チアゴ・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
チアゴ・サントス
基本情報
本名 チアゴ・サントス・ヂ・リマ
(Thiago Santos de Lima)
通称 マヘタ (Marreta)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1984-01-07) 1984年1月7日(35歳)[1]
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ[1]
所属 タタ・ファイトチーム
身長 188cm
体重 91kg
リーチ 193cm
階級 ミドル級
ライトヘビー級
バックボーン カポエイラムエタイブラジリアン柔術
総合格闘技戦績
総試合数 28
勝ち 21
KO勝ち 15
一本勝ち 1
判定勝ち 5
敗け 7
テンプレートを表示

チアゴ・サントスThiago Santos男性1984年1月7日 - )は、ブラジル総合格闘家リオデジャネイロ州リオデジャネイロ出身。タタ・ファイトチーム所属。UFC世界ライトヘビー級ランキング1位[2]

来歴[編集]

リオデジャネイロの貧困街で生まれ、幼少期は、胃に悪性の嚢胞ができ、切除されるまで闘病を強いられた。その後、リオデジャネイロで大規模な洪水が発生したことによって、サントス一家は家を失い、一時期ホームレスとして生活していた。最終的に、リオデジャネイロの貧困街で治安の悪い街シダーデ・デ・デウスの近隣に移住した。

カポエイラを8年間学び、他にもムエタイブラジリアン柔術を習得し、2010年にプロ総合格闘技デビュー[1]

TUF[編集]

2013年3月、リアリティ番組The Ultimate Fighter」のBrazil 2に参加。ファブリシオ・ヴェウドゥム率いるチーム・ヴェウドゥムに所属。ウェルター級トーナメント1回戦でペドロ・イリエと対戦し、3-0の判定勝ち。2回戦でレオナルド・サントスと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

UFC[編集]

2013年8月3日、クリント・ヘスターの代役でUFC初参戦となったUFC 163セザール・フェレイラと対戦し、ギロチンチョークで一本負け。UFC初戦は黒星デビューとなった。

2014年3月23日、UFC Fight Night: Shogun vs. Henderson 2でホニー・マルケスと対戦し、左ミドルキックでダウンを奪い、パウンドで開始53秒のTKO勝ち。UFC初勝利となった。

2014年7月5日、UFC 175ユライア・ホールと対戦し、0-3の判定負け。

2015年6月27日、UFC Fight Night: Machida vs. Romeroでスティーブ・ボッセと対戦し、試合開始29秒に左ハイキックでKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年12月10日、UFC Fight Night: Namajunas vs. VanZantイライアス・テオドロウと対戦し、3-0の判定勝ち。

2016年5月14日、UFC 198ネイサン・マーコートと対戦し、左フックで1RKO勝ち。

2016年7月9日、UFC 200でミドル級ランキング8位のゲガール・ムサシと対戦し、右フックからのパウンドで1RTKO負けを喫した。

2017年2月19日、UFC Fight Night: Lewis vs. Browneでジャック・マーシュマンと対戦し、右スピニングヒールキックでダウンを奪い、パウンドで2RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年10月28日、UFC Fight Night: Brunson vs. Machidaジャック・ハーマンソンと対戦し、1R終盤にパンチ連打でダウンを奪い、パウンドでTKO勝ち。

2018年2月3日、UFC Fight Night: Machida vs. Andersでアンソニー・スミスと対戦。序盤から一進一退の攻防を繰り広げ、2Rに左ミドルキックを効かせ、パウンドでTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年4月21日、UFC Fight Night: Barboza vs. Leeでミドル級ランキング8位のデヴィッド・ブランチと対戦し、右フックでダウンを奪われ追撃のパウンドで1RKO負け。

2018年9月22日、ライトヘビー級転向初戦となったUFC Fight Night: Santos vs. Andersのメインイベントでエリク・アンダースと対戦。サントスの攻撃によるダメージで、3R終了時にアンダースが立ち上がれなかったため、レフェリーストップによるTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2018年12月8日、UFC 231でライトヘビー級ランキング7位のジミ・マヌワと対戦。激しい打撃戦となり、左フックで2RKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2019年2月24日、UFC Fight Night: Błachowicz vs. Santosでライトヘビー級ランキング4位のヤン・ブラホヴィッチと対戦し、前進したブラホヴィッチにカウンターの左フックでダウンを奪い、パウンドで3RTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し、ライトヘビー級転向後3連勝となった。

2019年7月6日、UFC 239のUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者ジョン・ジョーンズに挑戦。パンチを何度もヒットさせ、カーフキックでぐらつかせるなど健闘するものの、1-2の5R判定負け。王座獲得に失敗した。

