一緒に狩りを行っているメンバー全員に同ポイントが入る。

ドウメ
複眼の巨大なゴリラのような生物。木を容易にへし折る腕力と高い知能を持つ。石を凶器として用いたり同じ戦法が通用しないなど学習能力の高さがうかがえる。
綾小路の話ではコロンビアで米軍歩兵1個中隊が1体のドウメによって全滅している。
カイギュウと呼ばれる生物に乗って島の外からやって来た。島の周囲に少なくとも3,000匹はいることがモクレンによって予想されている。
異能は念動系[注 16]
日本邑(ニホンクニ)
人口300人ほどの孤島に存在する村。長老衆・侍衆・巫女衆の3つの衆が存在している。
島の周囲をドウメによって囲まれており、弧島でありながら魚などの海の幸を獲れずにいる。
その昔、神明決闘(シンメイケットウ)と呼ばれるどちらが正しいかを決める儀式があったがミノルが邑長になってからは執り行われていない。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2018年11月に発表された[83]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 名前の由来はレイン以外のメンバーが決めており、カラスに対するそれぞれの印象から
  2. ^ 父親は海外へ単身赴任、母親は亡くなっている
  3. ^ 破った者はスドウカナメの名において処罰される
  4. ^ 両親は亡くなっている
  5. ^ 微細な振動を与え続けることも可能
  6. ^ 好きな味は納豆味。
  7. ^ ホテルから脱出するまでという条件で。
  8. ^ ソータのことを設定だと思われて、面白いからという理由で。
  9. ^ カナメに殺しの技を継がせるか、カナメの子を産むか
  10. ^ ハンティングゲームで組合を去っていたことが判明する
  11. ^ カナメの前で自らの異能について口走っており、刃物の切れ味が増すとカナメに予想をたてられてしまっている。人前で異能について喋るなとタケシに注意されている。
  12. ^ 信者数は5万人
  13. ^ オリーブツリーはソロプレイヤーがクラン機能を使うために集まっている名前だけの集まり
  14. ^ レポートはオボロによって燃やされている
  15. ^ 200IPの獲物はドウメ
  16. ^ 日本邑の住人からは戦殻(センカク)と呼ばれている

出典[編集]

