ダーティファイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダーティファイター
Every Which Way But Loose
監督 ジェームズ・ファーゴ
脚本 ジェレミー・ジョー・クロンズバーグ
製作 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
ソンドラ・ロック
音楽 スナッフ・ギャレット
主題歌 『Every Which Way But Loose』エディ・ラビット
撮影 レックスフォード・メッツ
編集 ジョエル・コックス
フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年12月20日
日本の旗 1978年12月16日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $85,196,485 アメリカ合衆国の旗
次作 ダーティファイター 燃えよ鉄拳
テンプレートを表示

ダーティファイター』(Every Which Way But Loose)は、1978年アメリカ映画

当初、邦題は『ファイロ・ベドー』にする予定だった[要出典]

ストーリー[編集]

ビールとカントリー音楽を愛する長距離トラック運転手ファイロは百戦錬磨のストリートファイター。仕事を終えてロスに戻ってきたファイロは早速近くの酒場で喧嘩を吹っかけてきた男を軽くK.Oした後はママと相棒オーヴィルとオランウータンのクライドの待つ家に帰っていった。翌日のストリートファイトに圧勝した彼はなじみの店で新入りの歌手のリンを見初める。その日から毎日彼女のステージを終わるのを待って送っていったファイロはリンにちょっかいを出してきた暴走族・ブラックウィドーのメンバーを叩きのめす。しかし、リンはカントリー・ウェスタンのスターになると言っていきなり去ってしまう。ファイロは飲み屋にいたロス市警の警官たちをショックから殴り倒す。ファイロとオーヴィルとクライドを連れてリンの後を追ったのを知ると警官も追いかける。道中、オーヴィルが拾った娘エコーも加わえたファイロ一行は行く先々でオーヴィルがプロモートしたストリートファイトに連戦連勝し、旅の資金を稼いでいった。一方、ファイロを捜しにきた暴走族をママがショットガンで撃退。コロラドで警官や暴走族の襲撃を撃退したファイロだったが、一晩ヨリを戻したリンに「追っかけてきたバカな男」と言われる。炭坑夫とのファイトで死にもの狂いに向かってくる男に、自分の姿を見るようでわざと負ける。故郷に戻るファイロたちの顔は晴れやかだった。

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹替(日本テレビ版)。

受賞歴[編集]

  • American Movie Awards 1980
    • Best Original Song