ファイトスタイル[編集]

カポエイラとムエタイで培った多彩な蹴り技と、ポルトガル語大型ハンマーを意味する「マヘタMarreta)」のニックネームに相応しい強力無比のパンチを武器とするストライカーであり、KO,TKO率は70%を越えている。

人物・エピソード[編集]

  • 貧しい家庭から来る子供たちのために、無料の総合格闘技トレーニングを提供する非営利組織を運営している[3]
  • 同じく総合格闘家のヤナ・クニツカヤと交際している。
  • ブラジル軍のパラシュート部隊に在籍していた[1]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
28 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 15 1 5 0 0 0
7 3 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジョン・ジョーンズ 5分5R終了 判定1-2 UFC 239: Jones vs. Santos
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2019年7月6日
ヤン・ブラホヴィッチ 3R 0:39 TKO (左フック→パウンド) UFC Fight Night: Błachowicz vs. Santos 2019年2月24日
ジミ・マヌワ 2R 0:41 KO(左フック) UFC 231: Holloway vs. Ortega 2018年12月8日
エリク・アンダース 3R 5:00 TKO(レフェリーストップ) UFC Fight Night: Santos vs. Anders 2018年9月22日
ケビン・ホランド 5分3R終了 判定3-0 UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2 2018年8月4日
× デヴィッド・ブランチ 1R 2:30 KO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: Barboza vs. Lee 2018年4月21日
アンソニー・スミス 2R 1:03 TKO(左ミドルキック→パウンド) UFC Fight Night: Machida vs. Anders 2018年2月3日
ジャック・ハーマンソン 1R 4:59 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Brunson vs. Machida 2017年10月28日
ジェラルド・マーシャート 2R 2:04 TKO(パウンド) UFC 213: Romero vs. Whittaker 2017年7月8日
ジャック・マーシュマン 2R 2:21 TKO(右ホイールキック→パウンド) UFC Fight Night: Lewis vs. Browne 2017年2月19日
× エリック・スパイスリー 1R 2:58 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Cyborg vs. Lansberg 2016年9月24日
× ゲガール・ムサシ 1R 4:32 TKO(右フック→パウンド) UFC 200: Tate vs. Nunes 2016年7月9日
ネイサン・マーコート 1R 3:39 KO(左フック) UFC 198: Werdum vs. Miocic 2016年5月14日
イライアス・テオドロウ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Namajunas vs. VanZant 2015年12月10日
スティーブ・ボッセ 1R 0:29 KO(左ハイキック) UFC Fight Night: Machida vs. Romero 2015年6月27日
アンディ・エンズ 1R 1:56 TKO(パウンド) UFC 183: Silva vs. Diaz 2015年1月31日
× ユライア・ホール 5分3R終了 判定0-3 UFC 175: Weidman vs. Machida 2014年7月5日
ホニー・マルケス 1R 0:53 TKO(左ミドルキック→パウンド) UFC Fight Night: Shogun vs. Henderson 2 2014年3月23日
× セザール・フェレイラ 1R 0:47 ギロチンチョーク UFC 163: Aldo vs. Korean Zombie 2013年8月3日
デニス・フィゲイラ 1R TKO(打撃) Watch Out Combat Show 20 2012年7月27日
× ビセンテ・ルケ 1R TKO(パンチ連打) Spartan MMA 2012 2012年4月28日
ジュニオール・ヴィダウ 1R TKO(パンチ連打) Watch Out Combat Show 18 2012年3月3日
エネアス・ソウザ 3R 2:50 リアネイキドチョーク Watch Out Combat Show 17 2011年12月27日
マルコス・ヴィッジアーニ 5分3R終了 判定3-0 Spartan MMA 2011 2011年11月26日
ハファエウ・ブラガ 1R TKO(パンチ連打) Explosion Fight 2011年8月13日
マウリシオ・シュエケ 5分3R終了 判定3-0 Watch Out Combat Show 14 2011年7月23日
ガブリエル・バレイロ 2R 1:53 TKO(パンチ連打) Senna Fight 2011年4月16日
ギリェルメ・ベネジト 5分3R終了 判定3-0 Watch Out Combat Show 10 2010年12月10日

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d チアゴ・サントス UFC公式サイト
  2. ^ [1] UFC公式サイト
  3. ^ Thiago Santos’ unlikely rise, or the joy of being proven embarrassingly wrong The Athletic 2019年7月3日

関連項目[編集]