  1. ^ 単行本17巻の帯。
  2. ^ a b c d e f g h i 1巻, game#01.
  3. ^ 原作2巻122Pサカキの発言より
  4. ^ 原作1巻game1 - game3
  5. ^ 原作2巻game1 - game6
  6. ^ 原作2巻155と156Pイヌカイの発言より
  7. ^ 原作2巻116P
  8. ^ a b c d 6巻, game#24.
  9. ^ a b 6巻, game#21.
  10. ^ 原作6巻42Pゲームマスターの発言より
  11. ^ 原作8巻75 - 78Pカナメの発言より
  12. ^ a b c 9巻, game#33.
  13. ^ 2巻, game#06.
  14. ^ a b c d e f g 1巻, game#03.
  15. ^ 原作1巻154P
  16. ^ 原作2巻game5 - game6にて
  17. ^ 原作2巻108と114、115Pシュカの発言より
  18. ^ 原作2巻65P
  19. ^ 原作8巻108Pエドワルドのレポートより。
  20. ^ 原作6巻172Pレインの発言にて
  21. ^ 原作3巻44Pレインの発言より。
  22. ^ 原作8巻108Pエドワルドのレポートより。
  23. ^ 原作2巻137Pと原作3巻49Pにて。
  24. ^ 原作3巻64 - 71Pカナメとレインの会話にて。
  25. ^ 原作3巻152 - 168P
  26. ^ 原作4巻67 - 74P。
  27. ^ 4巻, p. 170, game#16.
  28. ^ a b c d 6巻, game#23.
  29. ^ a b c 1巻, game#04.
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 5巻, game#18.
  31. ^ a b 5巻, game#19.
  32. ^ a b c d 5巻, game#17.
  33. ^ 原作1巻179 - 180P
  34. ^ 原作10巻44P
  35. ^ a b c d 6巻, game#22.
  36. ^ 2巻, game#08.
  37. ^ 原作2巻136 - 138Pのレインとの通話から
  38. ^ 原作2巻151 - 158P
  39. ^ 原作9巻60 - 70P
  40. ^ 12巻115-117
  41. ^ 原作9巻61 - 70P
  42. ^ 原作9巻134P
  43. ^ 4巻, game#14.
  44. ^ game#27
  45. ^ 7巻, game#25.
  46. ^ 7巻, game#27.
  47. ^ 7巻, game#28.
  48. ^ 原作1巻165Pの警察手帳から
  49. ^ 7巻, game#26.
  50. ^ 4巻, p. 189, game#??.
  51. ^ a b c d e f g h i j k l 2巻, game#07.
  52. ^ 4巻, p. 190, game#??.
  53. ^ 3巻, game#11.
  54. ^ a b c 3巻, game#10.
  55. ^ a b c 4巻, game#13.
  56. ^ 8巻, game#32.
  57. ^ 原作9巻161 - 162P
  58. ^ 原作9巻8 - 31P
  59. ^ 原作7巻71 - 76P
  60. ^ 原作7巻72Pメールの文面、レインの発言より
  61. ^ 原作9巻15Pリュージの発言より
  62. ^ 原作8巻133Pから原作9巻から41Pまで
  63. ^ 原作9巻10Pアマガサの心の声より
  64. ^ 原作8巻139と140P
  65. ^ 原作10巻34と35P
  66. ^ 原作10巻17と18P
  67. ^ 原作10巻18Pオージの発言より
  68. ^ 原作10巻117Pオージの発言より
  69. ^ 原作10巻game38
  70. ^ 原作10巻177 - 182P
  71. ^ 原作1巻25 - 28Pと98 - 100P
  72. ^ 原作1巻157 - 159P
  73. ^ 原作7巻game26より
  74. ^ 原作6巻36Pカナメとの通話より
  75. ^ 2巻, p. 134, game#07.
  76. ^ 1巻, p. 44, game#01.
  77. ^ a b c 2巻, p. 191, game#??.
  78. ^ 2巻, game#05.
  79. ^ 2巻, p. 24, game#05.
  80. ^ 2巻, p. 90, game#06.
  81. ^ 2巻, p. 180, game#08.
  82. ^ 原作11巻33Pランキングより
  83. ^ “別冊少年チャンピオンにて連載中の大人気漫画『ダーウィンズゲーム』がTVアニメ化決定!ティザービジュアル&PVなどが解禁”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年11月8日). https://darwins-game.com/ 2018年11月8日閲覧。 

秋田書店[編集]

以下の出典は『秋田書店』内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ ダーウィンズゲーム 第1巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  2. ^ ダーウィンズゲーム 第2巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  3. ^ ダーウィンズゲーム 第3巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  4. ^ ダーウィンズゲーム 第4巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  5. ^ ダーウィンズゲーム 第5巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  6. ^ ダーウィンズゲーム 第6巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  7. ^ ダーウィンズゲーム 第7巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  8. ^ ダーウィンズゲーム 第8巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  9. ^ ダーウィンズゲーム 第9巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  10. ^ ダーウィンズゲーム 第10巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  11. ^ ダーウィンズゲーム 第11巻”. 秋田書店. 2017年1月6日閲覧。
  12. ^ ダーウィンズゲーム 第12巻”. 秋田書店. 2017年5月8日閲覧。
  13. ^ ダーウィンズゲーム 第13巻”. 秋田書店. 2017年10月6日閲覧。
  14. ^ ダーウィンズゲーム 第14巻”. 秋田書店. 2018年3月8日閲覧。
  15. ^ ダーウィンズゲーム 第15巻”. 秋田書店. 2018年8月8日閲覧。
  16. ^ ダーウィンズゲーム 第16巻”. 秋田書店. 2018年11月8日閲覧。
  17. ^ ダーウィンズゲーム 第17巻”. 秋田書店. 2019年3月8日閲覧。
  18. ^ ダーウィンズゲーム 第18巻”. 秋田書店. 2019年7月8日閲覧。