ダーレーアラビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダーレーアラビアン
(ダーレイアラビアン)
Darley Arabian.jpg
ダーレーアラビアンの肖像 by Wooten
品種 アラブ種(ターク種説あり)
性別
毛色 鹿毛
生誕 1700年ごろ
死没 1730年
不明
不明
生国 シリア
生産 アラゼー族
馬主 トーマス・ダーレー
調教師 -
競走成績
生涯成績 不出走
テンプレートを表示

ダーレーアラビアンあるいはダーレイアラビアンDarley Arabian1700年 - 1730年)は、サラブレッド三大始祖の一頭(ただし4代孫のエクリプスを三大始祖とすることもある)。玄孫のエクリプス (Eclipse) を通じて主流血統を築いた。名前はダーレー所有のアラブ馬の意。

生涯[編集]

シリア遊牧民アラゼー族によって1700-1703年ごろに生産された純血アラブ種であり、1703年にはシェイク・ミルザが所有していたことが分かっている。当初の名前はマンニカであったという。SWBの勝ち馬である。

この馬がイギリスに渡った経緯については諸説あり、そのうちのひとつは当時シリアのアレッポでイギリス領事をしていたトーマス・ダーレーがシェイク・ミルザから略奪したというものである。シェイクは激昂しマンニカを管理していた牧場長と牧夫を処刑、さらにアン女王に抗議文を送りつけている。

のちになってダーレー家の者が殺害されるという事件が起こったが、これはシェイクの報復ではないかと考えられている説もある。

1704年イギリスのヨークシャーに渡ったダーレーアラビアンは、その後ダーレー家の所有となった。1706-1719年種牡馬として供用され、この間交配された牝馬の数は数十頭。バイアリータークよりはかなり多いが、ゴドルフィンアラビアンよりは少ない。そしてこの中から6戦不敗、歴史的名馬フライングチルダーズ (Flying Childers) とその全弟で不出走のバートレットチルダーズ (Bartlet's Childers) を生み出した。

両馬はともに種牡馬として成功したが、現在より勢力が大きいのはひ孫にエクリプスを出したバートレットチルダーズの子孫である。エクリプスは18世紀最強馬として名高い馬で、直系子孫は19世紀に入ってからというもの他系統を凌駕し、結果的に全サラブレッドの90パーセント以上を占めるまでに拡大した。影響力はサラブレッドにとどまらず、それ以外の馬種についてもクォーターホースセルフランセで主流血統としての地位を確立している。

対してフライングチルダーズの系統はエクリプスと同時期に13戦不敗のゴールドファインダー (Goldfinder) とその娘でセントレジャーステークス勝ち馬のセリナ (Serina) を送り出すものの最終的にサラブレッドとしては滅んでしまった。現在、アメリカ合衆国に渡ったメッセンジャーの末裔がスタンダードブレッド(アメリカントロッター)の父系として繁栄している。

それぞれの子孫についての詳細はエクリプス系(バートレットチルダーズの子孫)、およびフライングチルダーズ系を参照のこと。

  • 1722年のイギリスリーディングサイアー(後世の集計による)。

ゲノミクス[編集]

2017年に発表された家畜馬に対する大規模なY染色体ハプロタイプの系統解析によれば、ダーレーアラビアンはターク種であったと考えられている。子孫のY染色体から再建されたY染色体のSNPの比較では、バイアリータークとは1塩基、ゴドルフィンアラビアンとは2塩基しか違いが無く、3頭は近い関係にある。この3頭から更に父系を遡った始祖は、おおよそ300-450年前に生きていた1頭のターク種の牡馬であったと推定されている。

また、スタンダードブレッドフライングチルダーズ系や米温血種のヤングマースク系は、ダーレーアラビアン系のSNPを持つ一方で、ホエールボーン系に発生しているインデルを持たない。父系に関しては、これらの馬の血統がほぼ正しいことが確かめられた。

一方、血統書上ダーレーアラビアンの父系子孫とされるサラブレッドパーシモン系やセルフランセの支配系統であるオレンジピール系では、全頭でバイアリーターク系のY染色体ハプロタイプが検出された。その最近共通祖先であるセントサイモンは、実際にはダーレーアラビアンの父系子孫ではなく別の始祖であるバイアリータークの子孫である可能性が極めて高いことが明らかとなった。

主な産駒[編集]