ダーヴィシュ船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
«Dervish-75»

ダーヴィシュ船団(ダーヴィシュせんだん、: Dervish Convoy)は、第二次世界大戦中に連合国軍により派遣された、ソビエト連邦を支援するための最初の輸送船団である。船団は1941年8月21日にアイスランドのハヴァルフィヨルドを出発し、同月31日にソ連のアルハンゲリスクに到着した。

船団構成[編集]

船団は、各種の資源とホーカー ハリケーン戦闘機を積んだ6隻(ランカストリアン・プリンス、ニュー・ウエストミンスター・シティー、エスネス、トリハタ、ランステファン・キャッスル、オランダ船籍のアルチバ)の商船とイギリス海軍給油艦アルタースデイルから成っていた。船団指揮官は英海軍予備士官のダウディング大佐である。この船団は駆逐艦エレクトラ、アクティブ、インパルシブ、掃海艇サラマンダー、ハルシオン、ハリアー、および武装トロール船ハムレット、マクベス、オフィーリアに護衛されていた。これに加え、間接護衛部隊として巡洋艦シュロップシャー、駆逐艦マタベレパンジャビ、ソマリがあった。これらの護衛艦艇はすべてイギリス海軍所属である。また、この頃船団とは別に空母アーガスが、ハリケーン戦闘機を輸送するためムルマンスクに向かっていた。これらの全艦船が、無事に目的地に着いている。

なお、ランステファン・キャッスルにはウィンストン・チャーチル首相の肝煎りで、宣伝のため2名のジャーナリストと画家のフェリックス・トポルスキーが乗船していた。

この船団を構成した商船は、ソ連からの帰りはソ連船と共にQP1船団を構成した。

参考文献・外部リンク[編集]

  • Richard Woodman, Arctic Convoys 1941-1945 , 1994, ISBN 0-7195-5752-6
  • Convoy web(英語)